我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

第30節結果: AZが運命の5分間でトップ・ドリーにまたも敗戦。ローダ、スパルタが勝ってトゥエンテの降格がほぼ確定

Speelronde 30

 

vrijdag 6 april 2018
20:00 Excelsior - Willem II 2-1
14' Fran Sol 0-1 / 28' Luigi Bruins 1-1 / 45+1' Stanley Elbers 2-1
Rood: 27' Darryl Lachman

 

エクセルシオールはガルシアを外してメサウドを10番に置いてブラインスが左バイテン。ヴィレムIIはヘールケンスが出場停止でvdリンデンが代役、リーフティンクが負傷欠場でハイエを10番に置いてクルークスが前線に。

 

序盤エクセルシオールが攻勢に出ようとするも主導権を掴めず、逆にルイスの低いクロスにニアに飛び込んだチミカスがズワルトフートと衝突、こぼれ球をソルががら空きのゴールに楽々蹴り込んでヴィレムIIが先制。ソルはエールディヴィジで初の1シーズン16得点を記録したスペイン人に。その後ヴィレムIIが問題無くコントロールしていたが、前半の半ば過ぎにラチマンがファン・ダイネンにボールを奪われてペナルティエリア内で押し倒して当然のロート&PK判定で1-1. 数的優位に立ったエクセルシオールがHT前に押し込んで決定機を作ると、カラーミのクロスにエルベルスがあわせて2-1. 後半開始直後にエクセルシオールが追加点の大チャンスを逃し、その後は雑な攻撃が続くもヴィレムIIも防戦一方で何も起こらずそのまま終了。

 

エクセルシオールは年明けホーム初勝利。

 

zaterdag 7 april 2018
18:30 NAC Breda - Vitesse 1-0
35' Angelino 1-0

 

フィテッセは低調なファイエを外してビュートネルが数ヶ月ぶりにスタメンで復帰。マタフスもフィットしてスタメンに。

 

15分過ぎにフルートがゴール前フリーで飛び出し、ハウエンとの接触でペナルティエリア内で倒れるもゲズブユクは冷静にスルー。そして処分明けのフレーフェンも冷静に対応して抗議せず。35分にアンジェリーニョのFKが壁に当たってそのままゴールでNACがラッキーな先制。後半ようやく優勢に立ったフィテッセだが大チャンスを作れず、CKからバイティンクがポストを叩いてそのまま敗戦。

 

フィテッセは4試合1ptとフレーザーへのプレッシャーが高まる。NACは30pts到達でヴィレムIIに並んで来週直接対決。

 

スタイン・フレーフェン
「最高の気分。選手たちにはチームパフォーマンスを賞讃した。重要なのは結果であって楽しいフットボールでは無いんだ。我々はそこを十分分かっていたし、今夜はサポーターが見たいNACを見せていた」

 

ヘンク・フレーザー
「これはトップスポーツであり、負ければ批判を受けるのが現実。良いことがあったのをみんな忘れる。幸運なことに、悪いことがあったのも忘れる。これが現実。これは新しいシリーズであり、ベーカー獲得はもう関係無い。私をどうするかはクラブが考える事だが、クラブの利益を考えなければいけない」

 

19:45 Roda JC Kerkrade - PEC Zwolle 3-2
3' Donis Avdija 1-0 / 8' Simon Gustafson 2-0 / 25' Younes Namli 2-1 / 85' Queensy Menig 2-2 / 87' Mikhail Rosheuvel 3-2

 

序盤PECが積極的に攻撃に出ようとするも、低調なプレーで逆にローダが大攻勢。アフディジャイがDFラインの前から見事なシュートで先制すると、ロシュヘウフェルのクロスにファーに走り込んだロシュヘウフェルがあわせて2-0. しかしロシュヘウフェルが3点目のチャンスを逃し、アフディジャイのゴールもオフサイドで認められず。PECはユルユスの逆を突いたナムリのFKで試合に戻ると、終盤に途中出場 メニフのゴールで同点に。しかし残り数分にカウンターからロシュヘウフェルが劇的に決勝点。

 

ローダは2試合連続3得点で3連勝。26ptsで直接残留にまだ望み。

 

ジョン・ファン・スキップ
「我々が良い状態になるまでにすでに2-0にされていた。アグレッシブに入ろうとはしていたが、悲劇的な序盤だった。終盤はオープン・ハウスのようなもので、カウンターのスペースは十分あったのに我々はそれを上手く使えなかった。今日はローダがそれを上手く罰した」

