我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

第3節結果: ラッキーPSVが3連勝でコップローパー。ソルが妊娠祝いのハットトリック!トールンストラが5年ぶりにアウエーで2得点

Speelronde 3


Vrijdag 24 augustus

20:00 ADO Den Haag - Fortuna Sittard 3-1

21' Melvyn Lorenzen 1-0 / 42' Abdenasser El Khayati 2-0 (str.) / 54' Abdenasser El Khayati 3-0 / 84' Lisandro Semedo 3-1


ADOはバッケルとファルケンブルフが怪我でスタメンを外れてホーセンス、ロレンゼンが代役。


ADOが積極的に主導権を取るも、フォルトゥナのカウンターに対して脆さを見せ、ゴール前のシーンが多い展開。20分にベウヘルスダイクが浮き球を連続でヘディングしてからのロングキックにロレンゼンがスピード勝ちして先制。さらに40分にホーイへのピントゥーの微妙なタックルにヒフラーがあっさりPK判定、VAR バックスも介入せずに2-0. 


後半出だしもADOが左サイドを中心に良いコンビネーション・フットボールでチャンスを作ると、ホーイのアクションからパスをゴール前のロレンゼンが流し、フリーのエル・カヤティがゴール隅に決める見事な攻撃で3-0として勝負あり。ADOは70分過ぎにもホーイが倒されてPKを得るもエル・カヤティのキックを今度はコースレフがセーブ。フォルトゥナは終盤にセメードゥがクラブのエールディヴィジ通算100ゴール目を決めるも大勢には影響せずそのまま終了。


ADOはベウヘルスダイクが3試合連続イエローカードなど4枚を貰うも、持ち前の競り合いの激しさが戻り攻守にハイテンポなプレーで圧倒して今シーズン初勝利。フォルトゥナは3試合1ptスタート。


アルフォンス・フルーネンダイク

「先週は多少感情的に発言した部分があったが、今日の映像を見ればやはり主審にとっても車内の人間にとっても難しい判定なのはよく理解できる。人間のやる事であるのに変わりは無い。時に蹴られても人間の眼では見えないし、カメラ越しに見ようとしても見えないことはある」


ナセル・エル・カヤティ

「PKはたくさん決めてきたけど、今日初めて失敗したよ。シュートはまずまず良かったけど、GKが上手く止めた。ああ、僕のアイドルのMessiも時々外すしね」


トム・ベウヘルスダイク

「頭でボールを上げたのも、前に蹴り出したのも予定通りだったけど、ああなったのは予定してなかったよw 誰かが走り込んでいるのは見えてなかったし、『ノーリスクで』とだけ考えていた。監督には『わからなければ相手のDFの背後を狙え』と時々言われるけど、それも全く考えて無かった。あれが狙ったものでないのは僕らみんなが分かっている」


ルネ・アイエル

「最初の15分間でADOが激しくプレッシャーを掛けてくるのは予想できたし、そこを上手くコントロールし、その後は決めるべきチャンスもあったが、それを逃してロングボールから1-0にされた。今日の狙いは良かったが、時に説得力に欠けていた。地に足を付ける?ああ、3-1は痛い結果」


Zaterdag 25 augustus

18:30 De Graafschap - FC Groningen 0-1

44' Michael Breij 0-1


デ・フラーフスハップはエル・イェブリに代えて新加入 ハムダウィを起用。フローニゲンはメディアで移籍希望のコメントをしたドロストをファン・ヴェールトをセレクション外にし、さらにvdローイをベンチに置き怪我のマヒーが欠場で代わりに左バックに新加入 ハントヴェルケル、中盤にライス、前線にブライと新加入 カシエラを起用。


開始2分でCKからテ・ヴィーリクがポスト直撃、10分過ぎにもブライが決定機で僅かに枠外とフローニゲンがチャンスの数と質で優る展開。デ・フラーフスハップもオヴスの上がりを中心に攻めるもほとんどゴール前まで行けず、HT直前にハントヴェルケルのクロスにブライが頭でエールディヴィジ初ゴールを決めて0-1.


