我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

なぜ2018年がデ・カイプの将来にとって決定的な年となるのか

激しい議論とロッテルダム市議会の可決によって、10年間の争いの末にニュー・フェイエノールト・スタディオンに青信号が灯った。その費用:約4億ユーロ。これによる古き住まいは終わりを迎えるように思われるが、しかしデ・カイプはまだ存在し続けている。

 

ニュー・スタディオンはそもそも2018年に完成しているはずだった。オランダに招致されたかもしれないWKフィナーレの舞台に、という素晴らしいタイミングになったはずだった。2008年末に市長 イフォ・オプステルテンが港町への自身のお別れの贈り物として提案したが、豪華絢爛な国際的スタディオンはいまだ実現しておらず、それどころかまだ垣根も張られていない。そしてフェイエノールト・シティという新たな、そしてさらに大きなプロジェクトを支持する人々が、いまこの最新プランの財政面をまとめるために必死になっている。

 

もっと簡単にできただろう。BarcelonaやReal Madridといったクラブは現在のスタディオンオの完全なメタモルフォーゼに成功している。フェイエノールト・シティの総額の一部があれば、デ・カイプの完全な改装や改築ができ、クラブは容易に今世紀もずっとそこでプレーし続けることができるはずだ。いずれにせよ、2017年もフェイエノールトは放置されている古きデ・カイプでプレーしていた。

 

Pep Guardiola, Kevin De Bruyne, そして多少慣れているNapoliの人々さえもオーセンティークなデ・カイプの雰囲気について話が止まらなかった。端的に言ってこれはこのクラブの最も強いセールスポイントだ。この最も美しいスタディオンに向かうサポーター100人に質問すれば、ほぼ全員が「それはデ・カイプだ」と答える。しかし近い内に彼らは新しい答えを探さなければならなくなるだろう。

 

なぜなら2017年はティートルがザイトにもたらされただけではなかった。10年にわたる悲劇の末、マース側沿いに豪華なスタディオンを建設する案が市議会によってー大多数の賛成によりー可決。独力では無く、超高額プランの一部は市によって賄われる。フェイエノールト・シティを支持する人々は良い財政プランを提示しているが、しかし誰がそれを払うのか?自治体が払うのは一部。少なくともクラブがその額を出すことはできない。4億ユーロがクラブの財源で賄えないことは単純計算で分かる。そこはフェイエノールト・シティのプロジェクト・グループから白煙が上がるのを待つしかないだろう。

 

コスモス
市議会が一旦可決したことで、財政面を巡っては静寂化している。新内閣が作られた時のような静けさだが、それも奇妙なことではない。文書があまりの膨大であり、債権で大金を稼げるであろう人々もかなり多い。さらにそれはパッケージにして売られなければならないため、大部分が財政面で様子見をしている。懐疑的な声も十分にある:「そこが最上位でなければならない。なぜなら宇宙全体がそれは不可能だと言っているのだから」と市議 ジョス・フェルフェーン。彼は文書を丹念に読み込んだ末、所属しているD66に反してプランに反対票を投じた。「私はニュー・スタディオンに決して反対はしない。しかしこのプランでは計算が成り立たない。見込みのある資本家たちが立ち上がるまで時間がかかればかかるほど、5月に可決された財政支援案からさらに増大するのが避けられないという気分は自治体の中で大きくなっていくだろう」

 

コンテナ船
プランについてのいくつかのニュースが今も時々流れている。優良な財政支援がなければマース側沿いのフェイエノールト・シティは決して実現しないからだ。そのため自治体は雪玉をなんとか転がそうとし、一方で内部の人間や小委員会は5月に概要が出されていた全く別のプランについて議論している。小さな部屋での激しい議論により、ロッテルダム市が40~50%の株式を買い取り、約25年間後に無利子か超低利子で売り戻すプランにサインが行われた。単純計算で投資金は150~200mil. EUルールがこれを認めたとして、そこからこういうプランをどうやって市議会で着地させるかが次の疑問になる。コンテナ船を小さな河川の迷路を通して海への道を見つけなければならないのと似ている。フェイエノールト・シティのスポークスマンは我々の質問に驚きながら答えた。「いや、自治体は40milの額を通すことになっているが、こういうやり方は議論されていない。少なくとも私はこのことについては何も知らない」。それについての文書は存在しており、真実では無いだろう。