 

19:45 AZ - PSV 2-3
52' Wout Weghorst 1-0 / 61' Wout Weghorst 2-0 / 73' Gáston Pereiro 2-1 / 76' Hirving Lozano 2-2 / 79' Marco van Ginkel (str.) 2-3
Rood: 89' Ron Vlaar

 

AZはアウエヤンが復帰。イドリシを外し、フラールとスタイン・ヴァイテンスのCBにファン・ラインを加えて5-3-2を選択。PSVは出場停止のベルフワインに代えてペレイロを起用。

PSVがプレッシャーを掛けるも後方の数が多いAZが落ち着いてそれをかわしてボールを持つ展開。5分過ぎにヤハンバクシュのパスからコープマイネルスにベストチャンスもシュワープがクリア。勢いづいたAZの攻撃を凌いだPSVも次第にボールを持つ時間が増えると、15分過ぎにラムセラールが最初の大チャンスで枠外に。その後もFKからデ・ヨングがネットを揺らしたがオフサイド、35分過ぎに再びFKからデ・ヨングが再び狙うもポスト直撃とPSVがAZの攻撃を抑えつつ効率良くチャンスを作る展開。

 

後半に入ってもPSVが優勢に立っていたが、カウンターからヤハンバクシュの右アウトサイドでの素晴らしいパスがティルにとおり、最後はヴェフホルストが決めて先制。さらにヤハンバクシュのクロスにヴェフホルストの頭で2-0. PSVはCKからゴール前至近距離でペレイロのシュートがビゾットにセーブされるも、直後にFKからフリーでトラップしたペレイロが見事なコントロールから決めて2-1. さらにビゾットがロザーノをかわせずにキックしようとしたところを足に当てられてそのままゴールという致命的ミスで一気に同点に。さらにCKの守備でフラールがブロムにファールを取られて約5分間で2-3に。残り10分でイドリシ投入で4-3-3に戻したAZがFKからファン・ラインの頭でネットを揺らすもオフサイド判定。リスクを冒した終盤、フラールが抜け出そうとするロザーノを倒して一発退場でそのまま終了。

 

AZは今回もトップ・ドリー相手に敗戦。エールディヴィジで2点リードから敗戦はクラブ史上初。PSVは次節020-thuisでカンピューンスヴェーツトライト。

 

ジョン・ファン・デン・ブロム
「最初の失点ではペレイロが完全フリーだった。あれでPSVが試合に入るのを助けてしまった。それから我々のGKの個人のミス。さらに馬鹿馬鹿しい状況でPKを与え、さらにゴールも取り消された。PK判定になったプレーは毎試合何度もあること。試合後ブロムに質問したかったが、彼はすぐに隅に行ってしまった。そこが安全だからだろう。今回も我々の大親友 ブロムとの対面だった。今週末はトップゲームはこの1つしか無かったんだ。なぜトップ主審でやれないのか理解できない・・・ 馬鹿げたPK、 馬鹿げたレッドカード・・・ 1度も都合よく行かない。選手たちはこの主審の判定基準が本当に分からないんだ。ブロムはこういう試合を裁く能力が無い。それを彼は今夜また証明した。主審に負けた?いや、決してそうでは無い。我々はPSVに負けたんだ。しかしブロムの助けはあった。そしてそれはこれが初めてでは無い。だから私は彼に怒ってもいる」

 

ヴァウト・ヴェフホルスト
「ブロムは良い笛は吹いていなかったと思う。試合中かなり混乱するシーンがいくつもあった。あるシーンではかれはかなり許し、あるシーンでは小さな事にも笛を吹く。ナイハイスなどについてかなり騒ぎになっているけど。彼についてはみんな基準を分かっている。ブロムだと迷路のよう。試合中彼と話そうとしたけど無駄だった。確かに僕は感情的だし、常にしっかり対応できる訳では無いのは分かっているけど、主審も選手の感情を感じて普通にコミュニケーションを取れなければいけない。でも彼は議論の余地があるシーンでも説明を求めることを許さない」

 

マルコ・ビゾット
「バックパスのボールがちょっと緩いところに飛んで、自分の方に多少引き寄せなければいけなかったんだ。1000回に1回くらい起きること。99%は僕は上手く処理できるプレー。その後も全く気にはしていなかった。1試合に100回バックパスを受けて1回だけのミス。あり得ること。ただああいうシーンでそれが起きてしまったのが残念。今夜はよく眠れるかって?ああ、そうじゃないとトレーニングでフィットできないからね」

