我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

オランイェ、ロナルド・クーマンのデビュー戦で敗戦 (練習試合: イングランド-thuis)

想像とは違う結果に。金曜夜にロナルド・クーマンのオランダ代表ボンズコーチとしての期間は敗戦で始まった。アムステルダム・アレナでの練習試合はイングランドが0-1で勝利。

 

20.47にオランダ代表は新しいスタートを切った。新ボンズコーチとしてロナルド・クーマンのもと、ヴェスリー・スナイデルはおらず、フィルジル・ファン・ダイクが新キャプテンとなり、ハンス・ハーテブールがスタメンでデビュー。これが2020年のEK出場を目指す長いルートの出発点となった。

 

プレースタイル
この試合に向けてどのプレースタイルを用いるかはかなり話題に。「古風な」4-3-3になるか、それともルイ・ファン・ハールが2014年のWKで成功を収めた5-3-2か?スタメンはハーテブールとパトリック・ファン・アーンホルトを両サイドに置き、バス・ドストがディープ・スピッツの3-4-3だった。

 

オランイェは自分たちの観客の前で90分間説得力を持つことができず。前半はエキサイティングなシーンは一つも無かった。オランイェは探り探りでイングランド・ゴールに向けてほとんど危険なシーンを作れず。狙いは良かったが、攻撃面でGK Jordan Pickfordと慌てさせるところまでほとんど行けなかった。30分のCKkらバス・ドストのヘディングがそうならなければいけなかったが、枠外に。

 

イングランドのキャプテン Jordan Hendersonが先制点にからり近づいたが、ヘディングはヤスパー・シレセンに優先されたPSVのGK イェルーン・ズートの守るゴールの横に外れた。

 

PK
イングランドは後半よりゴールを目指し始める。マタイス・デ・リフトはスペイン人主審 Gil ManzanoがPKを与えなかったことを幸運と言うべきだろうし、直後にはJesse Lingardのシュートが枠外に。そしてこのManchester Unitedの選手が59分にペナルティエリア際からのシュートで0-1に。

 

オランイェは勤勉なメンフィス・デパイのリーダーシップのもとでイングランド・ゴールを目指したが、スムーズに足が動かず。残り7分でデパイがFKを狙ったが、シュートはGKの手の中に。

 

デイヴィ・プロッペルとライアン・バベルがすでにピッチに入っていた終盤、さらにドニー・ファン・デ・ベークとでユーのヴァウト・ヴェフホルストも投入されたが、彼らもクーマンのもとでの最初の敗戦を防ぐことはできなかった。

 

月曜にオランダ代表はまた練習試合。スイスのGeneveでポルトガルと対戦する。

 

Nederland - Engeland 0-1
59' Lingard 0-1

 

Opstelling Nederland: Zoet; De Ligt, De Vrij (89' Weghorst), Van Dijk; Hateboer, Wijnaldum, Strootman (89' Van de Beek ), Van Aanholt; Promes (66' Pröpper), Dost (66' Babel), Memphis.


https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/72240/nederlaag-oranje-bij-debuut-ronald-koeman

 

ロナルド・クーマン
「前半のドストはキープしなければいけないボールを何度も失っていた。攻撃面で彼に周りのお膳立てが必要なのは分かっていたが、それは難しかった。前半の我々は何度もあまりに簡単にボールを失っていたし、インランドの方がボールを持った時のキープ力があった。そうなればバスの存在感は減る。見てのとおりだ」
「3人の最終ラインは良かった。ハーテブールも十分以上。デ・リフトはピッチ上のベスト・マンだったと思う。チャンスを作るために我々がやらなければいけないことがあるのは明確。我々はイングランドよりかなり劣っていたし、違いは目に見えている」
「驚きでは無いよ。私がボンズコーチになった途端に我々がイングランド圧倒したらかなりクレイジー。そんな予想は誰もしない。良いモノはいくつも見れたが、改善すべきモノも多い。我々はこのシステムでプレーできるが、ボールを持った時にもっと落ち着きが必要。そのためには他の選手たちもいる。組織面では良かったし、イングランドも多くのチャンスは無かった」


フィルジル・ファン・ダイク
「お粗末?ボールを持った時のプレーは確かにね。もっとやれるはずだし、そこを取り組んでいかなければいけない。イングランドはかなりクオリティのあるチーム。だけど僕らは自分たちに目を向けるべき。もっと良くしなければいけないのは明らかだ。僕らはコンパクトにクローズな状態を維持して彼らにチャンスを与えていなかったのに、ああいう失点はウンザリする。攻撃面やボールを持った時のプレーをもっと良くしないといけない」
「自分たちに疑いを持つ理由は無い。相手はイングランドだったんだ。タイセないてを見れば負けるのは災害ではない。僕らには小さなチャンスはいくつかあった。ソケットとしては残念だけど、相手がイングランドだったのは忘れてはいけない」

 

ハンス・ハーテブール
「複雑な気分?デビューできて誇らしい気分が大きいよ。個人的には良かったと思う。チームとしても守備面は良かったけど、ボールを余りに早く失ってしまっていた。それが今夜は致命傷になったけど、システムのせいでもある。数日しか磨く時間が無かったからね。それでは探り探りで調整が上手く整っていないのも仕方ないこと」

 

バス・ドスト
「僕は今日見せたものよりももっとやれる力が自分にはあると思う。Sportingではかなり違う。向こうでは毎日一緒にトレーニングしているし、僕は全てのボールを決めている。だからここでもそれが期待されている。今日はクロスをそれほどもらえなかったけど、それでもチャンスはあったし、あれは決められたはず」
「今日の僕らはボールを追いかけるのにかなりエネルギーを使った。今の僕らは簡単にはいかない段階。そこでできるのはハードワークすることだけだし、実際に僕らはそれをしていた。そこは誰も責められないはず」

 

5-3-2/3-5-2と思いきや、ドストを起用しての3-4-3. スナイデルが抜けて10番をこなせる選手がいないので、直接的にドストに当てたりプロメス&デパイに裏を狙わせた方がチャンスを作れるという狙いでしたが、見事に失敗。前3人はほとんど何もできず、中盤で2人だけで孤立したストロートマンとワィナルドゥムもイングランドの菱形の中盤4人相手にいつも以上に何もできず。両バックを中盤に上げる形の3-4-3を機能させるのはかなり難しいと思いますし、このセレクションでその見込みがあるのかちょっと分からないところ・・・

 

できれば根本的にポジションプレーが良くなってまともなフットボールができるのが理想ですが、しばらくは格上相手にこういう我慢の試合が続くでしょう。