 

Goldman Sachs
だがそれならどうやって?現時点で開始コストだけでも膨大だ。チーム全体でプロジェクトのプランのために旗ライしているが、それを実現させることができるのは絶対的なトップマンたちしかいないだろう。ディルク・スヘリンハ、ヨープ・ムンステルマン、ヤン・スミット、カレル・アルベルスといったような、寝ている人々を呼び起こす人物が必要だ。投資家と銀行の組織 Goldman Sachsと365milの見積もりで話をしているというニュースについてスポークルマンは「我々はもっと後の段階になってから発表したい」と何も答えなかった。この財政プランと具体案が自治体の要望に適うものとなって初めてプロジェクトは先に進むだろう。スタディオン・ディレクターが現在のデ・カイプを担保に使うほどクレイジーだとは期待できない。誰がそれを支払うのか?どんな大きなプロジェクトにも"point of no return"がある。すでにこれだけ多くの投資が行われていれば、止まるのはもうほとんど選択肢に無い。

 

誇大妄想
「デ・カイプの建築も多くの人々にとって誇大妄想なプランだった」とフェイエノールト・シティのRvC会長 ヘラルト・フートメルはかつて語っている。彼はクラブの兜の緒をきつく締め、プランBを考えることも望んでいない。おそらくそれがこのプロジェクトを実現させるための唯一の方法でもあるだろう。しかし他のクラブを見ればこうしたプロジェクトを達成するために興味深い方法を採っているところもある。60milほどの予算のクラブが約400milのスタディオンを建てようとすれば、どんな計算機も答えを弾き出せない。これは抵当のようにシンプルな話だ。誰もがプールとテニスコートのある住宅を望むが、かなりの担保が必要であり、すぐに希望の修正をすることになる。フェイエノールトはテーブルに就いてはいるが、舵の後ろには立っていない。名前と背番号を持つ財政支援を待つしか無い。そして歴史を刻みたい者は、全力でリスクを負う覚悟を持たなければならない。しかし率直に判断してその可能性はほとんどあり得ないだろう。想定と計算の一部が未だ金庫の中に保管されたままだからだ。

 

ピンク色の雲
「自治体が条件を認めて彼らはいまピンク色の雲の中にいるが、デ・カイプは今後も存在し続けるし、まだまだ道のりだ」とロビン・ファン・ホルスト。彼はRed De Kuipの艦長としてこの5年間スタディオン改築の重要な代弁者を務めている。しかし古きスタディオンがロスタイムに入っているのも彼の目には映っており、水面下で新しい宿を得るために必死に動いている。ニュー・スタディオンがクラブとって大きなステップにはならないと読者が思う前にそれに成功したなら深いお辞儀をするに値する。しかし実際に他の選択肢があることを知るのも重要だ。最後に質に入れるべきものは常に希望だ。もちろん現在のスタディオンもフェイエノールト・シティ・プランの中で新しい目的を与えられているが、ファンの一部は熱狂的なグループとなってデ・カイプの改装と改築のために戦い続けている。しかしフェイエノールトの元ディレクター エリック・フッデとスタディオン・ディレクター ヤン・ファン・メルワイクははるかにシンプルで、はるかに安上がりで、はるかに永続的で、はるかにアプローチしやすいこの解決策に一度も真剣な目を向けなかった。そしてフートメルも新築こそがフェイエノールトを今世紀トップに維持させる唯一の方法だと表明している。

 

