我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

第24節結果: ロザーノ一発退場でPSVホーム23連勝ならず。トゥエンテ-スパルタの大一番は引き分けで2pts差のまま

Speelronde 24


vrijdag 16 februari 2018
20:00 VVV-Venlo - FC Groningen 1-1
2' Vito van Crooij 1-0 / 15' Ritsu Doan 1-1

 

VVVはファン・ブルヘンが怪我でファン・クローイを中盤起用し、カステレンとオポクの両バイテン。フェルトワイク問題で揺れたフローニゲンはワルメルダムを外してファン・ニーフが左バックに。

 

開始1分もせずにティのヘディングがわずかに枠を外れて最初のチャンスを作ったVVVが、それからさらに1分もせずにファン・クローイのシュートで先制。ファン・クローイが中盤で躍動し、いつになく攻撃的に前に出てチャンスを作ったVVVだが、バクーナのパスをスペースのドーアンに通されて同点。その後もVVVがいつになく主導権を取ろうとするも、フローニゲンが次第に試合に入って五分五分の展開に。

 

後半は出だしからフローニゲンが主導権を取ると、VVVはカステレンに代えてやんせを投入し、ルテンを中盤に上げてファン・クローイを右サイドに移していつものバランスに。例のごとく待ち構えて守るVVV相手にフローニゲンがチャンスを作れず膠着状態で迎えた終盤、VVVがCKからレースラーのヘディングでポスト直撃、カウンターから途中出場 フンテの決定機をパトがセーブ。ロスタイムにレーマンスのFKもパトがセーブして妥当な引き分け。

 

モーリス・スタイン
「普段とは違う攻撃的戦術を取った理由?フローニゲンがウィンターストップ以降まだ勝ちが無く、苦しんでいるのは分かっていた。彼らを包囲したかったし、それが成功して1-0になったのは嬉しかったが、2点目や3点目も決めていればフローニゲンを粉砕できていただろう。我々はそのチャンスを逃して彼らを試合に戻させてしまった。試合全体を見れば1ptで満足できる。フローニゲンの方が良いプレーだったが、我々の方が良いチャンスはあった。不満は無いよ」

 

エルネスト・ファーベル
「勝てなかったのは悔しいが、特にプレーの仕方で良いモノがたくさん見れた。たくさんボールを持っていたし、これを続けてゴールで報いることができれば試合には勝てる。VVVのスタートが良く、1-0にされた後もかなり苦しんだが、立ち直って終盤までボールをキープできていた。後半は男らしさも増し、16mまでは良いフットボールをしていたが、決定的シーンを作るまでには至れなかった。フットボール面を見れば上昇傾向だったから残念」

 

zaterdag 17 februari 2018
18:30 Vitesse - Excelsior 1-2
2' Luc Castaignos 1-0 / 44' Hicham Faik 1-1 / 66' Mike van Duinen 1-2

 

フィテッセはミアズガが病欠でvdヴェルフが代役。

 

フィテッセの最初の攻撃でカスタイニョスがオムハールでいきなりゴール。前半半ばにブルネットとカシアが競り合いで頭部を激しくぶつけてアウデ・コッテとガルシアにそれぞれ交代のアクシデント。ほとんどチャンスの無かったエクセルシオールもHT直前にファイクのミドルシュートで同点に。

 

後半出だしはリンセンとエルベルスに決定機も、ズワルトフートとパスフェールがどちらも好セーブ。ガルシアの入った左サイドを中心に次第にエクセルシオールが優勢になると、カラーミのパスでエルベルスが抜け出し、最後はダボーのクリアしようと蹴り出したボールが目の前のファン・ダイネンに当たって1-2. 終盤はリンセンも負傷交代したフィテッセが攻撃面の無力さをさらけ出してそのまま終了。

 

エクセルシオールは内容的にも妥当な勝利で、ここまでの計8勝中アウエーで実に6勝。

 

ヘンク・フレーザー
「実際フットボールの全ての面でエクセルシオールの方が良かった。2-1は我々のプレーを示している結果。それ自体はそれほど悲しいことではないが、笑うしか無い。我々は自分たちが優っていると傲慢になることが多い。多くのクラブがここの勝ち点を盗みに来るせいでもあるが、今日の後半は戦術面でも技術面でも、そして情熱と気迫の面でも圧倒されていた。順位表に目を向けてもこの結果はフラストレーションだし、大きな失望」

 

19:45 PSV - sc Heerenveen 2-2
34' Santiago Arias 1-0 / 43' Luuk de Jong 2-0 / 56' Stijn Schaars 2-1 / 82' Reza Ghoochannejhad 2-2
Rood: 45' Hirving Lozano

