我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

夏日のゼーラントで慎ましい勝利 (練習試合: ゼーウス・エルフタル戦)

フェイエノールトは練習試合キャンペーンの2試合目も勝利。試合環境は先週のプテン同様理想的なものだったが、ミデルブルフでの得点は遙かに少なく、監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームはスポルトパルク フェールス・ポールトでゼーウス・エルフタル相手に収めた勝利は0-2という慎ましいものだった。

 

フェイエノールトゼーラントでこの日初めて新アウエーシャツでプレー。このシャツは早朝にスペシャルな方法で発表され、発表に参加したヘット・レヒューンのメンバーによって誇らしげに着られていた。それはスタメンのスティーヴン・ベルフハイスにも当てはまる。青シャツでプレシーズン初めて試合に出場した彼は20分に先制点にも近づいた。

 

オランイェの代表選手は右サイドから中に切れ込む、巻いたシュートでゴール左上隅を狙ったが、GK ジョアン・ファン・ベルゼンが指で弾いて得点を防いだ。ベルフハイスの見事なシュートに続いてヤシン・アユプなども得点を狙ったが、ホームチームのDFに弾かれ続けた。

 

前半45分で最大のチャンスはゼーウス・エルフタルにあり、開始2分で先制してもおかしくなかっただろう。アユプのバックパスをバルト・デプレスが奪い、GK ジュスティン・バイローをかわしたが、シュートは枠を外れた。

 

フェイエノールトが10人を入れ替え、ゼーウス・エルフタルが完全に別チームで向かえたHT明けにようやくフェイエノールトが先制。GK ミチェル・ブラーフハルトが54分にアシュラフ・エル・ブシャタウィのシュートには答えを出せたが、リバウンドを拾ったイェンス・トールンストラのディラン・フェンテへのパスにはノーチャンスだった。

 

このスピッツにとってはS.D.C. Putten (1-8勝利)戦でのハットトリックに続いてこのプレシーズン4得点目。さらに62分にはサム・ラーソンが2018-2019シーズンの練習試合キャンペーンで自身の初ゴール。サンバ・サムが20mの距離からのFKゴール左試合隅に決め、スコアを0-2に。

 

週明け月曜にフェイエノールトは夏のトレーニング化yンぷを行うスイスへ出発。チームはそこでBSC Young Boys en FC BaselとUhrencupを争う。

 

Zeeuws Elftal - Feyenoord 0-2
Scoreverloop:
54' Dylan Vente 0-1
62' Sam Larsson 0-2

 

Opstelling Feyenoord (eerste helft):
Bijlow; Nieuwkoop, Botteghin, Geertruida, Malacia; Wehrmann, Kökcü, Ayoub; Berghuis, Van Persie, Boëtius.

 

Opstelling Feyenoord (tweede helft):
Bijlow; St. Juste, Van Beek, Van der Heijden, Verdonk; El Bouchataoui, Toornstra, Vilhena; El Hankouri, Vente, Larsson.

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/zuinige-zege-voor-feyenoord-in-zomers-zeeland

 

ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト
「難しい試合だった、特に我々のプレーがだ。暑さと乾いたピッチで難しい環境だったが、それでも自分たちの力を発揮しなければいけない。後半は良くなったが前半は低調だった。ピッチの埋め方もだ。前半と後半でかなり違った」
「プレシーズンではあるが、もちろんこういう事は望まない。起こり得ることであり、確かにまだ全員がフィットしている訳でも無いし、セレクションはまだ完成されておらず、若い選手が多い。しかしこういうのは予想していなかったからゾッとしたよ」
「ディランは良いスタートを切った。とてもフレッシュでシャープだ。試合でだけで無くトレーニングでもそれを見せている。ディランの力も、彼がフロート・タレントなのも我々は分かっている。彼には素晴らしい将来があるし、彼自身それを全力で目指しているところ。我々は誰に昨年彼をセレクションに上げていない。我々には彼のポテンシャルは見えているし、とても良く成長している。この成長が続くことを願っているよ」


https://www.fr12.nl/nieuws/47545-van-bronckhorst-kritisch-de-eerste-helft-was-matig.html
https://www.fr12.nl/nieuws/47546-lof-voor-vente-hij-ontwikkelt-zich-heel-goed.html

 

スティーヴン・ベルフハイス
「ちょっと慣れが必要だったよ。オランイェでも2回15分プレーしたけど、スタメンは5/6のヘーレンフェーン-uit以来だからね。感覚を取り戻すのに時間が必要」
「この1週間のトレーニングは上手く行っていたけど、今日はちょっと低調だった。こういう事もあるもの。相手も良かったし、僕らはいろいろな事が上手く行かなかった。それはこれからの数週間で取り組まないといけない」


https://www.fr12.nl/nieuws/47544-berghuis-geeft-toe-het-was-even-wennen.html

 

先週と前半後半のメンバーをあまり変えずに向かえた2試合。
暑いのかトレーニング疲れなのか、集中力もエネルギッシュさも無く、力強い相手になかなか競り勝てず、ボールを持っても前線での動きが無いなかなか酷い前半でした。ベルフハイスはとりあえずプレーしたというだけで、コンディション作りがまだまだのような。まぁボエチウスもコクチュもほとんど何もできず、両バックも良いところ無かったのでどうにもならない45分間。ドリンクパウゼでジオが珍しく厳しい感じで話ていたのと、その後はバイテンスペーラーの内側にバックやMFが走り込んで低いクロスを入れるという昨シーズンのAZでお馴染みのやり方が多く見られたのでランツァート効果でしょうか。まぁポジションプレーはあいかわらず低調なので根本的にどうにかして欲しいところ。

 

今回も後半は割と良く、特に0-1にした時間帯は多くの選手が動いて絡む魅力的なフットボールでチャンスを作っていました。あまり絡めていなかったのはモーくらいでしょうか・・・ 逆にシン・ジュステは圧倒的で、精力的な攻め上がり、足元のテクニックと素晴らしいものがあります。このままではごく自然にバルトをベンチに追いやりそうな雰囲気。

 

結局後半も良かった時間帯は短かったですが、アシュラフは競り負けることもなく、ボールを持ったら素早い判断で遠くのフリーの選手に正確なボールを出せていたあたり、トップタレントぶりを感じさせます。ヴェールマンもかなり良いですが、近い将来の6番なのは確実か。

 

フェンテは今日も安定したポストプレーとゴールで言うこと無し。バカンス中もだいぶトレーニングしていたようで、力強さが増しているのはとても良いです。ニコライが合流するまでしっかり結果を残して欲しいところ。