我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

VvFから株の買い戻しを開始

フェイエノールトはフリーンデン・ファン・フェイエノールトから株式の買い戻しをスタートさせたとクラブサイトで発表。クラブは2010年に最大の過半数以下株主となったフリーンデンから10%超の株を3,5milで買い取った。

 

フリーンデン・ファン・フェイエノールトは2010年から2012年の間にクラブに総額32,5milの資本注入を行い、当時かなりの困窮状態にあったフェイエノールトに新たな将来展望を与えてくれた。その資本注入の見返りとしてフリーンデンは株式の49,9%を取得。同時にクラブが財政的に買い戻しが許される状況にまで回復すれば、買い戻しを行う取り決めがなされ、フリーンデンが預けたお金も最終的に取り戻されることが約束されていた。

 

今年1月にジェネラル・ディレクター ヤン・デ・ヨングはこのした現状についてすでに語っており、「フリーンデンはフェイエノールトがすでに健全に戻ったと認めた。これは我々が本物のフリーンデンだったということ。彼らはどうしても必要な時にいてくれた」と新年のレセプションのスピーチで言及している。今回の株式売却の発表で遂にそれがスタートしたことになる。

 

株式の売却はフリーンデンにとっては預金の一部を取り戻せるだけでなく、フェイエノールトは直接的な利益も提供している。最初の株式売却で取り決められていたVvFの配当パーセンテージは先月合意で4%から2%に半減。この4年間でフリーンデンは最初の3年間ほどの配当を得られていなかった。

 

フェイエノールトVvFから2回目の株式パッケージ買い戻しをいつ行い、それがどれ程の規模になるかは、クラブの財政結果に拠る。将来的な財政収支は選手の売却と、ELやCLのグループステージに到達した際の臨時収入で大きく変わるだろう。そのため、VvFから全ての株をフェイエノールトの手に買い戻すのにどれだけの年月がかかるか正確に予測することはできない。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-koopt-eerste-pakket-aandelen-vvf-terug