我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

第7節結果:トップ・ドリーが揃って4-0勝利。ローダJCが初勝利で未勝利チームが無くなり、PECとVVVがベストスタート

Speelronde 7

 

vrijdag 29 september 2017

20:00 FC Twente - Heracles Almelo 2-1

2’ Fredrik Jensen 1-0 / 52’ Paul Gladon 1-1 / 75’ Danny Holla 2-1

 

6試合で5敗のトゥエンテはホラがまだフィットせずベンチスタートでリーンドルが代役。ヘラクレスはドゥアルテが左バックでスタメン出場し、クヴァスが怪我から復帰。中盤はニーマイヤーがベンチに座ってモンテイロを起用。

 

開始1分でヘラクレスの守備のミスからブーレに決定機。ドゥアルテが奇跡的なクリアを見せるも、こぼれ球にフレデリク・イェンセンが詰めてあっという間に先制。数分後にもアサイディのハックからフスキッチにベストチャンスもゴール前至近距離で押し込めず。全く試合に入れていなかったヘラクレスは15分を過ぎてトゥエンテのペースが落ちたことでようやく落ち着くも、その後もミスが多く低調な試合。トゥエンテは30分過ぎにも決定的シーンを作ったがフスキッチのシュートはライン上のドゥアルテがクリア。

 

HTにヘラクレスはファン・オーイェンに代えてニーマイヤーを投入。右サイドに入れてクヴァスをトップ下に移すと後半出だしから主導権を取り、ダリのクロスにフラドンの頭で同点としたが、お互いに少ないハーフチャンスを決められずに迎えた終盤、途中出場 ホラのFKで決勝点。

 

トゥエンテはホームでのヘラクレス戦6連勝で今シーズン2勝目。

 

ジョン・ステーヘマン

「試合の入り方に失望している。私の責任。こういう試合は全力で入らないといけないのは誰でも分かる。個人の競り合いに全て負ければ、私が選手たちの弦をしっかり張れなかったということ。まずは私が自分で鏡を見る。それが今は最も重要」

「我々は優勢になること無く同点にしたが、粘りは出ていたように思う。以降はオープンな試合になり、もう少し運があればもう一度得点できただろう。しかし試合全体を見ればそれは全く不当だったはず」

 

zaterdag 30 september 2017

18:30 NAC Breda - ADO Den Haag 0-1

80’ Tom Beugelsdijk 0-1

 

お互い前節勝利して6試合7pts同士の直接対決。10分直前にエル・アルチの綺麗なシュートがバー直撃して真下に落ちるもラインを割らず、そのリバウンドに詰めたコルテもポスト直撃。ADOがボールを持ってもNACの守備ブロックを突破できないのに対し、NACはカウンターと中央でボールを受けるガルシアから何度もゴールに迫る展開。

 

HTにADOは前半最後にマリとの衝突で鼻骨を折ったジョンセンに代えてファルケンブルフを投入。後半序盤もNACがベストチャンスを作ったが、再び奇跡的な形で決められず。ADOは残り15分にCKからようやく初チャンスもファルケンブルフのシュートはバー直撃。しかし数分後に再びCKからファーで相手をかわしたベウヘルスダイクが決めて先制。NACは残り時間でエネフォルセンを前線に加えて攻勢に出るもADOが凌いでそのまま逃げ切り。

 

スタイン・フレーフェン

「選手たちに怒りは全く無い。チャンスを決められず、得点できなかったことで自分たちの首を絞めてしまったが、とても良い試合をしていた。我々のパフォーマンスを誇りに思うし、選手たちには彼らのプレーに賞讃を贈った」

 

アルフォンス・フルーネンダイク

「確かに何度もかなり上手くピンチを凌いでいたが、この勝利が盗み取ったものというのは言い過ぎ。前半は今シーズンのベストでは無く、多少押されていたが、後半はボールを持った時により落ち着きが出て、よりボールを持ち、徐々に粘りが出ていた。盗み取ったものという声が聞こえるのはなぜだ?」

「NACは非常に多くのエネルギーを注ぎ、前半彼らがリードしたのは相応しい結果。しかしヨハンも言っていたようにゴールを決めなければ勝てないのがフットボール。我々はそれをして彼らはしなかった。幸運と言うことはできるが、そう言われても何とも思わないよ」

 

エリック・ファルケンブルフ

NACサポーターの掲げた『クラブ愛』バナーについて

「僕はヴィレムIIでNACとのPOの試合でゴールを決めたからね。あれでヴィレムIIは残留してNACは昇格できなかった。彼らは僕がその時にロゴにキスをしたように見えたと怒っているけど、そんなことはそもそも無かったよ。まぁこういうのも付きもの。HTに一人でウォーミングアップをしなければいけなくなってちょっと笑いを抑えられなかったけどね。おかげでよりシャープになった?もしかしたら少しね。自分としてはそんな面白いとは思わなかったし、もっと面白いのを期待していた。彼らが何かするのは耳にしていたからね」

 

19:45 PEC Zwolle - FC Groningen 3-2

15’ Ritsu Doan 0-1 / 19’ Stef Nijland 1-1 / 55’ Tom Van Weert 1-2 / 60’ Ryan Thomas 2-2 / 90’+2’ Youness Mokhtar 3-2

Rood: 87’ Tom van Weert

 

お互い低調な前半を1-1で折り返すと、後半試合に活気が増し、CKからファン・ヴェールトのヘディングをブールがライン手前で問題無くキャッチしたかに思われたが線審がゴール判定で1-2. しかしPECもトーマスのシュートで再び同点に。さらに激しさを増した終盤、ファン・ヴェールトがマルセリスへの不必要な後方からのタックルで一発退場になると、ロスタイムにパルツィチェクが頭で競り勝ったボールをモクタールが決めて決勝点。