 

フィリップ・コクー
「カンピューンスハップと同じ気持ちでは無いが、もちろん大きな一歩なのは分かっている。特にビハインドを背負えば買った時の安堵感は格別。チームは70分を終えて2点ビハインドでも誰も頭を下げていなかった。我々は自分たちに粘りがあることを重要なシーンで再び示した」
「ブロムはお互いにとって良い笛を吹いたと思う。私に見えた限りでは正しい判定をしていたし、それぞれのゴールの取り消しも正当だった。確かにレッドカードは厳しい罰だったが、あそこで吹けばロートを出すしか無い。PK判定も少なくとも非常に厳しい判定では無い」
「我々が良いプレーをしている正にその時間帯にAZが得点した。序盤我々はボールを持っている時が良くなかったが、我々が試合に上手く入った時に反対側にゴールが生まれた」

 

ルーク・デ・ヨング
「PK判定がブロムがよく見ていたと思う。僕がジャンプしようとした瞬間、背後にフラールを感じて、それで飛べなかったんだ。その後さらに相手が10人になったし、ああいうシーンで素晴らしい笛だった」

 

20:45 Sparta Rotterdam - VVV-Venlo 3-2
19' Soufyan Ahannach 1-0 / 43' Clint Leemans 1-1 / 52' 1-2 Clint Leemans 1-2 / 81' 2-2 Robert Mühren 2-2 / 90' Robert Mühren 3-2

 

序盤スパルタが猛攻。ファン・モールセル、ミューレンと次々にチャンスを作り、アハナハのゴールで先制。40分にフリーンツがティを倒してPKを与えるもフートがレーマンスのキックを見事にセーブ。しかし直後にレーマンスのミドルシュートをフートが後逸して同点に。後半出だしにもレーマンスのFKが壁のクラーメルに当たってフートの逆に飛んで1-2. 終盤スパルタが反撃に出るとミューレンが個人技から決めて同点。さらにロスタイム直前にフライデーのクロスをクラーメルが頭で落とし、再びミューレンが決めて決勝点。

 

スパルタはヘッケンスライター トゥエンテに暫定4pts差。

 

ディック・アドフォカート
「感動的な試合だったね。VVVは試合全体を我々よりコントロールしていたが、チャンスの数からすれば我々が勝ったのは正当な結果。最後の15分間で我々はかなりオポチュニスティックにプレーし、彼らはそれに対する答えが無かった。クラーメルは全ての競り合いに勝ち、フライデーはその時間帯で相手を釘付けにしていた。ミューレンも私のもとで最初苦しんでいたが、素晴らしい仕事をしてくれている」
「まだトゥエンテとの残留争いに勝った訳では無い。ローダも我々に負けた時、実際終わりだったが、今は3試合で9ptsを得た。これがエールディヴィジだ。とにかく明日はフェイエノールトがスポティーフな義務を果たすのを願おう」

 

ロベルト・ミューレン
「尋常じゃ無い!言葉が無いよ。1-2にされてチーム全体がちょっと道を失っていたけど、何も無いところから僕が2-2にして、あのゴールが僕らにたくさんの翼を与えてくれたんだ。3-2にした時の解放感はほとんど経験したことが無いもの」

 

zondag 8 april 2018
12:30 FC Utrecht - ADO Den Haag 3-3
43' Sander van de Streek 1-0 / 54' Bjørn Johnsen 1-1 / 69' Tom Beugelsdijk 1-2 / 73' Gyrano Kerk 2-2 / 90'+1' Elson Hooi 2-3 / 90'+4' Zakaria Labyad 3-3

 

ADOはスヴィンケルスとエブエイの怪我でGKにフロートハイゼン、右バックにトレフォル・デイヴィッドがそれぞれデビュー。

 