 

PSVはスタメン変わらず。ヘーレンフェーンはコバヤシをベンチに置いてフラップがスタメン。怪我のブルトハイスの代役はヴァウデンベルフ。

 

お互い低調で盛り上がりに欠けた前半、30分過ぎにCKからアリアスがニアで合わせて先制すると、HT直前にはピーリの致命的ミスからデ・ヨングが楽々2点目。

 

あっさり試合をコントロールできる状況になったPSVだが、後半出だしにロザーノの振った腕がヴァウデンベルフの顔面に当たるとヒフラーが直接レッドカード判定。ロザーノはヘーレンフェーン-uitに続いての一発退場。引いて構えるPSVに対しヘーレンフェーンが攻勢をかけると、CKから後方にいたスハールスのシュートで2-1. さらにアリアスがペナルティエリア内でホーチャネヤドを倒してPK判定もオフサイドで命拾い。フェールマンを前線に加えてさらに攻めるヘーレンフェーンに対してPSVはルカッセンをエクストラDFとして投入。残り10分でホーチャネヤドがゴール前 頭で受けて高く上がったボールをズートが処理できず、そのままホーチャネヤドが決めて同点。残り時間でPSVが勝ち越しを狙ったが、セットプレーでハンセンがポストに助けられながらゴールを死守してそのまま引き分け。

 

PSVはホーム連勝記録が22で遂にストップして次節デ・カイプへ。

 

フィリップ・コクー
「ロザーノに殴る意図は無かったと100%確信している。彼はターンしようとしていたのであり、引っ張られてもいた。彼の手が当たったのはヴァウデンベルフの首。顔では無い。ロザーノに怒っているということは全く無いよ。レッドカードは重い罰だ。さらにそれで我々の2ptsも犠牲になってしまった。まぁ主審が決めること。我々は10人で試合をモノにしようとしたが残念ながら上手く行かなかった。不必要な引き分け。レッドカードまで何の問題も無かったからね」

 

ユルヘン・ストレペル
「モラル・ウィナーかどうかは分からないが、我々は上手くやった。PSVがそれを許してくれることも多いが、非常に攻撃的なプレーができたのはとても満足。ロザーノへのカードが試合のターニングポイントだったのは誰が見ても分かるが、あれは我々がさせたものと私は思っている。PSVの人々の怒りも理解できるがね。最終的には我々はピッチにDFがたった1人だけだった。我々が攻撃的なフットボールができるチームなのはみんな知っているし、今日はそれを見せることができたと思う。勝利で報いることができなかったのは残念」

 

デニス・ヒフラー
「後方に向けて叩く動きは見えたので私の第1印象はレッドカードだった。かなり良く見えていたし、線審もすぐに『ロート、ロート、ロート』と言ってきた。だから我々にとってはかなり早く明確になった判定。ほとんど迷いは無かった。我々が望むのはこういう叩く動きをフットボールから無くしたいということ。だが映像、特にスローモーションを見て疑問を持つ人がいるのも理解はできるよ」

 

19:45 NAC Breda - AZ 1-3
32' Alireza Jahanbakhsh 0-1 / 47' Guus Til 0-2 / 52' Mats Seuntjens 0-3 / 85' Umar Sadiq 1-3

 

NACは出場停止のマリに代わってバルト・マイヤースがCB。AZは怪我の癒えたイドリシがスタメン復帰し、病欠のコープマイネルスの代役はスーンチェンス。

 

出だしにテ・フレーデがフリーになって大チャンスもビゾットがセーブ。そのシーン以外圧倒して良いフットボールから数回チャンスを作っていたAZは30分過ぎにヤハンバクシュのシュートで先制。

 

後半NACが前にプレッシャーを掛けようとするも、AZが楽々それをかわしてカウンターからティルのシュートで0-2. さらにスーンチェンスの角度が変わったミドルシュートで勝負あり。終盤途中出場のウマールが長期離脱明けのフラールに競り勝って1-3とし、さらにマヌ・ガルシアがペナルティエリア内で競り合いで倒されるもカンプハイスがノーファール判定で怒ったサポーターがピッチに侵入。ロスタイムにはウマールがバー直撃とドタバタしつつAZが逃げ切って勝利。

 

