我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

2018-2019シーズン展望

・ティートル・レース
トップ・ドリーの争いになるのは言うまでも無いが、歴史的大補強をした上に今のところツィエクが残っているアヤックスが無難な本命。セレクションをほぼ維持してファン・ボメルが新監督に就任した現カンピューンのPSV、同じく戦力をほぼ維持して昨シーズンのリベンジを狙うフェイエノールトがどこまで争えるか。

 

・サブトップ
昨シーズン3位と好成績を残したAZが主力流出で今シーズンは厳しい展望。戦力的にはユトレヒトと差がかなり詰まった印象だが、他のサブトッパースは軒並み戦力低下で今シーズンも団子状態か。その中でフローニゲンが久々に中位を脱してサブトップを争えそうな雰囲気も・・・

 

・残留争い
3クラブが入れ替わったことで昇格組のエメン、デ・フラーフスハップ、フォルトゥナが厳しいシーズンなのが大方の予想。現実的に見て他のクラブとの戦力差はかなりあり、余程酷い状況になるクラブが現れなければこの3クラブでの残留争いになるはず。

 

・トップスコアラー
近年スピッツたちが大きな数字を残せておらず、昨シーズンもバイテンスペーラーのヤハンバクシュがトップスコアラーに。今シーズンもトップクラブのスピッツたちが質の高いクロスを得られず犠牲になる傾向が大きく変わることは無いだろう。ということで敢えてバイテンスペーラーから候補を選ぶと慣れた2年目で飛躍しそうなロザーノと、ファン・ペルシとの強力デュオでチャンスが増えるであろうベルフハイスあたりが有力。ただ例外の可能性があるのがタディッチを相棒に得たフンテラールで、この2週間のCL予選で酷かった調子が戻れば文句無しの本命に。

 

ADO Den Haag
契約終了のエブエイが去り、得点源のビヨルン・ジョンセンがAZへ移籍。補強はマーケット面も考えてシナ人スピッツ ザングをレンタルし、アゼルバイヤンでフリーになったマローネと再契約という程度。ジョンセンの穴埋めにフェールマン獲得に動いているがまだ合意に至らず、新スピッツ獲得が最優先事項。

 

プレシーズンの練習試合の結果は非常に不安定で、フルーネンダイクのコメントも厳しいシーズンを予想させる雰囲気。継続的なリンカーライチェ・クラブを目指す長期的な目標はあるがも、7位で終わった昨シーズンから再び残留が第1目標。

 

AZ
得点源のヤハンバクシュとヴェフホルストの移籍は折り込み済みではあったが、穴埋めは非常に困難で高額移籍金の使い道も行動が遅かったのはEL予選敗退という結果で明らか。ハイベルツの仕事に対する批判が起きるのも仕方ないだろう。右バイテンはルーマニアのドリン・ロターリウをレンタルしたがまだチームに馴染んでおらず、長期離脱明けのステングスがフィットするまで凌げるか。スピッツはプレシーズンで結果を残したフライデーを信頼するという驚きの選択も、案の定EL予選で低調なプレー。結局ADOからビヨルン・ジョンセンの買い取りを選択し、ヴェフホルストに比べるとまだ見劣りするものの、伸びシロはあり若いボアドゥと共に今後の成長に期待。中盤は昨シーズン長期離脱したヴェイノヴィッチを完全移籍で獲得し、居場所の無くなったファン・オーフェレームをユトレヒトに売却。問題のDFラインはヨング・アヤックスのキャプテンだったベルフスマ、ドイツのヴァイゲルトとCBを補強。

 

プレシーズンとEL予選を見ても前線の大きなパワーダウンは否めず、EL予選敗退のショックを脱して昨シーズンに続いてトップ・ドリーに割って入るのはかなり難しいミッション。

 

Ajax
4年間タイトル無しで瀬戸際のオーフェルマウスがポリシーを完全に捨てて大補強を敢行。ユトレヒトからラビアト、ベルギーからバンデを買い取りに続いて、ブリントとタディッチというプレミア・リーグの主力クラスを買い取る総額約50milの歴史的金額を投資。さらに低調なWKを過ごしたツィエク周辺が今のところ静かなことで、スフールスの加入ももうほとんど話題にならない圧倒的戦力を持つことに。

 

CL予選ではツィエクの存在の重要性と相変わらずの守備の脆さを改めて見せていたが、昨冬に監督に就任したテン・ハフがプレシーズンを経て自分のチームを多少作り上げつつある印象も。今後この別格なスケールのセレクションでテン・ハフがさらにどうチームを作っていくか、本領を問われるシーズンになるだろうが、タディッチとの約束でツィエクの背番号10を取り上げるなど、マネージメントのドタバタぶりで今シーズンもネタに事欠かない雰囲気。

 

