我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ビラル・バサチコグルがKayserisporへ移籍

フェイエノールトBilal Başaçıkoğluが直ちに去ることをクラブサイトで発表。トルコのクラブ Kayserisporと合意に達し、23歳のFWは3年契約を結んだ。

 

ビラル・バサチコグルは2014年7月にsc ヘーレンフェーンから加入し、2017年4月にデ・カイプで2020年までの新契約にサインしていた。快足バイテンスペーラーこの数年間上手く成長したが、スタメンの座を掴むことはできず。それでもバサチコグルは公式戦103試合に出場し、フェイエノールトで2回のKNVB ベーカー、ヨハン・クライフ・スハール、そしてもちろん2017年のランズティートルを獲得した。

 

「我々としてはビラルをフェイエノールトに残すことはできた」とテクニカル・ディレクター マルティン・ファン・ヘール。「しかし価値ある途中出場選手としての数年間の後で、別の場所でスタメンの座を掴むことにトライしたいという彼の気持ちは理解している。適切なオファーが来れば、我々は決してそれを妨げない。このチャンスを彼に是非あげたいし、ビラルがトルコで大成功することを願っている」

 

バサチコグルはフェイエノールトが移籍に協力してくれたことを喜んでいる。「もちろんデ・カイプで不動の価値を持つ存在になりたかったけれど、この数年の成功に貢献できたことを嬉しく思っているよ。特にサポーターについにランズティートルをもたらすことができたチームの一員だったことはファンタスティックなこと。フェイエノールトの全ての人々、そしてヘット・レヒューンにこの素晴らしい数シーズンを感謝したいし、クラブが将来あらゆる成功を収めることを願っている」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/bilal-basakoglu-naar-kayserispor

 

移籍金3,5milのトップタレント扱いだったことを考えるとなかなか残念な数年間で、結局ヘット・レヒューンの愛情も得られませんでしたが、それでも時に良い仕事はしていました。ポテンシャルはあるはずなのでクラブを替えるのはもう良いタイミングでしょう。クラブにとってもベンチの層を厚くする機会ですが・・・