我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

第20節結果: スパルタ8連敗。「クソ溜のようなフットボール」のPSVが7pts差コップローパー

Speelronde 20

 

vrijdag 26 januari 2018
20:00 sc Heerenveen - Sparta Rotterdam 2-1
3' Jeffrey Chabot 0-1 / 15' Reza Ghoochannejhad 1-1 / 65' Denzel Dumfries 2-1

 

ヘーレンフェーンはホーチャネヤドがスタメンに復帰してフェールマがベンチに。スパルタはコルトスミットが怪我でニーンハイスが代役。アルハフトに代えてグッドウィンがスタメンに入り、新加入 ドス・サントスがベンチ入り。

 

久々に勢いのある出だしで攻撃に出たヘーレンフェーンがいきなりホーチャネヤドにベストチャンスも決められず、直後に例のごとくCKからシャボットをフリーにして失点。堅く引いて守ってコントロールしようとしたスパルタだが、15分に4対2のカウンターを受ける組織のミスで同点に。ホーチャネヤドは865分ぶりのゴール。

 

その後はスパルタの守備の前にヘーレンフェーンが決定機を作れず時間が経過したが、後半に高い位置でボールを受けたドゥムフリースにマークに付いていた途中出場 ドス・サントスが全く競り合えずにあっさりとかわされ、そのまま角度の無いところからのシュートでニーンハイスがニアを破られて2-1. スパルタはロスタイムにサヌーシが決定的シュートチャンスも枠に飛ばせず終了。

 

スパルタはアドフォカートが就任も年明け全て接戦で3連敗、通算で8連敗のクラブ記録に並ぶ。

 

ユルヘン・ストレペル
「良いスタートだったのは確かだし、1分半で先制しなければいけなかっただろう。その直後にカウンターを受けて失点したが、幸いにも前半の内に十分チャンスを作って得点もできた。ただもっと我々のポジションでプレーしていればもっと早くスパルタを破壊できた」

 

ディック・アドフォカート
「ゴールを決めるのが難しいのは分かっているし、なぜ1-1のシーンであれだけ多くの人間がボールの前に行ってしまったのか私には謎だ。そこからの選手たちの戻り方も理解できない。0-1リードを奪ったならDF陣はしっかり後ろに残っていなければいけない。我々のシュートを見ても・・・どこに問題があるのか分からない。集中力か?シャープさか?」

 

zaterdag 27 januari 2018
18:30 FC Groningen - Heracles Almelo 3-3
28' Tom van Weert 1-0 / 34' Jamiro Monteiro 1-1 / 45+1' Jesper Drost 2-1 / 45+2' Mimoun Mahi 3-1 / 63' Vincent Vermeij 3-2 / 78' Robin Pröpper 3-3

 

フローニゲンは先週に続いてライス、トムvdローイの中盤で前線はファン・ヴェールトとマヒー。ヘラクレスはニーマイヤーが病欠でファン・オーイェンが代役。クヴァスをベンチに置いてダリがスタメンに。

 

前半優勢に数回チャンスを作ったフローニゲンがファン・ヴェールトのゴールで先制。しかしヘラクレスもセットプレーの変化からモンテイロがワンチャンスをあっさり決めて同点にし、次第に粘りを増して五分五分の展開に持ち込んだが、HT直前にファン・ヴェールトとマヒーの個人技からカストロが弾いたボールをドロストが蹴り込んで2-1. さらにフローニゲンが中盤モンテイロからボールを奪ってのカウンターであっという間に3-1にしてHT.

 

ヘラクレスはHTにダリとモンテイロに代えてフラドンとクヴァスを投入と攻撃的にカードを切ると、60分過ぎにクヴァスのパスからフェルマイのシュートで3-2. さらにプロッペルのクロスがファーポスト内側を叩いてそのままゴールで引き分け。

 

ロビン・プロッペル
「狙ったシュートかって?あれはどうしようもないクロスだったけど、運良くゴールに入ってくれた。本当に普通にクロスを上げたかったんだけど、ああやって入れば美しいというだけ。僕がこれまで決めた最も美しいゴールだ。実際あれを自分の最も美しいゴールにしなければいけないのはスキャンダラスだけど、とても嬉しいよ」

 

エルネスト・ファーベル
「我々にとっては大きな失望の結果。素晴らしい前半で正当なリードも得た。HTにもう一度約束事を確認したし、何の問題も無かったんだ。相手が1対1でのプレーを始めて我々にとってはDFラインの背後にもっとスペースができたが、チーム内に不安が広まってあまりに下がってしまった。どこからそれが生まれたのか分からない。まだ攻撃的な交代策もしたし、勝てる可能性もまだあった。1ptというこの結果はとてもガッカリ、。多くのスペクタクルがある試合だったが、これは間違ったスペクタクル」