De Graafschap
入れ替えPOを制してのエールディヴィジ復帰1年目で、厳しいシーズンになるのは誰もが認めるところ。GK ベドナレク、MF ディーメルス、FW ティソダリと昇格に貢献した選手が数人抜け、エールディヴィジ経験者にGK ユルユス、DF ファン・デ・パーフェルト、FW フルジェル・ナルシン、ステフ・ナイラントを獲得し、テルスターで目立った活躍をしていたMF リバン・アプドゥライ、モー・ハムダウィを得た他、さらにヨング・アヤックスから左バック リロイ・オヴス、アルメレから長身MF ハヴィエル・フェト、ヘルモントから長身スピッツ ヨルディ・トマセンと補強。プラスαの価値を持つベテランとしてジョーイ・ファン・デン・ベルフの獲得も模索していたが、頓挫してMF エリック・バッケルの選択に。

 

FC Emmen
入れ替えPOを制して驚きの初昇格で迎えるシーズン。主力数人が抜けたが、カネル・カフラン、ヴァウター・マリーヌス、ルシアーノ・スラフフェールとエールディヴィジ経験者を獲得した他、ドルドレヒトからスピッツ ヤファル・アリアス、ヘルモントからJason Bourdouxheを補強。さらに新CBも探し中。

 

戦力的に厳しい残留争いが予想されるのは当然で、評価の高い監督 ディック・ルキーンにとってもとてつもなく大きなチャレンジ。

 

Excelsior
ファン・デル・ハーフが去り、新監督人事に時間を掛けた末に、長年クラブのフィジオを務めていたアドリー・ポルデルファールトに指揮を任せる大きなサプライズ。当然プロ・クラブで監督を務めるのは初めてで、どちらに転ぶかは全く予想が付かない。移籍市場の出入りも例のごとく大規模で、DF陣はカラーミ、デ・ヴァイス、ファース、マソップ、中盤と前線もフェルムーレン、エル・アザウィ、そして得点源だったファイクとファン・ダイネンとお別れ。補強はGKにソニー・ステーフェンス、マールテン・デ・フォッケルト、マイク・ハーフェコッテを獲得。守備陣はフィテッセからトーマス・アウデコッテ、アイントホーフェンからハルフェ・マタイス、中盤はテルスターで活躍したイェルディ・スハウテン、前線はドルドレヒトからデニス・マムドフとジュピラー・リーグから合いそうな選手たちを得た他、昨シーズンの件案だった左バイテンにFC Midtjyllandからマイケル・アンダーソンをレンタル。

 

しばらくチーム作りに時間がかかるだろうが、この数年監督の優秀さが残留の大きな要素だっただけに、ポルデルファールトがどの程度手腕を見せられるかが注目。

 

Feyenoord
ベーカーを獲ったものの4位という失望の昨シーズンから、主力流出はエル・アマーディとジョーンスを共に「功労賞」の契約解除で放出と戦力を保持しつつ、構想外になったグスタフソンを売却し、ハメル、ハンソンの若手をレンタル修行に。補強はユトレヒトからアユプを獲得し、クラーシをレンタルで連れ戻し、コロンビアの若手バイテンスペーラー シニステラを獲得と最低限。ファン・ベーク、フィレーナ、ベルフハイス、ヨルゲンセンと噂はあるものの実際の動きは無く、クラーシ帰還以外は予想外に静かな夏となり、ファン・ペルシのキャプテン就任とバイローの第1GKが主な話題に。

 

プレシーズンはファン・ペルシとベルフハイスの強力デュオが存在感を示したが、JCスハールはフットボールが低調で相手ゴール前で2人にチャンスシーンを与えるところまで行けずと、まだまだ道のりが長い印象。

 

Fortuna Sittard
ジュピラー・リーグ2位でエールディヴィジに直接昇格1年目のシーズンは、まずエールディヴィジで監督経験の無いルネ・アイエルを新監督に迎えるサプライズからスタート。主力はスフールス、サディキが抜けた程度で、昨シーズン15得点とエース的存在だったバイテンスペーラー リサンドロ・セメドの買い取りに成功したのが大きなプラスの他、主な補強はReadingから昨シーズン レンタル先のテルスターで19ゴールと活躍したアメリカ人MF アンドリヤ・ノヴァコヴィッチ、デ・フラーフスハップからMF マルク・ディーメルス、モロッコのMF エル・メサウディの他、新CBにスロヴァキアのブラニスラフ・ニナイを獲得。

 

アイエルは残留第一のフットボールはしないとコメントしているが、実際どれだけのクオリティがあるセレクションかはかなり不透明。

 

FC Groningen
問題児となったフェルトワイクと契約解除、バクーナがブレイク1年であっさりイングランドへ去り、契約終了のファン・ニーフとお別れ。補強はレンタルしていた右バック ゼーファイクを完全移籍で獲得し、スパルタからシャボットを買い取りとDF陣を補強。中盤は新監督 デニーバイスの肝入りかコザッケン・ボーイスからモレイラを獲得し、ドーアンを買い取り。前線はスピッツにカシエラをレンタルと、比較的静かな夏に。