後半はデ・フラーフスハップが終始ボールを持つも、やはりほとんどチャンスを作れず、終盤ナイラントにようやくベストチャンスも枠を外し、90分にも途中出場 トマセンがリバウンドに詰めて押し込むだけという決定機もパトの足に阻まれてそのまま終了。


フローニゲンは2連敗から初勝利。


ヘンク・デ・ヨング

「VARは今すぐ止めるべきだと思う。酷いファールが何度もあった。ファン・ミーヘムのやバッケルへの・・・本当にスキャンダラスだ。主審はVARが加われるように止めるべきだったし、普通にファールの笛を吹かなければいけない。ファールはファールだ」

「フローニゲンがあれだけ時間稼ぎをしてロスタイムは4分!後半の彼らは試合を殺し続けた。それは彼らの権利だが、糞のようなどうしようもない試合だったと思う。フローニゲンを祝福するし、彼らは正当な勝利だが、今度は普通にやれ!」


デニーバイス

「マイケル(・ブライ)はプレシーズンに素晴らしい印象を残していた。彼には喜んでいるよ。ファンタスティックな若者。我々はかなり酷いシーズンスタートだったし、多少揉め事が起きるのも当然。だからここで0-1勝利をつかみ取れたのはもの凄く良いこと。今日は特に前半にこれまでの試合から改善された点が多く見えた。それはとても嬉しい」


18:30 Ajax - FC Emmen 5-0

8' 1-0 / 38' 2-0 / 59' 3-0 / 71' 4-0 / 86' 5-0


20:45 PEC Zwolle - PSV 1ー2

41' Luuk de Jong 0-1 / 48' Vito van Crooij 1-1 / 90+3' Luuk de Jong 1-2


PECはブール、マルセリスが怪我でvdハルトとvdベルフがスタメン。さらに中盤はハメルとフレミングを外してデッケルとジャンルーを起用。PSVは軽い怪我のロザーリオを外してリホが初スタメン。


試合開始直後にナムリのパスにファン・ダイネンが飛び出してズートと接触でカイパースがPK判定。しかしファン・ダイネンのキックをズートがセーブ。PSVが圧倒的に攻めてドゥムフリース、ロザーノに大チャンスも決められず、PECも積極的にボールにプレシャーを掛けて鋭いカウンターで応戦する展開。前半終盤にロザーノのクロスにデ・ヨングの頭で0-1. 


後半出だしにPECが主導権を取ると、左サイドから長距離のドリブルでピッチ中央に侵入したファン・クローイの豪快なミドルシュートで1-1. 次第にPSVが低調になってそのまま終了と思われたロスタイム最後の1分、途中出場 マーレンのクロスをゴール前のデ・ヨングがあわせて決勝点。


PECは3連敗、PSVは3連勝スタート。


ジョン・ファン・スキップ

「この結果はとても残念だし、違う結果を望んでいたがそうはならなかった。しかし我々には十分なチャンスがあったんだ。今はとても悔しいが、このチームに多くのフットボールがあることは示した。それを毎回出さなければいけない」


マルク・ファン・ボメル

「デ・ヨングはここ最近多くの批判を受けていたが、それはクラブ外からであり、クラブ内で彼への批判は無い。だから彼がこのゴールを決めたのはスーパーに素敵なこと。我々にとってデ・ヨングはハードワークの精神という点でもの凄く重要な存在だが、フットボール面や戦術面でも同じ。彼に疑問を持つのは私には理解できない」


20:45 NAC Breda - Excelsior 0-2

15' Ali Messaoud 0-1 / 54' Jeffry Fortes 0-2


NACは第1節のGK ビリギティ、第2節のGK ムリッチに代わってニームチツキが今シーズン3人目のGKに。


エクセルシオールが前にプレッシャーを掛けて優勢の展開から、メサウドがこぼれ球を反転シュートで先制。30分にCKの際にニアポストにいたマタイが引き倒されるもノーファール判定。後半出だしにアンダーソンのアクションとパスからフォルテスが決めて0-2.65分にVAR マッケリーの助言を受けたマンスホットがマタイのハンドリングを取ってPK判定もテ・フレーデのキックをステーフェンスがセーブしてそのまま終了。


アドリー・ポルデルファールト

「2-0のゴールとその後のPKが重要なターニングポイントだった。あれが決まってれば観客が彼らを後押ししてターニングポイントになっていただろう。ソニーがファンタスティックなセーブでそれを防いでくれた」

