我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

オランイェ、勝利もこれ以上無く細い糸を残すのみに(WK予選:ベラルース-uit)

オランイェのWKの夢はこれ以上無いほど細い一縷の糸を残すのみとなった。オランダ代表はベラルースとのアウエーゲームに1-3で勝利したが、スウェーデンがこの夜すでにルクセンブルクにモンスタースコアでで勝利した後ではそれも十分な結果では無い。オランイェがWKへの可能性を残すのには火曜にアムステルダム・アレナでスウェーデンに7点差で勝たなければならず、それはほぼ不可能なタスクだ。

 

スウェーデンがオランイェより先に試合をすることが有利か不利か、ディック・アドフォカートはベラルースとの重要な試合の前日に質問を受けていた。ボンズコーチは肩を上げてこうコメント。「何と言えばいい?分からないよ。有利だったか不利だったかは結果が出て初めて分かること」

 

その答えは全く曖昧さの無い大差の結果として出た。1-0 グランクフィスト、2-0 ベルフ、3-0 ベルフとSolnaから悲惨なニュースが次々に届き、しかもまだ前半。HT明けにはさらに酷くなる一方で、4-0 ベルフ、5-0 Lustig、6-0 グランクフィスト、7-0 ベルフ、8-0 トイヴォネン。8-0!という無情な結果に。

 

どんなに奇妙に思われようと、オランイェの任務は変わらない、とボンズコーチはこの結果に対してもコメント。そう、WKチケットの可能性は試合の前にすでに切りの中に消えていた。しかしとにかく勝ち、なるべく多く得点しなければならないという任務は、スウェーデンのモンスタースコアの後でも変わりは無く、「我々はすぐにタオルを投げることはしない」とアドフォカート

 

フィルジル・ファン・ダイク、ライアン・バベル、ダリル・ヤンマート、カリム・レキクと新しい面々をスタメンに並べたオランイェはBorisov Arenaで良いスタートを切れず。先制点を早く決めようと急ぐ余りにプレーがあまりに雑で、チャンスを作るまで長く時間がかかってしまった。24分にようやく最初のシュートが放たれたが、フィンチェント・ヤンセンのシュートはバーを直撃。

 

しかしそれから1分も経たずに先制点が生まれた。バベルのクロスをアルイェン・ロッベンが戻し、デイヴィ・プロッペルのシュートがSergej Tsjernikを破る。ここからそのバベルが1分間に次の2回の大チャンスを得たが、1つ目は迷いすぎ、2つ目はヤンセンへのパスを選択。これは良い選択では無く、このスピッツオフサイドだった。

 

その後もHTまで数回チャンスが生まれ、トニー・フィレーナのシュートがベラルースのゴールを襲ったがTsjernikがセーブ。ロッベンのパスを受けたヤンセンのシュートもベラルースのGKに阻まれ、期待された2点目は決まらなかった。

 

HT明けもオランイェはすぐさま相手ゴールに向かっていったが、開始5分でヤンセンの2回のシュートは結果に繋がらず。逆にヤスパー・シレセンがSergey Balanovichのシュートにセーブを強いられ、Alyaksandr Valadzkoのゴール逆隅を突いたシュートにオランダのGKも敗れ去った。

 

同点にされたことで良い結果を得るという望みをオランダは諦めたように思われ、Tsjernikの守るゴールまでほとんど進めず、途中出場 バス・ドストのシュートも枠を外れた。反対側ではベラルースがシレセンに対して危険なシーンを作ろうとしていたが、オランイェにGKもまた本当に試されるまではほとんど至らず。

 

しかし実際何も無いところからオランイェは終了直前に再びリード。CKの際にドストがペナルティエリア内で引き倒され、ロッベンがPKを決めた。しかしこれも流血に布きれを当てただけのようにも思えた。

 

時計の針はすでに90分を指していたが、オランイェはさらに2回針の穴をかろうじて抜けることに。まずFKがシレセンの頭上のバーを叩き、そこからAleksey Yanushkevichがボールを拾ったが、シュートは枠を外れてオランイェは失点を免れる。

 

逆にロスタイムにメンフィス・デパイがFKを決めて1-3としたことで、スウェーデンとの得失点差は12に減ることに。火曜の直接対決で

6-0以外の6点差以上の勝利を収めればオランダは得失点差でまだPOに進むことができる。

 

Wit-Rusland - Nederland 1-3

24’ Davy Pröpper 0-1

55’ Maksim Volodko 1-1

84’ Arjen Robben (pen.) 1-2

90+3’ Memphis Depay 1-3

 

Opstelling Nederland: Cillessen; Janmaat, Van Dijk, Rekik, Blind; Wijnaldum, Pröpper (83’ Klaassen), Vilhena (56’ Dost); Robben, Janssen (68’ Depay), Babel.

 

http://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/70837/oranje-wint-wel-maar-hangt-aan-flinterdun-draadje

 

ディック・アドフォカート

ルクセンブルクに対して怒り?全く無い。我々は自分自身に怒るべき。前半は0-2, 0-3にするだけのチャンスがあった。それを決めていれば・・・我々はコントロールできず、かなり落ち着きが無いプレーで、ベストの試合では無かった」

 

「非常に厳しくなかったのが現実だが、まだ終わってはいない。我々はまだ可能性を求めてやらなければいけない。我々は前もって不可能と言うことはしない。なぜなら可能性があるからだ。6-0では不十分?それならもう1点決めるだけ」

 

アルイェン・ロッベン

「火曜は計算機は家に置いておきたい。もちろん最後まで全力を尽くすけれど、現実的でなければいけない。普通ならこういうのは大声で言うのは期待されてないかもしれないけれど、みんなが思っていることを言っても問題無いだろう。7-0で勝つのは無理だ」

スウェーデンの結果はもちろん試合前に聞いていた。大きなショックだったのは確かだけど、僕らは頭を上げて胸を張ってピッチに入って勝利を目指すしか無かった。ここで8-0で勝てないのもハッキリしてたけど、できるだけ何とかしようとした。でも前半あまりに多くのチャンスを逃してしまったのが残念。3-0. 4-0にできたはず。そうすればそこからさらに点差を広げることもできた」

「代表引退?もちろん代表は僕にとって大きな意味があるし、この結果はとても悲しいけれど、スポーツにはこれも付きもの。まずはスウェーデン戦、その後でどうなるか見てみよう」

 

 

アドフォカートが立てた8-0フラグをスウェーデンが見事に回収し、ある種の『異常な状況』で迎えた試合でどうするのかが見物でしたが、6番をおかずに2コントローラーでプロッペルの10番システム。ロッベンとバベルも中盤に加わって4-2-3-1でしっかりブロックを作ってから、というごく普通の戦術を選択という、まぁアドフォカートらしいというかなんというか。結局全員出来が悪かったので順当にどうにもならず。特に相変わらずフォームに無いフィンチェント・ヤンセンが見ていてなかなか痛々しいものがありますが。