 

ジョン・ステーヘマン
「前半の我々のプレーには本当に腹が立った。信じられないほど多くのミスを犯し、実際ごく短い時間で試合を無駄にしてしまった。後半はよりオポチュニスティックにプレーし、2つの交代で多少フットボールを修正した。後半のプレーには満足しているし、闘争心のあるヘラクレスが見れた。次は90分間それが見たいよ。そうすれば一度勝つことができるだろう。しかし今夜は1ptで嬉しい」

 

19:45 FC Twente - PSV 0-2
4' Hirving Lozano 0-1 / 90' Santiago Arias 0-2

 

トゥエンテは先週に続いてマヘルがスタメン、エル・ハムダウィもベンチ入り。PSVはファン・ヒンケルが出場停止からスタメン復帰。

 

PSVの最初の攻撃でベルフワインのクロスにドロメルが触れずあっさり0-1. その後は低調なフットボールのトゥエンテ相手にPSVが例のごとくローテンポでボールを持ちつつ試合をコントロールして時間が経過。トゥエンテは前半半ばにアサイディの強烈なミドルシュートで初チャンスもズートがセーブ。

 

後半は完全にトゥエンテが主導権を取り、アサイディを中心に数回良いチャンスを作るも決められず。残り30分を切ってエル・ハムダウィを投入。数分後にエル・ハムダウィにフリーでシュートチャンスも枠に飛ばせず。PSVはベルフワインに代えてルカッセンと例のごとく守備的な交代策、対してトゥエンテはクエヴァスに代えてティガドゥイニとさらに攻撃的にカードを切るも、終盤はチャンスを作れなくなり、PSVも抜け出したヘンドリクスががら空きのゴールの枠内に飛ばせず。結局ロスタイム直前にカウンターからアリアスが決めて勝負あり。

 

トゥエンテは5試合ぶりの敗戦。PSVは今週もかなり低調ながら再び終了直前のゴールで4連勝。

 

ヘルジャン・フェルベーク
「我々はかなり上手く試合に入っていたと思う。PSVペナルティエリアに釘付けにできていたが、彼らは伊達に首位にはいない。そこから墓穴を掘ってしまった」
PSVもかなり臆病なのは誰が見ても明らかだった。1分目から彼らはDFラインでボールを回し、センターラインを超えてドリブルすることも無かった。だからプレッシャーを掛けるのに我々は多くのエネルギーを使ってしまった?それこそ正に彼らの狙い。彼らはカンピューン、我々はほとんど最下位だ。彼らは後半には完全に下がり、最後はDF6人にまでなった。批判が多くても仕方ない。クソ溜のようなフットボールなのだから。見る価値は無いし、私は先週もすでに見た。私はむしろアヤックスやAZのフットボールを見たい。まぁいい。彼らは笑ってバスに乗り込むだろう。それは理解もできる」

 

ウサマ・アサイディ
「誰に対してだったか分からないけど、ピッチ上で『おまえたちのプレーは本当にドイツ人みたいだ』と言ったよ。こういう勝ち方で彼らは嬉しいんだろう。でも決して僕が好きなプレーじゃ無い。PSVは臆病なフットボールをしていると思う。前半は僕らもあまりやれなかったけど、コンスタントでは無くても攻撃的なプレーはできていたし、後半はよりガッツを示し、もっと良い結果を得ることはできたはずだった。最低でも1ptには相応しかったはず。最後には彼らはほとんどDF6人でプレーしていた。PSVに相応しく無いよ。とても臆病。終盤僕らは何とかして同点にしようとし、それによって彼らはチャンスを得た。僕らを眠ったままなだめようとし、それからカウンターを仕掛ける、それがPSVフットボールのやり方だ」

 

フィリップ・コクー
「我々は試合を早く決めることに失敗した。もちろん全てのチャンスが決まるわけでは無いが、2点目を決めるまであまりに長く掛かってしまった。それはトゥエンテがよりリスクを冒してきた後半にもろに影響してしまった。結果として押し込まれてしまった。問題無く勝ちはしたが、別の結果になってもおかしくなかった」

 

19:45 PEC Zwolle - Vitesse 1-2
30' Bryan Linssen 0-1 / 58' Younes Namli 1-1 / 75' Mason Mount 1-2

 

PECは苦手のフィテッセ相手に今シーズンホーム2敗目。

 

20:45 NAC Breda - VVV-Venlo 0-1
73' Lennart Thy 0-1

 

前半NACがやや優勢もほとんどチャンスを作れず、後半はVVVのカウンターからチャンスが続くと、ロングボールの流れからスーンチェンスが落としたボールを好調のティが蹴り込んで先制。NACにもその前にFKからフルートに大チャンスがあったがウネスタールとポストに阻まれ、終盤もゴールに近づくことができずにそのまま終了。