「後半は相手を右サイドへ押し込もうとしていたんだ。大部分上手く行ったと思う。そこからプレッシャーを掛けられる適切なタイミングを待たなければいけない。カウンターでもっと良い選択ができたはずだが、プレッシャーをかけられればそれもできる」


Zondag 26 augustus

12:15 Willem II - Heracles Almelo 5-0

25' Donis Avdijaj 1-0 / 29' Donis Avdijaj 2-0 / 34' Fran Sol 3-0 / 52' Fran Sol 4-0 (str.) / 70' Fran Sol 5-0


ヴィレムIIはエズビリスが初スタメンでソル、アフディジャイとの前線。ヘラクレスは出場停止のブロイケルスに代えてドロステ、怪我のロスマンに代えてvdバイスではなくサマを選択とDFラインを入れ替え。中盤はドゥアルテを外して新加入 メルケルがスタメン。


ヴィレムIIがボールを持つも有効な攻撃ができず、ヘラクレスがカウンターとセットプレーで惜しいシーンを作る展開も、アフディジャイが左サイドから蹴り込んで1-0. さらにプロッペルのパスミスからヴィレムIIのシュートをブラスヴィッヒが前にこぼし、詰めたのはまたしてもアフディジャイであっという間に2-0. さらに数分後にもエズビリスのクロスにソルが完全フリーで飛び込んでの頭で今シーズン初ゴールを決め、8分間で3-0に. 


後半出だしにダンケルライがパラシオスペナルティエリア内で倒し、VAR シメン・ムルデルの助言で主審 ペレスがPK判定で4-0. その後も低調なヘラクレス相手にヴィレムIIが完璧に試合をコントロールし、特にCBへのコンバートで力強いプレーを見せるフェルナンド・ルイスにはスタンドから大声援と「ルイスをオランイェに」の声。70分にはダンケルライのスルーパスを受けたソルが決めてハットトリックで5-0. 


ヴィレムIIは完勝で今シーズン2勝目。ヘラクレスは全く試合に入れずノーチャンスゲーム。


アドリー・コスター

「こんな午後になるとは思ってもいなかったよ。我々はボールを持った時に上手くやり、バイテンスペーラーたちが脅威を作り、ゴールを決め、スピッツも得点した。実際一瞬も問題無かった」

「ソルが残るかは誰にも分からないが、我々にはもうあまり時間は無い。残って欲しいし、私は残ると確信しているが、全てがオープンな限り何かが起きる可能性はある。」


フラン・ソル

「650分間ノーゴールが気にならなかったと言ったら嘘になるね。誰だってゴールは決めたいし、次第に必死になるけれど、冷静さを保たないといけないんだ。1つ決まってその後はまた上手く行った」「ゴール後のパフォーマンス?ああ、妻が妊娠したんだ。信じられないよ。神に感謝したい。僕にとっても妻にとってとても大きな事だったからね」

ヴィレムIIに残る?約束するのは難しいけど、その可能性は現実的。長引けばそれだけ去るのは難しくなる。クレイジーフットボール界では何が起きるかは誰にも分からないけどね。妻が残りたがっているのは本当。彼女はオランダをとても心地良く感じぃているし、僕らはここでとても楽しんでいるからね」


フランク・ヴォルムート

「プレシーズンにもこういう試合はあったんだ。その後メンタリティを代えてパフォーマンスを改善したが、またプレシーズンのレベルに戻ってしまった。相手がやっていたようにチームとして機能できなかったし、あらゆる点で彼らの方が優っていた。この点は受け入れなければならない」


14:30 FC Utrech - VVV-Venlo 1-1

23' Nicolas Gavory 1-0 / 47' Tino-Sven Susic 1-1 (str.)

 

ユトレヒトはファン・オーフェレームの出場停止で新加入 18歳のブサイトがスタメンでデビュー。


前半ガヴォリーが30mから強烈なシュートを決めて先制。ユトレヒトはさらにケルクに追加点のチャンスも、ウネスタールにセーブされて決められず。後半出だしにペナルティエリア内でエマヌエルソンとごく軽く接触したラルフ・スーンチェンスが倒れるとマッケリーがPK判定で同点。残り時間でvdストレークのヘディングがバーの上に飛び、クライベルのシュートがウネスタールにセーブされとユトレヒトが勝ち越せず、VVVもオポクに2回ベストチャンスがあったが2回とも至近距離から枠を外してそのまま引き分け。