ユトレヒトがボールを持つもなかなかゴールに近づけずローテンポゲームに。前半終盤にようやくユトレヒトがチャンスを作り、クリヒのミドルシュートはフロートハイゼンセーブしたが、数分後のvdストレークのミドルシュートは止められず1-0. 後半序盤にカウンターから裏に抜けたジョンセンがレーウヴィンをかわして同点に。低調なユトレヒトに対してADOがカウンターでチャンスを作っていたが、65分にクリヒのシュートをフロートハイゼンがセーブ、ポストを叩いたボールをラビアトが狙うもバー直撃とユトレヒトが大チャンスを決められず、数分後にCKからベウヘルスダイクが飛び込んで1-2. しかし直後のユトレヒトも途中出場 トゥルペーのクロスにケルクの頭で2-2. 終盤ユトレヒトが優勢に立ったが、ロスタイムに入った瞬間にロスタイムに入った瞬間にカウンターからホーイが決めて2-3. 直後のアフトラップからロングボールからデッセルスがネットを揺らすもヒフラーがカノンへのファールを取ってノーゴール判定。しかし4分のロスタイムの4分目にラビアトがFKを決めてスペクタクルな展開で引き分け。

 

アルフォンス・フルーネンダイク
「映像は見返したが、判定について話すつもりは全く無いよ。人にはそれぞれ自分の仕事がある。それに付き合うしか無いのは分かっているし、何も言いたくは無い。私が何を言ってもすぐにカリメロのようだろう。だから何も言うつもりはない。彼らは自分の仕事をし、私も自分の仕事をする。我々はここで勝つために全力を尽くした。2-3と勝ち越し、それが3-3で終わった。OKだ」
「ADOファンにあげるはずだったぬいぐるみの扱い?ヒフラーに一つあげれば良い。そうすれば一つは減る」

 

14:30 FC Twente - Feyenoord 1-3
18' Jean-Paul Boëtius 0-1 / 22' Adam Maher 1-1 / 67' Steven Berghuis 1-2 / 75' Nicolai Jørgensen 1-3

 

トゥエンテはホラが出場停止でフィットしたラムが代役。前線はアサイディが戻り、スラフフェールがベンチに。フェイエノールトヨルゲンセンがスタメンに戻り、ファン・ペルシもベンチ入り。

 

崖っぷちのトゥエンテは開始13秒でブーレがvdハイデンへの肘打ちでイエローカードを受けるなど立ち上がりからファールが続く『後が無い』プレーで試合に入ると、CKからテスケルのヘディングはファーポストのフィレーナが頭でクリア。フェイエノールトもすぐに主導権を取って優勢に立ち、最初の良い攻撃からトールンストラのパスにボエチウスが裏に抜けて先制。しかしジョーンスがパスを目の前にマヘルにカットされる大ちょんぼで即同点。その後はフェイエノールトがあまりゴールに近づけず、トゥエンテも前半終盤にカウンターで危険なシーンを作りかけたがシュートまでは行けず。

 

後半もフェイエノールトが主導権を取ってややペースが上がると、トールンストラのパスからヨルゲンセンにベストチャンスもダイレクトであわせたシュートはがら空きのゴールの枠を捉えられず。お互いに雑なプレーが続き、残り30分を切ってフェイエノールトはファン・ペルシを投入。ベルフハイスがエル・アマーディとの連携からペナルティエリア内に侵入しての左足シュートで1-2. さらにベルフハイスのパスをゴール前のエル・アマーディが流し、ファーのヨルゲンセンがハックで決めて勝負あり。

 

トゥエンテは17位スパルタと4pts差になって最下位降格はいよいよ時間の問題に。フェイエノールトユトレヒトに5pts差を付けて4位確定へ次節直接対決。

 

マリノ・プシッチ
「良い組織から適切なタイミングでプレッシャーを掛けてカウンターに出ようとした。守備面は前半は比較的あまりチャンスを与えず、プレスを掛けたシーンから1-1にもできた。フェイエノールトのような良いフットボールをするチーム相手にプレーするのは簡単では無いし、チームはキャラクターを示した。HT明けはフェイエノールトが優勢だったし、彼らがリードしたのも正当なこと。我々も終盤に攻撃に出ようと準備していたが、1-3にされてそれも適わなかった。リスクを冒してこれ以上自信を失う結果も避けたかったんだ。とにかく現ランズカンピューンに勝つには不十分だった。これでかなり難しくなったが、チャンスがあるかぎり全力でそれを目指さなければならない」

 

14:30 sc Heerenveen - FC Groningen 1-1

前半は両チームとも雑でほとんど見るモノが無かったが、フラップのペナルティエリア外からのシュートが決まってヘーレンフェーンが先制。後半に入るとマヒーのクロスにファン・ヴェールトの頭でフローニゲンが追いつき、その後は両チーム共に勝ち越しのチャンス。しかしファン・アーメルスフォールトが枠を外し、ファン・ヴェールトがポスト直撃で緊張感のある後半は結局引き分け。

