我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

オランイェ、スナイデルと綺麗にお別れ (練習試合: ペルー-thuis)

綺麗なお別れにしなければならなかったが、実際その通りになった。オランダ代表は木曜夜の練習試合でペルーを2-1で下し、代表記録保持者 ヴェズリー・スナイデルとのお別れを相応しい形ですることができた。

 

木曜夜の練習試合がNLへの真剣な準備という以上のものと見なされたのは、ヴェズリー・スナイデルの夜だったから。この代表記録保持者はオランイェのシャツを着ての134試合目で、数々の美しい思い出を経験したチームに別れを告げた。彼がブレイクを果たしたスコットランド戦、EK 2008、WK 2010、スナイデルが5得点したWK 2014を思い出そう。

 

最後のフォルクスリート、最後のキャプテンマーク、最後のそのクラッセの輝き。そして53分のそのシーン。スナイデルを象徴するようなパスがルート・フォルメルをペルーGKの前でフリーにさせたが、このMFのシュートはバーの上に飛んだ。

 

しかし試合のスタートは決してスナイデルのオランイェのものではなく、むしろ元PSV'er ジェファーソン・ファルファンが試合登録選手の中で最も知られた選手だった南米からのゲストたちのものだった。6分にYoshimar Yotunががら空きのゴールまで枠を外し、7分後にはCKでPedro Aquinoが誰よりも高く飛んで0-1.

 

前半が進むにつれて徐々にオランダはゴール前で危険なシーンを作るようになり、デーリー・ブリントがミドルシュートで同点に近づいた。

 

HT明け直後にフレンキー・デ・ヨングがデビュー。前回も招集されながら怪我で不参加だったこのアヤクシートはジョルジーニョ・ワィナルドゥムと交代でピッチに入り、デイヴィ・プロッペルもケヴィン・ストロートマンと交代でチームに加わった。

 

オランイェは同点ゴールを狙い、ルート・フォルメルがそれに近づく。一度目はシュートがゴール前を通過し、2分後にはチャンス・ポジションからバーの上に。そして同点ゴール。デ・ヨングがすぐさまそのクオリティを示し、パスを受けたデパイが決めて1-1.

 

その時は22.07、試合が始まって60分目立った。スナイデルが事前の約束通り交代に。スタンディング・オヴェーションでの大きな拍手を受けながら、彼はヨハン・クライフ・アレナのピッチを去った。彼は今後はもうオランイェの代表選手ではないが、かつてそうだったように熱狂的なサポーターとしてオランダ代表を見守ることになる。

 

キャプテン抜きでクーマンのチームはさらにゴールを目指す。スナイデルとのお別れをもっと綺麗なものとするため、勝利で自信をえるために。目指し、そして得た。残り7分でデパイが自らイニシアティヴを取った攻撃を締めくくって2-1.

 

オランダ代表は日曜に再び試合。今度はパリでヴェレルトカンピューン フランスを相手にNations Leagueの初戦を行う。

 

Nederland - Peru 2-1
13' Aquino 0-1
60' Depay 1-1
83' Depay 2-1

 

Opstellingen Nederland: J. Cillessen; D. Blind, V. van Dijk, M. de Ligt, K. Tete (72' D. Janmaat); W. Sneijder (62' Q. Promes), K. Strootman (46' D. Pröpper), G. Wijnaldum (46' F. de Jong); R. Babel (86' T. Vilhena), M. Depay, R. Vormer (85' J. Kluivert).

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/73535/oranje-geeft-sneijder-afscheid-met-glans

 

ロナルド・クーマン
「前半は雑で良くなかったが、最終的には満足している。前半はスナイデルとフォルメルまでボールを届けられなかった。後半は中盤にボールを運べるようになり、我々が望んでいるようなプレーだった。多くのプレッシャーをかけてボールを持つ。1-1にする前にもチャンスは何度もあったし、最終的にはかなり相応しい勝利だった」
「フレンキー・デ・ヨングがこの舞台でもアヤックスで慣れているのと同じ事をやっているのは実際とても見事。前半をワィナルドゥムとストロートマン、後半をプロッペルとフレンキーでやるのは事前に決めていた。彼にはかなり大きな未来がある。時に止めようが無い」