ジャン・パウル・デ・ヨング

「勝って3ptsをユトレヒトに留めるだけのパワーが無かった。前半の内容は満足していいと思う。ボールを持ち、大会ボールテンポでサイドからチャンスを作っていた。試合を見返せば、前半で2-0にしなければいけなかっただろう。90分の中で試合に影響を与えてしまうああいうシーンが起こり得るというのは分かっているからね」


モーリス・スタイン

「追いついて1pt獲得できたのは誇りに思うが、前半の内容はすぐ忘れるべき。ショッキングな内容だった。パス2本でボールを失っていた。ボールを持とうとしていたのはスシッチ1人だけだったように思えたよ。後半は特にオポクの投入でよくなり、チームに落ち着きを与えてくれた。後半は別のVVVが見れた」


ヴィレム・ヤンセン

「さっきVARのレビュー映像を数回見た。ズームすると確かに接触はったけど、あんな軽い接触で倒れるなんて言えないだろ。あり得ないよ。ズームして接触があればPKというのは問題。実際それで倒れたのかも見るべき」


デニー・マッケリー

「いまはみんなVARに夢中になりすぎていると思う。我々は明確な誤審だけを見なければいけない。議論の余地はあるが、今回はVARが介入するケースでは無い。VARは『これは議論の余地の無い誤審』と言うだけのための存在」


14:30 sc Heerenveen - Feyenoord 3-5

3' Jens Toornstra 0-1 / 15' Robin van Persie 0-2 / 45+1' Jens Toornstra 0-3 / 47' Tyrell Malacia 0-4 / 71' Morten Thorsby 1-4 / 86' Kik Pierie 2-4 / 89' Dave Bulthuis 3-4 / 90+1' Yassin Ayoub 3-5


ヘーレンフェーンはシュミットがスタメンに戻ってヴァウデンベルフがベンチに。フェイエノールトはファン・ベークに代えて出場停止明けのボテギンがスタメン復帰。


後方からのベルフハイスのロングパスでトールンストラが抜けだし、ワンタッチでハーンの上を抜いて先制。さらに左サイドのベルフハイスのパスからトールンストラがシュートしたボールをゴール前のファン・ペルシがコントロールして0-2. その後もフェイエノールトがエネルギッシュなプレーで圧倒し続けたが、HT前にガスが抜けてやや低調になると、雑なプレーだったヘーレンフェーンもコバヤシのパスでザネリが飛び出してベストチャンスを得たが枠外に。HT直前にハーンが飛び出してがら空きのゴールにトールンストラが蹴り込んで0-3. トールンストラがアウエーで1試合2得点はユトレヒト時代の2013年11月(ヘラクレス戦)以来。


後半出だしにはマラシアが左サイドを力強いドリブルで駆け上がるとそのままエールディヴィジ初ゴールで0-4として勝負あり。その後はフェイエノールトが大きくガスを抜き、ヘーレンフェーンも非常に低調なプレーでほとんど何も起きなかったが、トルスビーのヘディング、バイローとvdハイデンのミスコミュニケーションで2-4と突然緊張感の戻った終盤、ボテギンが致命的なパスミスで遂に3-4. しかしロスタイムにシン・ジュステのクロスをラーソンが落とし、途中出場 アユプが蹴り込んで勝負あり。


フェイエノールトは全く不必要な3失点で緊張感を戻してしまったが、特に前半は説得力のある内容で2連勝。


ヤン・オルデ・リーケリンク

「3-5は素晴らしいスコアだが、我々のパフォーマンスは酷かったと思う。最初の失点ではポジショニングが悪くボールにプレッシャーを掛けられなかった。特にホームではチームとして相手を追いかけるフィーリングを持たなければいけないが、それが感じられなかった」

「追い上げの1点目で試合の流れが変わるのは良くあること。ブルトハイスをスピッツに置いてアレス・オフ・ニーツでプレーし、そこからは全く別の試合になった。ただし合いの入り方が悪すぎた。l後半にリーンストラをエクストラMFとして入れてフットボールがかなり良くなった」