ロッテルダムでのWKフィナーレの夢
デ・カイプが未だ存在し続けている一方で、気の早い企業の人々はニュー・スタディオンについて何千時間も費やしてきた。2018年、オランダにWKが招致されてれいば、フィナーレはニュー・スタディオンで行われていたかもしれない。当時、新築を求める人々はニュー・スタディオンがオリンピック招致の重要な要素にもなり得ると語っていた。どんな時代にも楽観主義者はいる。しかしすでに持っているものも大事にして良いはず。そして現在が歴史の積み重ねの結果であることも理解すべきだ。その歴史の中ではあらゆいる自治体が自分たちの古き町並みを取り壊し、当時お金が無かった自治体がいまでは古き町並みを見せびらかしている。時代精神というのはそういうものだ。

 

お金に換えられない魔法
デ・カイプについて考える時、我々は2017年5月14日の2時半過ぎの38秒間について思いを馳せる。まずスタディオン全体が息を飲む音が聞こえた。そう、スタディオンが生きているのが目に見えて分かる瞬間だった。もちろんディルク・カイトの右足が振り抜かれた瞬間、それを見守っていた45,000人が一緒になって無意識に息を止めていたあの瞬間だ。それはYouTubeでも確認できる。大声援が止み、それに気づき、ゴールの後は会話も不可能なほどになる。キャプテン カイトの解放感をもたらす1-0の直前1秒にも満たない瞬間のとてつもない静けさ。あのように沈黙するスタディオンはもちろんあり得ない事。それは石材と金属から成る建築物だ。ああいうことはここでしか起こり得ないだろう。こういった魔法はニュー・スタディオンでは真似できないように思える。フェイエノールトはこのスタディオン無しでは、突然多くのクラブと同じように感じられてしまう。この魔法は新築支持者たちにはほとんど考慮されていないが、ロッテルダムのクラブの魔法はお金には換えられない。


Feyenoord kampioenswedstrijd 1-0 Dirk Kuyt (zonder TV-commentaar)

 

初ゴール
Beerschot戦でのレーン・フェンテの初ゴールが先日のスパルタ戦でのディラン・フェンテに似ていたのは周知の通りだ。しかしデ・カイプでの初めての歓声も、もしかしたら象徴的と言えるものだったかもしれない。そこには祝う行為も無く、ピッチ上にはボールも無く、チームもおらず、さらにゴールポストも無かった。1936年のことだ。ドイツではAdolf Hitlerが前代未聞の進撃を始めようとし、その大きな結果の一つがロッテルダムに生じた。9月の秋のある日、500人のロッテルダマーたちがショート・サイドの立ち見席のから飛び込むと、メガフォンを手にした人物のシグナルのもとに動いた水兵と無職の人々が一つのゴールを決めた。それから4年もせずにロッテルダムの中心部はドイツのスチューカによって破壊されたが、デ・カイプは数年歳をとる程度の影響しか受けなかった。多くのロッテルダマーが水路や道路を通って煙の壁の中を急ぎ、スタディオンがまだ立っているかを見に来たという。数日後に予定されていた国際試合は行われることは無かった。

 

巨大な灯台
サポーターに初めてを質問すれば誰でもすぐに答えられる。私の初めては1978年。すでに私の前に3,400万人が来ていた。全く健全では無いだろうが、私にとっては例えばファースト・キスよりもずっと明確な記憶だ。行く途中、後部座席の父と叔父からフェイエノールトのニックネームがスタディオンクラブだと教えられた。私は奇妙に思ったよ、どんなクラブもスタディオンを持っているんだからね。私はニュー・モニケンハイゼにも行ったことがあったし、デ・コーヘルにもハーレムにも行った。いろいろ知っていたが、ブリーネノールト橋ですでにこれは別物だとハッキリしたんだ。デ・マース側沿いに巨大な灯台のように照明灯が立っていた。階段を下りると大きな広場が広がり、ソーセージが売られていた。集団になった人々は「使い古しのフェイエノールト・フラッグが売られてるけど、ほとんど振られてないな」とみんな笑い合っていた。

 