スタイン・フレーフェン
「今日はAZが相応しい勝利だった。圧倒的に支配されて我々は苦しんだ。最初の15分間はかなり満足していたが、それを維持することができなかった。もっと自信があればもしかしたらもっと抵抗できたかもしれないが、HT明け直後の2つのアンラッキーな失点で試合は決まったように見えた。AZはエールディヴィジで最も支配的なチームであり、今夜の我々のプレーでは彼らを苦しめることはできなかった。ただ0-2ですぐやる気を無くしてしまったのは不満。1-3になってから信じる気持ちが戻った。我々は決して諦めてはならないし、毎試合行けるところまで行かなければいけない」

 

ジョン・ファン・デン・ブロム
「普段ならとてつもなく騒がしくなるこのスタディオンで、かなり早く静かにさせることができたなら誇って良い。我々はボールを持ち続け、かなり多くのチャンスを作り、決めるべき時にゴールを決めた。チームとしてもの凄く成長しているし、11人以上いることも重要。テウンが欠けてもマッツが素晴らしい試合をしてくれた。マッツはどこでもプレーできるし、監督にとっては理想的な選手」

 

20:45 ADO Den Haag - Willem II 2-1
40' Fran Sol 0-1 / 69' Bjørn Johnsen 1-1 / 90'+2' Abdenasser El Khayati (str.) 2-1

 

ADOはファルケンブルフがスタメン復帰。ヴィレムIIはADOからレンタル中のマイスネルが普通にスタメン、リーンストラが病欠でエーノが代役。

 

出だしから競り合いの強さを見せて大攻勢のADOが次々にチャンスを作ったが、エル・カヤティが枠を捉えられず、インマルスのベストチャンスもブランデルホルストがセーブ。すると前半終盤にFKからソルが決めてワンチャンスで0-1.

 

後半もADOが主導権を取りつつヴィレムIIの守備を崩せずに苦しい時間が続いたが、70分直前に切れの良い動きを見せていたエル・カヤティのクロスにジョンセンがマイスネルに競り勝って同点。さらにロスタイムにチミカスがペナルティエリア内でインマルスを引き倒す愚かなファールに当然のPK判定で決勝点。

 

好調のADOは7位フィテッセに2pts差に迫る。

 

エルヴィン・ファン・デ・ローイ
「信じられないほど愚かなファール。あそこで絶対にファールをしてはならないというのは学ぶ必要も無い」
「1-1のゴールではジョンセンがマイスネルにファールを犯したのを主審が見逃した。それはジョンセンも試合後に認めている」

 

zondag 18 februari 2018

12:30 Roda JC Kerkrade - FC Utrecht 1-4

13' Sander van de Streek 0-1 / 57' van der Maarel 0-2 / 63' Sander van de Streek 0-3 / 83' Jorn Vancamp 1-3 / 90' Zakaria Labyad 1-4


アフディヤイが負傷離脱のローダはシャヒンがセントルムスピッツユトレヒトは入れ替え無し。


10分過ぎにクリヒのパスでオフサイドラインぎりぎりのvdストレークが飛び出し、浮かせたシュートはバーの下を叩いてゴールライン上に跳ね、ユルユスが掻き出すもゴール判定で0-1. その後もユトレヒトが主導権を取ろうとするも、次第に雑になってローダも数回ゴールに迫る展開。前半終盤にストリーデルが負傷してエマヌエルソンと交代。
後半もお互いプレーレベルが上がらなかったが、ラビアトとアユプの連携からリバウンドをvdマーレルが決めて0-2. さらにクリフのパスからvdストレークが簡単に決めて勝負あり。


ローダは来週からヴィレムII-uit, ヘラクレス-thuis, スパルタ-thuis, NAC-uitと重要な4週間。


ロベルト・モレナール

「5DFの選択が完全に裏目に出た。ボールに全くプレッシャーをかけられず、自分たちは最終ライに6人が並ぶこともあった。全てのラインでボールにプレッシャーを掛けることができず、ほとんど力を出せなかったし、相手のDFにあれだけ簡単に抜かれることはあってはならないこと」


ジャン・パウル・デ・ヨング

「この試合の入り方を見れば正に我々の望み通り。チャンスを得たらすぐに決めようとチームに言っていたんだ。早い時間の先制すれば試合は簡単になる。相手のラインのハイドのスペースを使い、ラインの間に入り込むことができた。さらにローダが我々にプレッシャーを掛けるのがほとんど不可能な状態にしていた。ただ前半のうちに0-2にできなかったのは我々が安易にやり過ぎたせい。だからHTに『0-2にするまで前にプレッシャーをかけ続けろ』と言った。すぐに効果が出たのは素晴らしいこと」