 

プレシーズンの練習試合の結果は不安定な印象だが、プロ・クラブで初めて指揮を執るバイスがどういうフットボールをさせるか、魅力的なフットボールでユーロボルフに観客を呼び戻せるかどうかは大注目。

 

sc Heerenveen
ストレペルが多くの批判を浴びつつ去り、新監督にエールディヴィジでの監督業は初となるヤン・オルデ・リーケリンクが就任したのがこの夏の大きなトピック。コー・アドリアーンセのアシスタントを務めていたこともあり、WKで日本が見せたような「一体感のあるダイナミックで魅力的なフットボール」を志向する発言をしているが、果たしてどうなるか。移籍市場ではドゥムフリース、エーデガルト、ホーチャネヤドが去り、補強は右バックにフロラーヌス、スハールスのバックアッパーにロドニー・コンゴロ、新スピッツにサム・ランマースを獲得。長期離脱していたハーンがフィットしてGK問題が解決しそうなのはプラスだが、まだこれからコバヤシやザネリが去る可能性も捨てきれず。

 

プレシーズンの練習試合ではHoffenheimに8-2と大敗するなど、まだまだ課題が山積み。

 

Heracles Almelo
ジョン・ステーヘマンが契約満了で去り、新監督にドイツのフランク・ヴォルムートを迎えての新シーズン。予想通りプレシーズンでフィジカル重視のハードトレーニングをしたようで、実際に試合の中でどの程度の差が出てくるか注目したいところ。移籍市場ではキャプテンでもあったGK カストロ、DF バース、MF モンテイロとファン・オーイェン、FW ナフラティル、フラドンとお別れ。補強はフレデールスがヴォルムートのコネクションを活かしてドイツからが多く、GKにヤニス・ブラスヴィチ、DFにマクシミリアン・ロスマン、ステファン・サマとドイツ・ユース代表 Lennart Czyborraをドイツ方面から獲得。他にはフローニゲンからフリーになったファン・ニーフ、AC MilanでCL出場経験もあるカザフスタン代表MF アレクサンデル・メルケル、新スピッツにスペインのAdrián Dalmauが目立つ補強。

 

プレシーズンは"ドイツ・チーム"らしく12試合をこなし、みっちりと場数を踏んでシーズン入り。

 

NAC Breda
クラブ・マンだったフレーフェンとあっさりお別れし、新監督にエクセルシオールで評価を上げたファン・デル・ハーフを迎えての新シーズン。移籍市場はManCityからのレンタル組とお別れし、今回もパオロ・フェルナンデス(再レンタル)ら4人をManCityからレンタルの他、ペレ・ファン・アーンホルト、ミハリ・ロシュヘウフェル、アヌアール・カーリ、ジェルファネ・カスタネールらエールディヴィジ経験者を補強。

 

戦力がアップしたのかどうかやや分かりにくいが、明らかにオランダ人が増えてvdハーフにとって仕事は多少しやすいはず。ただ違いを作っていたマヌ・ガルシアの穴を誰がどう埋めるのか・・・

 

PEC Zwolle
昨シーズンは好調だった前半戦から一転、急落した後半戦で、シーズン終了直後に会長 フィッセルが怒りのツィートで物議を醸して迎えた夏。センドラー、モクタール、サイマクにレンタルしていたフレイレとメニフが去り、他にもパルツィチェクにバッケル、ファン・デ・パーフェルト、マリーヌス、イスラエルソンと控え戦力を整理。補強はなぜかトーマスに関して今のところ全く動きが無いのが最も大きいが、さらに新スピッツにファン・ダイネン、バイテンスペーラーにファン・クローイとパール(レンタル)、中盤にレーマンスとハメル、フレミング、Denis Genreau(レンタル)を獲得と積極的な動き。内容も信頼性のある補強が多い印象で、特にセットプレー・キッカーのスペシャリスト レーマンスとスピッツ問題を解決するファン・ダイネンの加入は大きなプラスだろう。

 

プレシーズンの練習試合も好成績を残しており、昨シーズン後半の低調さを脱してサブトップを争うだけの戦力は十分あるはず。

 

PSV
カンピューンチームとして主力流出が心配されたが、ファン・ヒンケルがレンタルバックされ、アリアスとブレネットが移籍しただけで、新監督 ファン・ボメルの強い慰留によってズートとルーク・デ・ヨングの契約延長に成功。両バックの穴埋めにもドゥムフリースとアンジェリーニョというエールディヴィジで実績を残した選手を獲得し、DFラインはさらにアヤックスと契約終了のフィールへーフェルを補強したが、中盤と前線は補強無しに。ロザーノが残留しそうな前線はとにかく、ファン・ヒンケルが抜けた中盤に十分なクオリティがあるかどうかは、10番起用のペレイロに掛かっていそうなプレシーズンの雰囲気。