試合についてはもうほとんど覚えていないが、得点者は2人とももう亡くなった。ディック・ナニンハとルネ・ノテンだ。どちらの得点も私は見ていなかったんだ。今年でほぼ40年前になる。フェイエノールトは10位であのシーズンを終えた。私の人生で同じ事はほとんど起きていないが、スタディオンは今も存在し続けている。とてつもない数のファンの大部分は最初のスタディオン体験がフェイエノールトを選んだ動機になっているんだ。正直に言えば、フットボールはたいていの場合 あのユニークな雰囲気よりもはるかに魅力に乏しいからね。そしてもちろんこの感傷はニュー・スタディオンでの新世代にも育っていくだろう。

 

古くなって錆びたおけ
スタディオンとクラブのディレクターたちは新築を望んでいるが、まだほとんど投資を得られていないことを考えれば改善の余地があるだろう。デ・カイプの死んだ部分を取り除き、生きている部分を活かす再構築はほとんど別の作業だ。デ・カイプは他の多くのクラブのモダンな建築物と比較すれば古くなって錆びたおけだが、依然として多くの観客が来て、レヒターライチェ行きの呪いのシナリオではなく、昨シーズン フェイエノールトが普通にカンピューンになったのは奇妙だ。クラブの予算は大きく増えており、昨年クラブが欧州最高の舞台で煌めいたのは何よりも古きスタディオンの素晴らしい雰囲気のおかげだった。歴史的建築はすぐに新しいものによって葬られるべきだとしても、それが最後の1分まで十分ではないとは誰にも言えないはず。問題は投資が行われた時に何が起きるかだが、残念ながらその答えは出ていない。

 

投資家たちはどこに留まっている?
まだ掴める藁があるか?ニュー・スタディオンが実際に実現する可能性はまだ決して大きくない。プロジェクトグループは精力的に働き、賢明なロビー活動の末に市議会からの青信号を得た。Ergo: このプロジェクトが成功しないとはまだ誰にも言えない。しかし予測の大部分に根拠がなければならないということに気づくべきだ。しかしジャンプする前に、2018年の最初に他の選択肢が残っているともう一度下線を引くのも良いはず。それがどれだけ無視されてきたかは問題では無い。新築が資金的に不可能になった時に、実際誰が決めるのか?その時に重要なのはどこにどれだけ大金がすでに投資されたかではなく、戻れる道がもう無いということではないか?

 

いくつかの検討すべき点:

 

1. スタディオンはフットボールクラブのためのもの
フットボールクラブはなるべく高い舞台でプレーしたいと望むものであり、そのためには良い選手が必要。スタディオンはお金を生み出し、良いサラリーを支払い、時にはトップ選手を獲得するための手段である。手段であって目的では無い。ポリシーマーカーたちによれば、フェイエノールトは現在のスタディオンではティートルレースにもう参加できないというが、それはナンセンスだと判明した。デ・カイプの魅力は新開発が無くとも大きくなる一方に思える。投資が無くとも、フェイエノールトは予算面で7マイルブーツがあればアヤックスPSVの間に割って入れる。そしてそれは古きデ・カイプのアップグレードでも可能だ。

 

2. 歴史を学べ
ニュー・スタディオンに反対している人々の悩みは何か。大抵の批判は主にクラブの将来への不安だ。永遠に存在するスタディオンは無い。AS Romaもコロッセウムでプレーしている訳ではなく、フェイエノールトも昔 クロメ・ザントヴェフから引っ越した。どんな議会もコントロールされるし、コントロールが必要なのは過去に証明されている。フェイエノールトは70年代、80年代、90年代も、財政破綻の瀬戸際に立った今世紀最初の没落の際もバランスが取れていた。ファンは何度も何度もガラスの破片を片付けてきたんだ。クラブの運営陣が批判を受けるのも不思議なことでは無い。彼らは短期滞在客だからだ。

 