14:30 Feyenoord - Heracles Almelo 1-0

59' Robin van Persie 1-0


フェイエノールトはシン・ジュステとハプスが怪我、マラシアが出場停止でニューコープとディクスの両バック。中盤はトールンストラを外してファン・ペルシが帰還後初スタメン。バサチコグルが出場停止で左バイテンはボエチウス。ヘラクレスはニーマイヤーを外してファン・オーイェンを起用。


10分にヘラクレスのスルーパスが通ってクヴァスが突然ジョーンスを1対1もベストチャンスを決められず。シャープさに欠けるフェイエノールトがボールを持つも低調なプレーでほとんどチャンスを作れず、特にベルフハイスとボエチウスが全く試合に入れずに前半終了。


後半フェイエノールトが勢い良くスタートするもプレーレベルは上がらず、ペーターソンがミドルシュートでバー直撃ど依然としてヘラクレスにもチャンスがある展開。スタンドからブーイングも度々起きる中、ファン・ペルシがミドルシュートをゴール左隅に決めて先制。70分にはベルフハイスのパスからヨルゲンセンにベストチャンスもカストロがセーブ。ファン・ペルシが交代した後もフェイエノールトが問題無くコントロールし、ヘラクレスは終了直前にエクストラスピッツラドンが決定機を得るも枠外に外してそのまま終了。


フェイエノールトは低調な試合も随所に別格のクオリティを見せたファン・ペルシのゴールで勝利。


ジョン・ステーヘマン

「我々は良いプレーだったし、それには満足している。チャンスを逃しただけでなく、一瞬のたるんだ守備が致命的になった。まず第一にクリアがしっかりできていなかったこと、そしてそこからミスを修正するチャンスも逃し、そこからファン・ペルシに上手く決められた。だが繰り返すが、全体的に我々はとても良いプレーだった。ボールを持った時に良く、とても落ち着いていたし、セカンドボールもかなり取れていた。あだフィニッシュでもっと正確さを見せなければいけなかった。普通なら我々は簡単にゴールを決めるチームだが、今日は違った。時々フィニッシュで急ぎすぎてしまっていた」


14:30 FC Twente - Sparta Rotterdam 1-1

62' Fred Friday 0-1 / 85' Haris Vuckic 1-1

 

トゥエンテはアサイディが依然不在で入れ替え無し。スパルタは新加入クラーメルがベンチに座ってボローニョ、フライデー、ドス・サントスの前線。


2pts差の17位対18位直接対決。前半トゥエンテが圧倒的優勢に立って前にプレッシャーをかけ続けるも、大きなチャンスを作れず、マヘル、ティガドゥイニらがハーフチャンスを逃す。逆に自陣ペナルティエリア内ではクエヴァスの手にボールが当たるも主審 ファン・ブーケルがノーハンド判定。


スパルタはHTにボローニョとドス・サントスに変えてフロラーヌスとデビューのクラーメルを投入。後半もトゥエンテ優勢の展開は変わらないものの、中盤に下がったクラーメルのパスを受けたフライデーが決めてワンチャンスで先制。明らかにショックが大きいトゥエンテが立て直せず迎えた終盤、CKからゴール前でこぼれ球を競ったフスキッチが倒れながら反転シュートで同点に。さらにロスタイム4分目にホラが強烈なミドルシュートもバーを叩いて引き分け。


トゥエンテはスパルタとの2pts差を守るも、ホーム8試合連続勝利無しとクラブワースト記録を更新。スパルタはヘッケンスライターのまま残り10試合。


ヘルジャン・フェルベーク

「相手が枠内シュート1本だけなら、我々はそれほど間違ったことはしていないということ。私がチームを責められる唯一の点は、その唯一のシュートがゴールになったことだ。前半の我々はこの試合に勝つために全力を尽くしていた。優勢だったが、最終的には引き分けで喜ばなければいけない」「お互いのペナルティエリアに向けてロングボールを蹴り合う、チャンピョンシップの平均的試合のようだった。我々はビハインドを背負っていたからそうせざるを得なかったということもある。我々はペナルティエリア内で多くのゴールを決めているし、そのためにホーイフェルトも入れたが、我々はPV戦でも同じ事をしていたからスパルタも学んで上手く解答を出していた。1-1は正当な結果と言う他無い」「(5-3-2への否定的質問に)我々は3人で組み立てをしているし、ほぼ常に2人、3人、4人で守っている。君には違うように見えるのか?君のためにもう一度説明しよう。我々やり方ではクエヴァスは左サイドに固定されずにプレーし、イェンセンが左バック、ラムが左セントラール、バイエンが右セントラールでプレーしている。つまり我々はback対backでプレッシャーを掛けているんだ。相手のバックが攻撃的志向ならテル・アーヴェストがそれを掴まえてクエヴァスが下がる」


