我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ファン・ハネヘム、前立腺ガンに

ヴィレム・ファン・ハネヘムがADに対して来週から前立腺ガンの放射線治療を始めると明かした。治療は7週間で35回に分けて行われるが、彼も彼のドクターも治療は上手く行くと語っている。

 

「自分が病気か?そういう気はしていない。いや、トップフィットもしていないがね。最もずっとそうじゃなかった」と、いつもながらのユーモアな口調で自身の状況を語るデ・クロメ。事の起こりは昨年11月だったという。「毎年健康診断に行っているが、今回は血液検査で何か見つかり、それが前立腺ガンの疑いということだった。いろいろな検査をした結果、陰性ということになった。『あなたはガンだ』とドクターに言われたよ」

 

「ドクターと向かい合った時に『良い話はされないな』と思ったが、そのとおりだった。しかしこのニュースも予想はしてなかった。本当にショックだった。私の周りの人々にとってもね。『あなたはまだこんなに健康に動き回ってるのに、なんであなたがガンなんだ?』と言われたよ。しかし一晩寝て私は全てがまたノーマルだと思ったし、気分良くゴルフに行った」

 

「緊迫感が無いように聞こえる?ああ、それは感じていないよ。もちろん35回の放射線治療に喜んではいないが、ドクターは上手く行く可能性はほぼ100%と行ってくれている。だから私が落ち込む必要は無いだろ?月曜から7週間の治療が始まるが、週末はフリー。もちろん週末は全て仕事をする。幸いにも病院は家の近くだからね。多くの人がしているように毎日50, 60kmかけて通う必要も無い」

 

「ドクターたちは放射線を当てる場所を正確に分かっているし、彼らはほとんど副作用無くそれを正確に行える。私は毎日9.00に病院に行き、15分後にはまた外に出れる。ゴルフもたくさんやり続けるし、ADのコラムも書くし、Ziggoで試合を見る仕事も続ける。生き方を変える?それがどういうものか私には分からないからね。ずっとやっていることをやり続ける。その間にちょっと挟むだけだ。もちろんショックはあるが、私の場合は展望が良いし、私より不運な人の方が多いだろう」

 

「最初はこのニュースを家族や関係者以外に知らせる必要は無いと思っていたんだ。しかし病院ですでに多くの人と会っているし、ジャーナリストから電話も来るようになった。だから『この話はここで一度言っておこう』と思ったんだ。彼らがもっと知りたいと思ったら?それは彼らが不運だったということ」

 

https://www.ad.nl/sport/willem-van-hanegem-heeft-prostaatkanker~ade3aa37/