 

VVVはエールディヴィジで1978年以来史上2回目のNAC-uitでの勝利。

 

zondag 28 januari 2018

12:30 FC Utrecht - Ajax 0-0

Rood: 90+1' Lukas Görtler (2xGeel)


ユトレヒトはvdメールの怪我でトゥルペーとvdマーレルの両バック。vdストレークをベンチに置いてゲルトラーをスタメン起用。


ハルヘンワールトに戻ったテン・ハフに対して試合開始と共に大歓声のJPデ・ヨングコールを響かせるユトレヒト・サポーター。相変わらず悲劇的なピッチでユトレヒトが積極的に競り合いを仕掛けてファイティング・フットボールでファールの応酬に。特にゲルトラーはタリアフィコへの悪質なファールで一発退場相当もマッケリーと近くで見ていた線審が見逃し。


後半も同じ展開でユトレヒトの攻撃の時間が増えるも、お互いに決定的シーンは無いまま終盤へ。クライベルのシュートとツィエクのFKを両GKがセーブ。80分過ぎにアヤックスのCKからダヴィド・イェンセンがボールをこぼすも最後はストリーデルがライン上でブロック。90分直前にはシェーネのFKをイェンセンがあわや後逸も何とかキャッチ。ロスタイムにはベンチに下がっていたゲルトラーが2枚目を受けて退場となり、そのまま終了。


ユトレヒトはJPデ・ヨングが監督に就任しての年明け3試合でAZ、フェイエノールトアヤックス相手に3分けとハードな対戦で負け無し。


ジャン・パウル・デ・ヨング

「チームを誇りに思うが、個人個人が最終的に全体の勝利に繋げられなかったのが残念。ただ今日のサポーターは本当に12人目だった。最後まで我々を支えてくれた」

「ハードワークは賞賛するが、リスペクトとスポーツマンシップが第1。強くなければいけないが、スマートでもなければいけない。ゲルトラーはレッドカードを受けてもおかしくなかった」

「AZ、フェイエノールトアヤックスの3試合で3ptsは満足できるし、我々はとても規律良く守れている。前線でもっとやれていないのが残念。ただそれが相応しい結果でも無かっただろう」

 

14:30 Feyenoord - ADO Den Haag 3-1

55' Tonny Vilhena 1-0 / 68' Steven Berghuis 2-0 / 71' Lex Immers 2-1 / 80' Jens Toornstra 3-1


フェイエノールトはシン・ジュステとアムラバトに代えてニューコープとトールンストラがスタメン。ヨルゲンセンも出場停止から復帰。


年明け初のホームゲームでエネルギッシュに試合に入ったフェイエノールトが主導権を取り、次第に連携も取れてゴールに迫ると、25分にトールンストラのパスからヨルゲンセンに決定機もポスト直撃。その後はHTに向けて次第に不安定で低調になっていったフェイエノールトにスタンドからブーイング。


後半もフェイエノールトが主導権を取りつつADOもセットプレーのチャンスが増えたが、ベルフハイスのクロスをフィレーナが頭であわせてようやく先制。残り30分でファン・ペルシがアップを初めて大歓声が起き、CKの流れからベルフハイスが蹴り込んで2点差とするも、数分後にCKの流れからインマルスも蹴り込んで2-1. さらにベッケルに2回の決定的シュートチャンスも枠外とジョーンスのセーブ。緊張感が高まった残り10分、カウンターからトールンストラが決めて勝負あり。トールンストラは遂にエールディヴィジでの連続20得点を全てホームで決めるエールディヴィジ新記録。残り10分でファン・ペルシが登場して大歓声の中でデ・カイプへ帰還。


フェイエノールトは得失点差でPECを抜いて4位。


アルフォンス・フルーネンダイク

「我々が最後のステップを踏みたいなら、トップクラブ相手にも結果を得られると信じる気持ちをもっと持たなければいけないし、私がスタッフと共に信じる気持ちをグループに植え付けなければいけない。そうでなければこういう試合に不必要に負け続けるだろう。もっと良い結果を得られた」「3-1で試合が終わってしまい、ファン・ペルシが観客への挨拶で出てくることができた。素晴らしいシーンだったが、彼の投入がかなり遅かったのが十分物語っている」


14:30 Roda JC Kerkrade - Excelsior 2-1

16' Milan Massop 0-1 / 45' Jorn Vancamp 1-1 / 51' Dani Schahin 2-1


ローダがヘッケンスライター スパルタに4pts差を付けて直接降格回避に前進。

 

