我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ボエチウスがFSV Mainzへ移籍

フェイエノールトはジャン・パウル・ボエチウスが直ちにFSV Mainzへ移籍することをクラブサイトで発表。このバイテンスペーラーはブンデスリーガのクラブと4年契約でサインした。ボエチウスのデ・カイプでの契約は2020年まで残っていた

 

ボエチウスは2015年8月にFC Baeselへ移籍し、2017年夏にフェイエノールトに復帰。彼にとってはF-pupillenからユース時代を過ごし、トップチームでも3シーズン プレーしたクラブでの2度目の時期だった。フェイエノールトのシャツで彼は公式戦計136試合に出場、26得点を記録。

 

様々な状況により、このバイテンスペーラーはフェイエノールトで第2プランになっていたとテクニカル・ディレクター マルティン・ファン・ヘール。「こういう理由で別れるのはクラブとしても選手としてもいつも残念なことだが、時にはそういうもの。両者にとって解決策を見つけられたのは良かった。フェイエノールトは良い移籍金を得られるし。ジャン・パウルブンデスリーガの素晴らしいクラブでスポーツ面の再起を図れる。我々は彼の大きな成功を願っている」


https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/fsv-mainz-neemt-boetius-over-van-feyenoord

 

昨シーズンからいろいろあったらしいですが、結局Fenerbahçe戦とデ・フラーフスハップ戦の2つの出来事がトドメになって構想外扱いからそのままお別れ。厳しすぎる罰という声も多かったり、ジオが厳しさを証明するための見せしめにしたという声もあったり・・・

 

スポーツ面では奥行きを作れないラーソンとの違いで貴重な存在ではありましたが、それでも期待を遙かに下回ってたのも確かで、結局昨夏の帰還後もヘット・レヒューンの信頼は得られず、モー待望論が強いのが現実なのでもうどうしようもなかった感はあります・・・