ディック・アドフォカート

「トゥエンテが支配していたのは明らかだが、彼らが多くのオープンチャンスを作ったとは思わない。彼らが危険だったのはハイボールでのプレーだけで、結局そこからゴールが決まってしまった。残念だ。今日は私がスパルタに来て以来最悪の試合。前半は相手を追いかけるだけだった。FW3人でプレーしていたが、前線までボールが行かなかった。HTにやり方を変えてより息が吸えるようになった。HTにまだ0-0でとても嬉しかったよ」「結果の面では我々は間違いなく良くやった。アヤックスはここで負けたが、我々は1pt獲った。これに磨きを掛ければ多分こういう試合で一度勝つこともできるだろう。ただ今日は勝利には相応しく無かったがね」


16:45 PEC Zwolle - Ajax 0-154' 0-1


アヤックスのプレッシャーをかわせず、ほとんど主導権を取れずに終始圧倒されたPEC. 相手が決定機を逃し続けて終盤まで試合になったが、オンダーンのクロスにゴール前誰も触れず、ロスタイムの反撃も届かずに妥当な敗戦。


Stand

1 PSV 24 (20 2 2) 62-25 +37 62pt

2 Ajax 24 (18 3 3) 66-21 +45 57pt

3 AZ 24 (15 5 4) 46-23 +23 50pt

4 Feyenoord 24 (12 6 6) 46-24 +22 42pt

5 FC Utrecht 24 (11 8 5) 38-34 +4 41pt

6 PEC Zwolle 24 (11 6 7) 32-32 0 39pt

7 Vitesse 24 (10 7 7) 40-28 +12 37pt

8 ADO Den Haag 24 (10 5 9) 31-34 -3 35pt

9 SC Heerenveen 24 (8 8 8) 34-38 -4 32pt

10 VVV-Venlo 24 (7 10 7) 26-31 -5 31pt

11 Excelsior 24 (8 5 11) 29-35 -6 29pt

12 Heracles Almelo 24 (7 6 11) 33-50 -17 27pt

13 FC Groningen 24 (5 9 10) 35-40 -5 24pt

14 Willem II 24 (5 5 14) 32-47 -15 20pt

15 NAC Breda 24 (5 5 14) 28-44 -16 20pt

16 FC Twente 24 (4 5 15) 27-44 -17 17pt

17 Roda JC Kerkrade 24 (4 5 15) 26-53 -27 17pt

18 Sparta Rotterdam 24 (3 6 15) 19-47 -28 15pt


Topscorers

1. Hirving Lozano (PSV) 13 (0)

2. Steven Berghuis (Feyenoord) 12 (0)

3. Alireza Jahanbakhsh (AZ) 11 (4)

4. Fran Sol (Willem II) 10 (0)

Klaas Jan Huntelaar (Ajax) 10 (0)

Bjørn Johnsen (ADO Den Haag) 10 (0)

Zakaria Labyad (FC Utrecht) 10 (1)

Marco van Ginkel (PSV) 10 (6)

Wout Weghorst (AZ) 10 (2)

10. David Neres (Ajax) 9 (0)

Luuk de Jong (PSV) 9 (0)

Bryan Linssen (Vitesse) 9 (0)

Jürgen Locadia (PSV) 9 (1)

Tim Matavž (Vitesse) 9 (2)

Bartholomew Ogbeche (Willem II) 9 (0)

Mustafa Saymak (PEC Zwolle) 9 (1)

Lasse Schöne (Ajax) 9 (4)

Donny van de Beek (Ajax) 9 (0)


Assists

1. David Neres (Ajax) 10

2. Brandley Kuwas (Heracles Almelo) 9

3. Steven Berghuis (Feyenoord) 8

Alireza Jahanbakhsh (AZ) 8

Hakim Ziyech (Ajax) 8

6. Frenkie de Jong (Ajax) 7

Nasser el Khayati (ADO Den Haag) 7

Zakaria Labyad (FC Utrecht) 7

Hirving Lozano (PSV) 7

10. Sheraldo Becker (ADO Den Haag) 6

Jesper Drost (FC Groningen) 6

Denzel Dumfries (sc Heerenveen) 6

13. Luuk de Jong (PSV) 5

Sam Larsson (Feyenoord) 5

Lennart Thy (VVV-Venlo) 5

Jens Toornstra (Feyenoord) 5