 

スハールスの怪我のショックが残るヘーレンフェーンは依然ADOと勝ち点差で並んで8位。フローニゲンは30ptsでヴィレムII、NACと並び、次節4pts差のローダと直接対決。

 

ユルヘン・ストレペル
「タフな1週間だったしタフな試合だった。選手たちはこの状況に上手く対応してくれたと思う。今日はボールを持った時に十分良くは無かった。前半はまだかなり良かったと思うが、ロッカールームからの出方が悪く、もう試合の流れを変えることができなかった。しかしこういう週の後では実際『本来の自分たちを出せる』という気はしなかった。それが全てだ」
「ブラインは後半もスハールスのポジションをしっかりこなしてくれた。チームをあまり変えたくなかったし、ヨルディは良くやっていたからこのチャンスを得るのに相応しくもあった」

 

エルネスト・ファーベル
「前半は我々の側が弱々しかった。シャープさが足りず、ためらいがちで、パスが良くなかった。後半は良くなったと思うし、多くのチャンスがあった。攻撃の最後の所でもっと上手くやれていれば多分ここで勝てていただろうが、1ptは正当な結果。」
「来週の直接対決は非常に重要。ホームゲームは全て勝ちたいし、アウエーでも数pts取りたい。そしてまだ数pts必要だと思う」

 

16:45 Ajax - Heracles Almelo 1-0
63' 1-0

 

Stand

1 PSV 30 (25 2 3) 79-34 +45 77pt
2 Ajax 30 (22 4 4) 80-28 +52 70pt
3 AZ 30 (19 5 6) 59-32 +27 62pt
4 Feyenoord 30 (16 6 8) 62-34 +28 54pt
5 FC Utrecht 30 (13 10 7) 53-47 +6 49pt
6 PEC Zwolle 30 (12 7 11) 41-44 -3 43pt
7 Vitesse 30 (11 9 10) 46-41 +5 42pt
8 SC Heerenveen 30 (10 10 10) 42-47 -5 40pt
9 ADO Den Haag 30 (11 7 12) 37-45 -8 40pt

10 Excelsior 30 (11 5 14) 37-47 -10 38pt
11 Heracles Almelo 30 (10 7 13) 41-55 -14 37pt
12 VVV-Venlo 30 (7 13 10) 33-43 -10 34pt
13 FC Groningen 30 (6 12 12) 43-48 -5 30pt
14 Willem II 30 (8 6 16) 44-55 -11 30pt
15 NAC Breda 30 (8 6 16) 35-52 -17 30pt
16 Roda JC Kerkrade 30 (7 5 18) 33-61 -28 26pt
17 Sparta Rotterdam 30 (6 6 18) 29-59 -30 24pt
18 FC Twente 30 (4 8 18) 33-55 -22 20pt

 

Topscorers
1. Fran Sol (Willem II) 16 (2)
2. Hirving Lozano (PSV) 15 (0)
Wout Weghorst (AZ) 15 (2)
4. Steven Berghuis (Feyenoord) 14 (0)
Alireza Jahanbakhsh (AZ) 14 (4)
Marco van Ginkel (PSV) 14 (9)
7. Bjørn Johnsen (ADO Den Haag) 13 (0)

8. Klaas Jan Huntelaar (Ajax) 12 (0)
Zakaria Labyad (FC Utrecht) 12 (1)
10. David Neres (Ajax) 11 (0)
Luuk de Jong (PSV) 11 (0)
Bryan Linssen (Vitesse) 11 (0)
Mustafa Saymak (PEC Zwolle) 11 (1)

 

Assists

1. Hakim Ziyech (Ajax) 13
2. Steven Berghuis (Feyenoord) 12
3. David Neres (Ajax) 11
Alireza Jahanbakhsh (AZ) 11
Brandley Kuwas (Heracles Almelo) 11

6. Nasser el Khayati (ADO Den Haag) 10
7. Hirving Lozano (PSV) 8
8. Jean-Paul Boëtius (Feyenoord) 7
Frenkie de Jong (Ajax) 7
Denzel Dumfries (sc Heerenveen) 7
Zakaria Labyad (FC Utrecht) 7
Jens Toornstra (Feyenoord) 7