我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

Onder19、ベスト16で敗退(YL: Chelsea-uit)

フェイエノールト Onder19のUEFA Youth Leagueでの見事なキャンペーンは水曜夜に終わりを迎えた。監督 コル・アドリアーンセ、ウルリヒ・ファン・ホッベル、アルノルト・スホルテンのチームはクワルトフィナーレスに到達することはできず、イングランドのトップクラブ Chelseaの同年代が優って5-2で試合に勝利した

 

ロンドンから車で約1時間のAldershotのEBB StadiumでChelsea O19が試合を開始すると、イギリス人たちが1分目から即座に優勢に立ち、アドリアーンセのチームは対抗することができず。Chelseaのプレッシャーは3分で最初のチャンスを作り、鋭いクロスがジュスティン・バイローのゴール前を通過。

 

6分にはロンドンのクラブがネットを揺らす。高いクロスからEthan Ampaduのヘディングがバイローの指先を超えて1-0. Chelseaは先制点後もプレッシャーをかけ続け、フェイエノールトフットボールをすることができず。さらに2分も経たずにスピッツ Daishawn Redanが至近距離からシュートを決めてChelseaが点差を広げた。

 

追い上げのゴール
フェイエノールトは2-0の後は試合の中で良くなっていき、プレッシャーをかわして勇敢にフットボールができるようになると、追い上げのゴールもすぐに生まれた。ヴァウター・ブルヘルがホームチームペナルティエリア内で危険なシーンを作ると、キャプテン ヨルディ・ヴェールマンのパーフェクトなフィニッシュが決まる。ブルヘルはその直後に自らも右過ぎにシュートを狙ったが、ChelseaのGK Bulkaがセーブし、ブルヘルの20mの距離からのFKも同様に阻まれた。

 

追い上げのゴールは時計の針が30分近くなった頃に無効化。Juan Familio-Castillioのクロスが角度が変わり、不運な形でバイローの背後のネットが揺れてChelseaが3-1リードに。フェイエノールトは諦めること無く数回小さなチャンスを作ったが、ルチャレル・ヘールトライダのヘディングがわずかにバーの上を越えるなど決められず。

 

GK交代
HT直前にバイローが負傷しピッチを去るしかないと思われる事態に。担架もすでにピッチに入り、このGKは何とか続行したものの、明らかに苦しそうで痛みが見える様子で前半を終え、フェイエノールトは3-1のビハインドとでロッカールームに戻った。HTにバイローは肋骨の痛みにより続行は無理と分かり、後半は控えGK ヨルディ・ファン・レーウヴェンが出場。

 

後半はフェイエノールトが力強いスタートを切り、シャイク・トゥーレーのシュートがChelseaのDFによってライン上でクリアされる。しかしChelsea陣内でのそのトゥーレーへのファールに線審が旗を揚げるも、主審がそれに目を向けずにプレーを続けさせ、そこからのカウンターから最後はヘールトライダのオウンゴールとなって4-1に。このゴールの後には途中出場 ファン・レーウヴェンがHudson-Odoiのシュートを見事なセーブで防いだ。

 

ハイテンポ
フェイエノールトは殻に閉じこもること無く攻撃を続けたが、明らかにChelseaのハイテンポに苦しみ、すぐに破綻。さらに残り15分を切ってHarvey St. Clairがニアポストで触って5-1に。CKからCB ノア・ルイスのシュートがGK Bulkaを破って5-2. 終了直前にはファン・レーウヴェンがHudon-OdoiのFKに再び見事な反応を見せ、ポストの外側に弾き出した。

 

こうしてAldershotでの試合は5-2で終わり、学ぶものが多かったフェイエノールト Onder19の欧州での戦いは残念ながら終焉となった。

 

Chelsea FC O19 – Feyenoord O19 5-2 (3-1)
Scoreverloop:

6’ 1-0 Ampadu
8’ 2-0 Redan
14’ 2-1 Wehrmann
28’ 3-1 Familio-Castillo
54’ 4-1 Geertruida (e.d.)
77’ 5-1 St. Clair
81’ 5-2 Lewis

 

Scheidsrechter: Reinshreiber (ISR)

 

Opstelling Feyenoord O19: Bijlow (46’ Van Leeuwen); Reith, Lewis, Geertruida, Smeulers; El Bouchataoui, Burger, Wehrmann; Zwarts (63’ Van der Kust), Vente en Touré (76’ Huijgen).

 

Opstelling Chelsea O19: Bulka, James, Ampadu (46’ McCormick), Grant, Castillo, Chalobah, Sterling, Maddox (80’ McEachran), Redan (73’ Gallagher), St. Clair en Hudson-Odoi.

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-onder-19-strijdend-ten-onder-in-achtste-finales

 

コル・アドリアーンセ
「相手のChelseaは多くの流動性、多くのポジションチェンジ、良いポジションプレーがあり、さらにフィジカルもある良いチームだった。彼らは個人個人のクオリティも多く揃っており、実際にそれを見せてもいた。だからこの結果になった」


「すぐに1-0, 2-0にされ、我々は追い上げのゴールを決めて希望を持てたところでまた3-1にされた。HTにいくつか修正したが、それも相手のクオリティ次第でもある。単に彼らの方が良かった」

 


「バイローは肋骨に膝を当てられた。彼は続けようとしたが、我々はそれはしなかった。良い姿勢だが、責任もあるし、それはできない。どの程度の怪我かは様子を見なければいけない」


「この大会は選手たちにとっては素晴らしい学び舎だった。我々は欧州で8試合を行い、そこで逆境を経験し、いつもとは違う準備や道のりも敬虔した。選手たちにとっては大きな敬虔。成長し続けるためにはそういう経験を積んでいかなければいけないんだ」


「どの選手がトップチームに上がるポテンシャルがあるかを言うのは難しい。もちろんそれはトップチーム次第でもある。可能性のある選手たちはいるが、毎日100%の力を出し続けなければいけない。そうすることによってのみ良くなっていくんだ。タレントだけでやろうとすれば失敗する」


https://www.fr12.nl/nieuws/46184-adriaanse-youth-league-was-een-mooie-leerschool.html
https://www.fr-fans.nl/nieuws/34899/adriaanse-realistisch-zij-hebben-zoveel-kwaliteit

 

マラシアがトップチームを離れられなかったりコクチュが出場停止だったりしましたが、普通に相手が強すぎたようでO19の欧州戦はここで終了。せめてホームでやらせてあげたかったですが、まぁしょうがないですね。貴重な経験になったのは間違いなく、このあと一人でも多くトップチームに上がってくれるのを願います。

 

この世代での欧州戦はかなり良い勉強になるのでコンスタントにこの大会を経験できれば良いんですが、それがなかなか難しいところ・・・