16:45 AZ - Vitesse 0ー0


AZ、フィテッセともスタメンを維持し、新加入のジョンセン、エーデガールトは共にベンチスタート。


注目のサブトップ直接対決はホームのAZが優勢の序盤。15分過ぎにティルのシュートをエドゥアルドが足でセーブし、リバウンドをスーンチェンスが狙うもこれもエドゥアルドがセーブ。前半半ばからAZが低調になるとフィテッセも多少主導権を取り始め、スーンチェンスのミスからリンセンに決定機もビゾットが足でセーブ。しかしフィテッセも雑なプレーでお互いにミスが多く本来のコンビネーション・フットボールにいはほど遠い内容に。


後半に入ると両チームとも多少プレーレベルが上がり、ボアドゥが完璧なトラップから誰もいないゴール前にパスを選択。フィテッセもvdヴェルフのパスでリンセンが抜け出したがフラールが追いついて間一髪でクリア。結局後半もお互いに決め手の無い攻防が続き、残り15分でグドムンソンとエーデガールトを同時に投入。90分にグドムンソンからティルに決定機もvdヴェルフがブロックし、最後はセレーロの手に当たるもゲズブユクの笛は鳴らずそのまま終了。


ジョン・ファン・デン・ブロム

「全体的には満足すべき結果。フィテッセは前線に良い人間を揃えていて相変わらず危険なチームだが、我々は上手く守っていた。退屈では無かったよ。特に後半はこの試合を自分たちのモノにするために全力を尽くした。上手く行かなかったが、それは我々のせいでもありフィテッセのせいでもある。彼らも良いチーム。今日の唯一ネガティヴな点は勝てなかったことと得点できなかったこと。前半はボールを持った時に雑でスペースを上手く使えなかった」


レオニド・スルツキ

「フローニゲン戦で我々は枠内シュート8本で5得点した。時に多くのチャンスを作っても得点できないこともある。今日は相手の方がボールを持っていたが、我々の方がカウンターでよりチャンスを作っていた。100%チャンスもあったが、良いシーンでと得点できなかった。だから完全には満足していないが、時にこういう試合もある」

Stand
1 PSV 3 (3 0 0) 8-2 +6 9
2 AZ 3 (2 1 0) 9-1 +8 7
3 Ajax 3 (2 1 0) 7-1 +6 7
4 Willem II 3 (2 0 1) 6-1 +5 6
5 Feyenoord 3 (2 0 1) 8-5 +3 6
6 Vitesse 3 (1 2 0) 6-2 +4 5
7 VVV-Venlo 3 (1 1 1) 2-2 0 4
8 SC Heerenveen 3 (1 1 1) 7-8 -1 4
9 Excelsior 3 (1 1 1) 3-4 -1 4
10 FC Utrecht 3 (1 1 1) 3-5 -2 4
11 Heracles Almelo 3 (1 1 1) 5-8 -3 4
12 ADO Den Haag 3 (1 0 2) 6-7 -1 3
13 De Graafschap 3 (1 0 2) 2-4 -2 3
14 NAC Breda 3 (1 0 2) 3-7 -4 3
15 FC Groningen 3 (1 0 2) 2-6 -4 3
16 FC Emmen 3 (1 0 2) 3-10 -7 3
17 Fortuna Sittard 3 (0 1 2) 3-6 -3 1
18 PEC Zwolle 3 (0 0 3) 3-7 -4 0

 

Topscorers
1. Fran Sol (Willem II) 3 (1)
Kristoffer Peterson (Heracles Almelo) 3 (1)
Morten Thorsby (sc Heerenveen) 3 (0)
4. Donis Avdijaj (Willem II) 2 (0)
Myron Boadu (AZ) 2 (0)
Luuk de Jong (PSV) 2 (0)
Nasser el Khayati (ADO Den Haag) 2 (1)
Klaas Jan Huntelaar (Ajax) 2 (0)
Oussama Idrissi (AZ) 2 (0)
Hirving Lozano (PSV) 2 (0)
Tim Matavž (Vitesse) 2 (0)
Dušan Tadić (Ajax) 2 (1)
Jens Toornstra (Feyenoord) 2 (0)
Mike van Duinen (PEC Zwolle) 2 (2)
Robin van Persie (Feyenoord) 2 (0)

 

Assists
1. Atakan Akkaynak (Willem II) 2
Tim Breukers (Heracles Almelo) 2
Simon Gustafson (FC Utrecht) 2
Sam Larsson (Feyenoord) 2
Kik Pierie (sc Heerenveen) 2
Mikhail Rosheuvel (NAC Breda) 2