我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ファンを寒さの中で立たせておくのが「プロフェッショナル」か

ロビン・ファン・ペルシが月曜にフェイエノールトのトレーニングに初めて参加したが、サポーターファルケノールトのメインピッチからは10数m離れたところに立ち、目をこらしながら遠くの様子を見守り、フェンス越しにズームレンズで写真を撮りながらうろつくしかなかった。

 

フェイエノールトの人々はこれが「プロフェッショナル」だと思っている。監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストはドアを閉ざしてトレーニングする際は常に自身のArsenalとFC Barcelona時代に言及するのを好み、そこではみんながそれは普通のことだと考えており、慣れの問題だと話す。選手たちものぞき回る人々がいない方が「好ましい」と思っている。

 

非公開でトレーニングをするのが2018年に「トップスポーツ環境」と同じ意味で呼ばれているんだ。

 

ある水準では全く理解できることではある。フットボールフットボール選手への関心はこの数10年間で爆発的に高まり、トップではあらゆるディテールが決め手になり得る。今日では全てがtwitterでつぶやかれたり、新聞に載り、ほとんど被害妄想にもなる。

プロフェッショナルなフットボールクラブで働く全ての人々が、「フットボール」が何よりも優先されなければならないことは分かっている。コマーシャルも、宣伝も、マーケティングも、他の周辺事項はすべて二の次だ。

 

しかしそれには間違いなくフットボールの究極的大衆スポーツとしての面で重大な欄外の注釈が付いてくるし、特にフェイエノールトのケースでは特別だ。ロッテルダム・ザイトでは『公開トレーニング』は決してただの『公開トレーニング』では無いんだ。それは80人のサポーターと3人のジャーナリストが火曜午後に時たま訪れるという以上に大きな意味を持っている。

 

それはオランダ最大のクラブの価値を高めているコルクの一つだ。触れ合えること、自分たちのファンと常に近くにいることのシンボルなんだ。それはPSVがハルトハングのオープンで、落ち着いた穏やかさと引き離しては見られないような根本的価値を持っている。

 

「フォルクスクラブ」という言葉はフェイエノールトでは空虚なフレーズでは無い。このクラブはほぼ文字通り人々のものだ。『フォルク』は最大限に想像しうる慎ましさというフェイエノールトアイデンティティと非常に強く結びついている。

 

どんな選手も、どんな監督も。どんなベーカーも、フォルクスクラブというイメージ以上にフェイエノールトで価値を持つことは無い。ArsenalやFC Barcelonaのケースを指摘するのは非常に楽しいだろうが、Schalke 04のようなクラブと比較する方がずっと釣り合っている。

 

Gelsenkirchenでは自分たちのファンを日常的にに閉め出すような愚かな考えを持つ者は誰もいない。非公開トレーニング?例外中の例外だ。

 

(Schalkeが勝ったことがない、オランダで首位にいるクラブを当てられるだろうか?そう、PSV. オランダで最もオープンなトップクラブだ)

 

監督が週に3回落ち着いてトレーニングすることを望めば、誰もそれを奇妙と思わないのは本当のところだ。良いだろう。しかしフェイエノールトはデ・クラシケルの前にさえ自分たちのサポーターに対してドアに鍵を掛けた。Marbellaでのトレーニングキャンプでも共に旅してきた忠実なファンは外で待ち続けなければならなかった。

 

月曜には街の子供であるロビン・ファン・ペルシが14年ぶりにファルケノールトに戻ってきた。人々は彼の姿を見たいと思ったが、寒さの中でフェンス越しに立っていなければならなかった。

 

これは「プロフェッショナル」とは何の関係も無い。大馬鹿の所業だ。

 

Sjoerd Mossou

 

https://www.ad.nl/nederlands-voetbal/professioneel-je-fans-in-de-kou-laten-staan~a1468e1f/