 

全体的にはほとんど入れ替えが無く、昨年のフェイエノールトのように更なる伸びシロをあまり感じさせないセレクションではあるが、新監督 ファン・ボメルが素早く前にプレッシャーを掛けてより主導権を取るスタイルを導入しようとしており、新しい刺激を与えることができている雰囲気はある。

 

FC Utrecht
冬に監督を引き継いだジャン・パウル・デ・ヨング体制で迎える新シーズンだったが、監督からイングランド・スタイルのマネージャーに職種変更が話題に。しかし移籍市場でもテクニカル・ディレクター ザイダムが積極的に動き、CBにスウェーデンのベルフストローム、左バックにドイツのグワラと即戦力の期待ができる選手を獲得。アユプが去った中盤は10番役にグスタフソン、10番と8番をこなせるファン・オーフェレームと実績のある選手を補強し、フランスのNicolas Gavoryも獲得。ただ問題はラビアトが抜けた分の第2スピッツで、おそらくケルクと組むのは得点力が見込めるファン・デ・ストレークになるか。

 

プレースタイルは大きく変わらないはずで、依然サブトップで争える戦力は十分。昨シーズンはラビアトのクオリティに頼る部分が多かったため、グスタフソンが作ったチャンスをスピッツ陣がどれだけ効果的に決められるかが鍵に。

 

VVV-Venlo
昇格2シーズン目を迎えて昨シーズンの残留の功労者であるレーマンス、ファン・クローイ、フンテが移籍、ティがレンタルバック。補強はウネスタールがPSVに買い取られるもレンタルで残留となり、同じくPSVからファン・ブルヘンを完全移籍で獲得の他、クム、フロート、ファン・オーイェンと見知った名前を獲得。さらにユーゴスラビアのスター選手 サフェト・スシッチの甥 MF ティノ・スシッチとの契約が話題になったが、トーゴの若手FW ペニエル・ムラパ、ノルウェー代表MF マルティン・サムエルセンとファルクスがネットワークを活かして面白そうな選手をレンタル。

 

カウンターとセットプレーを中心に現実的なフットボールによって残留したシーズンから、安定したエールディヴィジ・クラブを目指すシーズンになるが、ステップアップが噂されたスタインが結局残って契約延長と、長期的に良い方向に進んではいる。レーマンスの穴埋めを務めるはずのスシッチ、セントルムスピッツのフロートが活躍できるかどうかが鍵に。

 

Vitesse
欧州戦POを制し、新監督にスルツキを迎えての新シーズン。何と言ってもカシアとミアズガのCBデュオが去ったのは大きく、中盤もマウントがレンタルバック。代役はCB陣にデンマークのテーランデル、イングランドのクラーク・サルター(レンタル)を獲得してファン・デン・ヴェルフとローテーションに。新GKにもChelseaからスペインのエドゥアルドをレンタルしたが、新しい組み合わせでコミュニケーションの問題はEL予選でも明らかに。他にはエクセルシオールからカラーミを獲得した他は、同じく左バックにイングランドのクラーク、攻撃的MFにスロヴァキアのマトゥス・ベーロ、スピッツアルジェリア・リーグのトップスコアラー ダルファルーを獲得と、国外市場をメインに未知数の補強。EL予選でまずベーロが好印象を残したが、GKとCBデュオはまだまだ不安の残るパフォーマンス。

 

プレシーズンとEL予選の印象ではスルツキがユーモアのある語り口で良い雰囲気を作っているが、どれだけ早くチームをまとめることができるか。

 

Willem II
エルヴィン・ファン・デ・ローイと2年間でお別れし、新監督に国外で経験を積んだアドリー・コスターを選択。移籍市場ではステップアップ間違い無しのソルの移籍がまだ決まっていないが、ラチマン、チミカス、ファン・デル・リンデンにエノー、ハイエ、リーンストラと各ラインの主力組とお別れ。補強はDF陣にすでにレンタルしていたフリーになったマイスネル、チミカスに続くギリシア人左バック Dimitrios Kolovosとニュージーランド人左バック James McGarry、MFにフォルトゥナからドリース・サディクの他、ドイツ・ユース代表の攻撃的MF Atakan Akkaynak、スペインのPol Llonchと獲得したが、問題のソルの穴を埋める新スピッツがコスターとマタイセンのスペイン巡りの甲斐も無く見つけられておらず。

 

プレシーズンの練習試合もプロ・クラブ相手に未勝利と、なかなか厳しそうなシーズンになる雰囲気が。とにかくこのまま残留するとはとても想像できないソルの代役獲得が急務なのだが・・・