我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ロビン・ファン・ペルシが正式にフェイエノールトに帰還

フェイエノールトはロビン・ファン・ペルシが14年ぶりにクラブに帰還したことをクラブサイトで発表。代表102キャップを持つ34歳のロッテルダマーは月曜午前にユース時代を過ごし、プロキャリアをスタートさせたクラブとの途中査定を含む1年半契約にサインした。

 

ファン・ペルシはトルコのトップクラブ Fenerbahçeからフリー移籍。この左利きはすでにメディカルチェックを通っており、今日この後、オランダ代表で共にプレーしていた監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームとの初練習に参加する

 

テクニカル・ディレクター マルティン・ファン・ヘールはファン・ペルシをデ・カイプに迎えられたことを非常に喜んでいる。「ロビンがフェイエノールトで大歓迎なのは我々はずっと言っていたし、ようやく彼をセレクションに加えられてとても嬉しいよ。ディルク・カイトやジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストに続いて再びイコンがフェイエノールトに戻ってきたのは素晴らしく、特別なこと。彼のとてつもない経験と選手としての大きなクオリティは間違いなくチームにとって大きな価値がある」

 

ファン・ペルシは18歳のタレントとして2002年2月3日にフェイエノールトのトップチームにデビュー。当時すでに数年前からこのFWは主にヴェルヴェットな左足と驚嘆するほどの(キック)テクニックにより、ファルケノールトで大きな将来性があると見られていた。ファン・ペルシはあっという間にスタメン選手に成長し、デビューシーズンにはフェイエノールトでいきなりUEFA Cupを勝ち獲っている。

 

最終的にファン・ペルシはフェイエノールトで公式戦76試合に出場し、その後2004年夏にArsenalへ移籍。ロンドンでファン・ペルシはヴェレルトスター、英プレミア・リーグの絶対的トップ選手にまで成長した。Arsenalでの8シーズンの後、この左利きはManchester Unitedでさらに3シーズン プレーし、2005年にFenerbahçeへ移籍。ファン・ペルシ獲得により、フェイエノールトは代表戦102試合で50得点というオランイェの歴代トップスコアラーをデ・カイプに得たことになる。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/robin-van-persie-officieel-terug-bij-feyenoord

 

背番号は32
ロビン・ファン・ペルシはフェイエノールトで背番号32を背負う。このFWにとっては2002年にフェイエノールトで公式戦デビューした時と同じ特別な番号だ。

 

2月3日日曜日に第4審判が32の数字の移った電光板をデ・カイプに掲げ、ファン・ペルシはヘット・レヒューンに初めてその技術を見せようとピッチサイドに立った。18歳のタレントとしてローダJCとのホームゲーム(5-0)で彼がデビューしたのは終了残り11分のこと。

 

トップチームで2回目の、そして最初のフルシーズンでファン・ペルシは背番号 22を付けてプレーし、2003-2004シーズンには再び32に戻った。2002年にUEFA Cuoを勝ち獲ったこの背番号で、ファン・ペルシは16年経っても再びデ・カイプに驚きをもたらすだろう。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/van-persie-krijgt-vertrouwd-rugnummer-32

 

ロビン・ファン・ペルシ
「国外での14年の旅を終えてフェイエノールトに戻って来れたのはファンタスティックな気分。こうして戻ったのはいろいろな理由がある。例えば2人の子供のことを考えてとかね。近年国外で生活して彼らにとってはリッチな環境だったけど、何と言ってもまだ10代だし、定住して家と学校を行き来する方が大事。だからフェイエノールトを選んだのは腰を落ち着けるための選択でもある。これから数年間ここで一緒に暮らしたいんだ。それがみんなにとってパーフェクトにマッチしている」

 

自身のフィットネスについて
「リーグ戦の序盤はまだFenerbahçeでプレーしていたけど、その後オランダ代表でのフランス戦で負傷してしまった。そのせいで3ヵ月と思ったより長く離脱し、グループ練習に参加できたのはウィンターストップ前の最後の時期の5,6回。この2週間は自分でトレーニングしていた。ハードトレーニングしていたけど、個人トレーニングはチームでの高いレベルのものとは別。だからこれからチームと一緒にピッチに行けるのが嬉しいよ。すぐにまた試合に出れるだけフットできるのを願っている」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/van-persie-fantastisch-om-terug-te-zijn

 

 という訳で放蕩息子の帰宅。エクセルシオールをどうするのか知りませんが、1年半は何とか頑張って貰いましょう。どれくらいフィットしているのかが謎ですし、カイトの時以上に期待感は薄いものの、チーム状況的に何かインパクトが必要なのも確かということで、ヘット・レヒューンも期待せざるを得ない状況ではあります。