我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

オランイェ、スコットランドに勝利(練習試合:スコットランド-uit)

オランダ代表は2017年残り2試合目も勝利。Aberdeenでボンズコーチ ディック・アドフォカートのチームはメンフィス・デパイのゴールによってスコットランドに0-1で勝利。次の火曜にはルーマニアと今年最後の練習試合を行う。

 

Aberdeenでの試合はできれば別の舞台で試合をしたかった2カ国同士の対戦だった。オランイェ同様スコットランドも得失点差によりWK-POsに進めず。オランイェにとってはこの2つの練習試合で2017年を締めくくることになる。

 

ボンズコーチ ディック・アドフォカートはフィンチェント・ヤンセンとバス・ドストの不在によりライアン・バベルをスピッツ起用。Besiktasの選手の両サイドにはメンフィス・デパイとクインシー・プロメスが並んだ。怪我のケニー・テーテの代わりに追加招集されたティモシー・フォス・メンサも右バックでスタメン出場。

 

最初の危険なシーン数回はヤスパー・シレセンのゴールの前で起きた前半に多くのハイライトシーンは無し。オランダはほとんど危険なシーンを作れていなかったが、それに成功した瞬間にいきなりネットを揺らした。前半終了5分前にジョルジーニョ・ワィナルドゥムのパスからカウンター。そのボールを受けたバベルからの横パスでオフサイドポジション際のデパイが0-1に。

 

後半はアグレッシブなスコットランドが再びオランダ・ゴールの前で数回危険なシーン。例えばシレセンがバックパスのボールを自分でミスした時などだが、このアクシデントもオランダ代表にダメージを与えることは無かった。

 

Ryan Fraserは途中出場から1分も経たずにおそらく後半ベストチャンスがあっただろう。しかし中への切れ込みは印象的だったものの、シュートは枠外に。終盤もスコットランドはまだ数回同点に近づいたが、実現には至らなかった。

 

ブルガリア、ベラルース、スウェーデンに続いてこれで4連勝と2014年ベストの連勝に。アドフォカートにとってはオランダのボンズコーチとして36勝目であり、ボブ・フレンデニングに並んだ。火曜には単独トップに立つこともできる。

 

Schotland - Nederland 0-1

Scoreverloop

40. Memphis 0-1,

 

Opstelling Nederland: Cillessen; Fosu-Mensah (71. Veltman), Van Dijk, Rekik, Aké, Blind, Wijnaldum, Strootman, Memphis, Babel, Promes (76. Berghuis).

 

http://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/71103/oranje-dankzij-treffer-memphis-langs-schotland

 

ディック・アドフォカート

「勝利が常に重要なこと。どんな試合でもいつだってもっと上手くやれる。しかしかなりボールを持っていた。ただもっとチャンスを作れただろう。もっと上手くやれるのは実際この目で見ている。しかし勝ちたい気持ちを出すオランダ代表も見れたし、カウンターから素晴らしいゴールも決めた。スコットランドは彼らの観客の前では倒すのが難しいチーム。ホームでのここ5試合彼らは3勝2分けだ。そして6試合目で我々に敗れた」

 

ルーマニア戦に向けて多くを代えるべきか、なるべく同じ事を続けるべきかはこれから考える。シレセンは何度も不安定なシーンがあった。それについてはフランス・フークと話し合う。火曜に何か変わる?いや、それはまだ分からない。攻撃陣満足?全員には満足していないし、もっと上手くやれるはず。メンフィスは良い印象を残したと思う」

 

ケヴィン・ストロートマン

「僕らはとても良いプレーでは無かった。自信が欠けているのは誰が見ても分かる。だからこういうでなるべくそれを埋めないといけない。フットボールが良くなかったのは明らかだけど、多くのチャンスは与えなかった。終盤自分たちのボールロストでまらチャンスを与えてしまっていたけど、これで自信を貯められることを願おう」

「いろいろ言われているけど、アドフォカート自身はもう去就を決めていると思う。もし僕がいまここで、彼に残って欲しいと言えば、明日の新聞全紙に載るだろうけど、それは彼がKNVBと一緒に決めること。彼は良い仕事をしたし、僕らにとって重要な存在だった」

 

 

内容は悲劇的でした。全く機能しない右サイドとスピッツといつもの中盤2人が非常に酷かったです。多少良かったのはドイツで自信を掴みつつあるようなレキク、アケーとデパイの左サイド、そして6番でボールを前に送り続けたブリントくらい。こんなで出来でよく勝てたなぁという感じですし、いい加減そろそろワィナルドゥムとストロートマンを諦めても良いような。