我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ファン・ブロンクホルスト、追加リザーブチームを望む

フェイエノールトの第2チームは火曜もヘラクレスアルメロ相手に敗戦(4-2). いわゆる"ゴーストチーム"('spookelftal')は、まだフットボールピラミッドに参加していない他のいくつかのプロクラブの第2チームと共に閉じたリーグでプレーしている。

 

クラブは過去にPSVアヤックス、AZ、ユトレヒト、スパルタが望んだフットボールピラミッドへの参入を望まず、現在リザーブチームに大きな問題を抱えている。監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト次第なら、来シーズン フェイエノールト2のぬるま湯状況に対して遂に解決策がもたらされるかもしれない。

 

「我々は近い将来フットボールピラミッドに参入できるかを見ている」とファン・ブロンクホルスト。「だがもちろんそれはKNVB次第であり、第2チームがどのリーグに参入できるかはKNVBが決める。しかしその際も我々は追加のリザーブチームも持ちたい。我々の現在の第2チームがどこに参入するかに関係無く、若い選手たちがユースからトップチームへの中間ステップを踏める追加のリザーブチームだ。どのリーグとも別に試合を行う自分たちのチーム。重要なのは固定されたチームであることだと思う。一緒に作業し、一緒にトレーニングや試合ができる固定されたグループ。それが今は欠けており、我々が求めているもの。特に若い選手たちにとってはそれが非常に重要。私が名付けるなら発展途上チーム(ontwikkelingselftal)だ」

 

「ディラン・フェンテやタイレル・マラシアの経緯を見てみよう。我々は今シーズン彼らをもう1ステップ前進させるためにはユースの最高年代チームに戻さなければいけなかった。もちろん来シーズンはフェンテもマラシアももうユース選手では無いが、状況がこのままならこれは今後もあり得ること。多くの選手にとって、フェイエノールト1か、レンタルか、他のクラブに行くかというのが現状だ。我々はその解決に必死に取り組んでいる」

 

https://www.ad.nl/nederlands-voetbal/van-bronckhorst-wil-extra-elftal-om-ellende-met-feyenoord-2-op-te-lossen~a53f727d/