16:45 Willem II - AZ 0-2

6' Mats Seuntjens 0-1 / 14' Alireza Jahanbakhsh 0-2


ヴィレムIIはvdリンデンが3CBに加わり、ハイエをベンチに置いてアザウィが代役。AZはヘルマーに代えて新加入 イドリシが初スタメン、出場停止のヴェフホルストにとスーンチェンスがスピッツに。


出だしにヤハンバクシュのスルーパスでスーンチェンスが綺麗に裏を取って0-1. さらに速攻からヤハンバクシュが抜け出して早々に2点差とし、その後もAZがヴィレムIIの守備陣相手に決定的チャンスを何度も作る展開。ヴィレムIIもHT直前にCKからオフベチェのヘディングでゴールに思われたが、ライン上に立っていたスーンチェンスが上半身でブロックしてラインを割ったとは認められず。


後半もAZがチャンスを作っては追加点を決められず、ヴィレムIIは残り30分でイエローカードを貰っていたオフベチェを下げてスタンドから大ブーイング。AZは最後まで優勢に試合をコントロールし、終盤は新加入 ミハリクとヨングからドライフをトップチームデビューさせつつ勝利。


ヴィレムIIは16位ローダに2pts差に詰められ、AZはアヤックスと3pts差に詰める。


エルヴィン・ファン・デ・ローイ

「オフベチェの交代に『辞めろ』コールが聞こえたか?もちろん、私はつんぼでは無いからね。決して面白くは無いが、ファンの気持ちは理解できる。彼らはこの試合にガッカリしていた。我々も全員ガッカリしている。私が4日前に来シーズン ヴィレムIIに残らないと言ったし、それが悪い組み合わせになった結果、ああいう言葉になって出てきたんだろう」


ジョン・ファン・デン・ブロム

「かなり圧倒するAZが見れた。もっとゴールを決めることがきたはずだが、監督としては常に何かしらぶつぶつ言いたいことはあるもの。ただこれでアヤックスに手が届く差になったし、素晴らしいプレーをして、結果も出ていればこれ以上は無いよ」


Stand

1 PSV 20 (17 1 2) 53-22 +31 52pt

2 Ajax 20 (14 3 3) 56-17 +39 45pt

3 AZ 20 (13 3 4) 37-20 +17 42pt

4 Feyenoord 20 (10 6 4) 41-20 +21 36pt

5 PEC Zwolle 20 (10 6 4) 28-23 +5 36pt

6 Vitesse 20 (8 7 5) 34-24 +10 31pt

7 FC Utrecht 20 (8 7 5) 29-30 -1 31pt

8 SC Heerenveen 20 (7 6 7) 28-32 -4 27pt

9 ADO Den Haag 20 (8 3 9) 27-32 -5 27pt

10 VVV-Venlo 20 (6 8 6) 24-27 -3 26pt

11 Excelsior 20 (7 3 10) 25-31 -6 24pt

12 Heracles Almelo 20 (6 5 9) 30-42 -12 23pt

13 FC Groningen 20 (5 7 8) 34-34 0 22pt

14 Willem II 20 (4 5 11) 28-43 -15 17pt

15 FC Twente 20 (4 4 12) 25-36 -11 16pt

16 NAC Breda 20 (4 4 12) 20-37 -17 16pt

17 Roda JC Kerkrade 20 (4 3 13) 20-42 -22 15pt

18 Sparta Rotterdam 20 (2 5 13) 16-43 -27 11pt


Topscorers

1. Steven Berghuis (Feyenoord) 12 (0)

Hirving Lozano (PSV) 12 (0)

3. Marco van Ginkel (PSV) 10 (6)

4. Fran Sol (Willem II) 9 (0)

Jürgen Locadia (PSV) 9 (1)

Tim Matavž Slovenië (Vitesse) 9 (2)

7. David Neres (Ajax) 8 (0)

Alireza Jahanbakhsh (AZ) 8 (3)

Bjørn Johnsen (ADO Den Haag) 8 (0)

Bartholomew Ogbeche (Willem II) 8 (0)

Lasse Schöne (Ajax) 8 (3)

Wout Weghorst (AZ) 8 (2)


Assists

1. David Neres (Ajax) 9

2. Brandley Kuwas (Heracles Almelo) 8

Hakim Ziyech (Ajax) 8

4. Frenkie de Jong (Ajax) 7

Alireza Jahanbakhsh (AZ) 7

6. Sheraldo Becker (ADO Den Haag) 6

Steven Berghuis (Feyenoord) 6

Jesper Drost (FC Groningen) 6

9. Denzel Dumfries (sc Heerenveen) 5

Nasser el Khayati (ADO Den Haag) 5

Zakaria Labyad (FC Utrecht) 5

Sam Larsson (Feyenoord) 5

Jens Toornstra (Feyenoord) 5