我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

貪欲なヨング・オランイェがモンスター・スコアで大勝(EK予選:アンドラ-thuis)

勝つこと。そして多くのゴールを決めること。できればなるべく多く、そしてなるべく早く。これがヨング・アンドラとの試合に送り出されたヨング・オランイェの選手たちに課された使命だった。そしてアルト・ランゲレーのチームはその任務に成功。ドゥーティンヘムでのEK予選で8-0の勝利を収めた。

目を引いたシーンは試合残り約15分前。PKで7-0にしたフレンキー・デ・ヨングがそのまま空っぽのゴールからボールをつかみ取り、まるで追い上げのゴールを決めたかのようにすぐに自陣へダッシュ。これが金曜夜のヨング・オランイェの貪欲さを示していた。

「僕らはは良いプレーをし、観客を楽しませ、多くのゴールを決めたかった。それに見事に成功した。相手が低調だったせいもあるけどね」と試合後のデ・ヨング。「それに10得点できるチャンスかもと思ったんだ。だから急いだ。残念ながらそれは成功しなかったけどね」

ヨング・オランイェは序盤 リック・ファン・ドロンゲレンにより先制点に近づいたが、デ・ファイフェルベルフでようやくチャンスをものにしたのは20分目。先制点を決めたのがフース・ティルなのは偶然では無い。ザンビア生まれのティルはAZでも好調さを見せており、エールディヴィジここ2試合で3得点を決めてスポットライトをその身に受けていた。

対戦相手のヨング・アンドラにとってはなるべくダメージを抑えることが重要だった。ボールを一時的に奪えた時も、サイドか前線に大きく蹴り出すだけで、ほとんど攻撃に繋がらず。金曜夜の相手についてはほとんど語るほどのモノが無かった。

クオリティで劣る相手の抵抗はAZの10番のゴールによってすぐに崩れた。サム・ランマースとウサマ・イドリシが決めて最初の30分間で快適なリードを得ると、ヨング・オランイェの歓びの時間はほとんど止まることが無くさらに続いていった。

8500人以上の観客の前でティータイムの後に、特にポジティヴな印象を与えたのはイドリシ。彼は自ら4-0のゴールを決め、最終ラインから見事なアクションでリハイロ・ジヴコヴィッチが触るだけのゴールをアシスト。ラムセラールが11mからハーフダースにし、デ・ヨングの7-0の後にジュスティン・クライフェルトがさらに1得点を決めた。

ドゥーティンヘムでの素晴らしい夜を過ごしたヨング・オランイェの次のEK予選は来年3月27日。相手は今夜と同じヨング・アンドラだ。

Jong Oranje-Jong Andorra 8-0 (3-0)

Scoreverloop:

20. Til 1-0,

27. Lammers 2-0,

30. Idrissi 3-0,

58. Idrissi 4-0,

64. Zivkovic 5-0,

68. Ramselaar (pen.) 6-0,

75. De Jong (pen.) 7-0,

78. Kluivert 8-0.

Opstelling Jong Oranje:

Bijlow; Dumfries, Rosario (73. Hoogma), Van Drongelen, Ouwejan, De Jong, Kluivert, Ramselaar, Lammers (62. Zivkovic), Til (81. Bazoer), Idrissi.

http://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/71123/monsterzege-voor-gretig-jong-oranje

グループ最弱のさすがにアンドラ相手にホームでは何の問題も無く、狙い通り得失点差を稼いでの大勝。最初はなかなか縦パスを入れられずに苦労してましたが、20分当たりから良い意味で強引さが出てきて多少無理矢理気味に先制してからはほとんど何の問題も無く、後半は久しぶりに長時間良いフットボールが見れました。まぁこの相手にデ・ヨングはチート過ぎます。ほとんど反則的。ティルが好調で今日はラムセラールもキャプテンマークを巻いたせいかかなり良かったので中盤は文句無しの出来でした。

イドリシはクオリティ不足な感が強いものの、質も量も足りないこの世代の前線でかなり奮闘している感。シュートを打ちまくる姿勢が良い結果を生んでいます。強い相手にも良い結果が付いてくると良いですが。

予選自体はまだまだまだまだ厳しい状況。ほぼ崖っぷちでこれからどうなりますか。