昨年我々はヘラルト・フートメルにインタビューを行った。クラブのRvC会長は引っ越しの熱狂的支持者だ。新築への彼の明確な態度と情熱は少なくともハッキリしている。それに問題は無い。我々のフットボールに大きく欠けているのは視野を持った人々だ。我々に国にもそれが必要。彼にみんなが彼の青い眼を信用すると期待していたかと問うと、彼はこう答えた。「人々はコンマの後まで全てを知りたがるもの、それは不可能だ。100%の確実性ではロッテルダム・センターも存在しなかったし、ブリーネノールト橋も存在しなかっただろう。このデ・カイプも決して存在しなかった。川辺に建設するのをどうやって考え出されたか?それは誇大妄想でしかなかった。全員の賛成で全てのステップを踏むのは選択肢では無い。それでは先に進まないからね。なぜ議会の人々に投票するのか?それは彼らが良い判断をする知識があると期待するからだ。だからこの人々がクラブと最も上手くやってくれるという信頼もなければいけない。我々はフェイエノールトだ。我々は自分たちに相応しい席を獲得しなければいけない。頻繁に1位になること。私は自信を持っているし、我々はクレイジーなことはしていない。我々はそういうことは決してしなかったし、今後もする事は無い。我々には全ての人々からのあらゆる助けが必要なんだ」

 

3. ノアの大洪水でも来るのか?
ヨリーン・ファン・デン・ヘリクは2年前の公開文書で「我々の時代の後にノアの大洪水でも来るのか?」と疑問を呈した。クラブイコン ヴィレム・ファン・ハネヘムと同じく、フェイエノールト・ファミリーの著名なメンバーの一人であるこの元会長も古きデ・カイプにとって新しい人生が語るに値しないもののように使われていることを危惧している。彼の時代にもすでにニュー・スタディオンについての話が行われ、そして改築の選択がなされた。今は改築はほとんど禁止ワードだ。「たった一つの選択肢からの選択は選択では無い」。正にそれが実際に起きていることだ。プランがどんなに積極的なものであっても、間違いなくプランBは存在する。今でもだ。

 

4. 新築は決して神聖不可侵ではない
San Siro, Camp Nou, Bernabéu, Anfield, Stamford Bridge, フィリップス・スタディオン、ドルトムントやベルリンのフットボール・テンペルに一度目を向けてみよう。現在のデ・カイプも数年あれば現代化が可能であり、有名な機関 Hypercubeなどの真剣な計算によれば、クラブはナツィオナーレ・ティートルを争うこともできるという。現在のフットボール界の景色を見れば、テラス席に支配者が座らないのなら欧州は忘れるべきだ。何度も何度も現在のデ・カイプの改築、改装プランはゴミ箱に投げ捨てられてきた。あれやこれやの方法で煌びやかなニュー・スタディオンへの引っ越しが唯一の選択肢であり続け、その一方で引っ越しがフェイエノールトの古きオークの根にダメージを与えないかは誰にも分かっていない。フェイエノールト・シティ側の人々は「調査により改築が財政的に不可能と判明している」と声高に叫んでいるが、誰もその調査について知らないというのが悪魔的ディテールだ。

 

もしかしたら80年度にニュー・スタディオンの歴史が大きな愛情をもって振り返られているかもしれない。今日のパイオニアたちがニュー・ロッテルダムの精神で再びオランダで最も美しいスタディオンをまたすぐに作り上げるかもしれない。しかし新しいシューズを持つ前に古いシューズを投げ捨てては絶対にいけない。フェイエノールト・シティというワード、今のパイオニアたちの判断が下せるのは2025年になってからだろう。もし2018年にプランが財政的な根拠を得られなければ、200milほどでデ・カイプを改築し、モダンなフットボールテンペルにすることはまだいつでも可能だ。とにかく、2018年は110歳のクラブの将来がコンクリートの中に注がれる1年になる。

 

Iwan van Duren

 

https://www.vi.nl/pro/overig/waarom-2018-cruciaal-wordt-voor-de-toekomst-van-de-kuip