 

PECは昨シーズンからとおしてクラブ記録のホーム5連勝。7試合で14ptsを稼ぐ好スタート。

 

ジョン・ファン・スヒップ

「2度のビハインドを追いついたのは選手たちが良くやってくれた。彼らはキャラクターを示した。最後にまだ勝利することまでできたのはちょっとラッキーだったが、積極的なプレーで何とかしようとしたおかげでもある」

「暫定3位は素晴らしいこと。だがこれから難しい試合がたくさんあるし、シャープさを保って良い仕事をし続けなければいけない。多少上手く行かなくなっても混乱すべきでは無い」

 

エルネスト・ファーベル

「失点は我々からのプレゼントだったと思う。1-2の後にチャンスを決めていれば少なくとも1ptかそれ以上の結果が得られた」

 

19:45 PSV - Willem II 4-0

49’ Hirving Lozano 1-0 / 55’ Gastón Pereiro 2-0 / 58’ Hirving Lozano 3-0 / 70’ Marco van Ginkel (str.) 4-0

 

前節ユトレヒトに大勝したPSVは4-3-3に戻し、ルカッセンの負傷離脱でシュワープとイシマツのCBデュオ。ヴィレムIIはvdリンデンをCBに加え、前線はハイエとソルで5-3-2.

 

超守備的なヴィレムIIに前半PSVが苦しみ、逆にリーンストラにベストチャンスを与えるなど五分五分の内容。しかし後半出だしにヴィレムIIのボールロストからロザーノが先制ゴールを決めるとそこから数分間で立て続けに2ゴールを決めてあっという間に勝負あり。終盤にはダンテ・リホがデビュー。

 

PSVはロザーノの6試合6得点を原動力に7試合18ptsで2004/2005シーズン以来のベストスタート。

 

フィリップ・コクー

「前半は上手く行かない点が多かった。後方からのテンポが低すぎたし、FW陣も奥への動きが少なすぎ、守備面でも上手くカバーできていなかった。後半15分間で一気に試合を決めることができたが、完全には上手く行かない時に全員で一緒にやれなければいけないし、ピッチ上でそれを見せることができる選手たちでなければならない。それは我々のチームにとって非常に重要な部分になる。それができて初めて我々はカンピューンになるという目標へ向けてステップを踏める」

 

20:45 Excelsior - VVV-Venlo 0-2

32’ Clint Leemans 0-1 / 70’ Ralf Seuntjens 0-2

 

VVVはティソダリをベンチに置いてヌワカリを左バイテンに起用。

 

ホームのエクセルシオールがボールを持つも雑なミスが多く、VVVのカウンターを受けて苦しむ展開。30分過ぎにクリスティンソンのコールワイクへのパスがミスになり、ボールを奪ったレーマンスが綺麗なロブで先制。ほとんどボールを前に運べない悲劇的な前半を過ごしたエクセルシオールはHTにフェルムーレンに代えてファン・ダイネンを投入し、ブラインスを10番に。ファン・ダイネンへのロングボールがなかなか通らないものの、残り30分でさらに残り2枚の交代策も切ってコールワイクも10番に上げて競り合いを狙って流れを引き寄せたかに見えたが、FKからラルフ・スーンチェンスが初ゴールで勝負あり。

 

エクセルシオールはクラブ史上初のホーム4連敗スタート。特に4試合で僅か1得点と得点力不足を露呈。VVVは昇格チームとして初のアウエーで最初の4試合無敗。7試合で12ptsを稼いでクラブ史上ベストスタート。

 

ミチェル・ファン・デル・ハーフ

「先週の差が大きすぎる。我々はアウエーで勝ち点を取っており、ホームでももっと力を示したいと望んでいるが、今夜は確実にそれをしていなかった。VVVはトップの状態で無ければ対戦するのは難しいチーム。今夜の我々はトップでは無く、あらゆる面で圧倒されていた」

 

モーリス・スタイン

「特に3ptsが嬉しいが、自分たちのプレーにも喜んでいる。最後の瞬間まで実際一つのチャンスも与えていなかった。エクセルシオールに一度も良い攻撃をさせなかった事に対してはチームに賞讃を送るよ」

「ここまでは前代未聞の成功。この勝ち点を大事にしたい。12ptsは信じられないほど嬉しいが、我々がこれを成し遂げたそのやり方も私は誇りに思う」

 

zondag 1 oktober 2017

12:30 AZ - Feyenoord 0-4

11’ Steven Berghuis 0-1 / 17’ Sam Larsson 0-2 / 41’ Steven Berghuis 0-3 / 57’ Tonny Vilhena 0-4

 

AZはフラールに代えてファン・アイデン、アウエヤンが病欠でワインダル。CL明けのフェイエノールトはクラーメルとディクスの代わりにボエチウスとアムラバトを起用し、ラーソンが初スタメン。

 

ナイハイスが主審でお互いに激しくプレッシャーを掛け合うスタート。ファン・アイデンのロングボールからヴェフホルストがネットを揺らすもオフサイド誤審で認められず。数分後にベルフハイスのシュートがバーを直撃し、そのままラインを割って先制。AZも直後にティルが抜け出したがジョーンスがセーブ。ハイペースのプレッシャーの掛け合いから次第にフェイエノールトが優勢に立つと、ラーソンがドリブルから見事なミドルシュートで0-2. その後AZが主導権を取るも、前半終盤にヴェイノヴィッチが競り合いで右膝を痛めてドス・サントスと負傷交代。スタイン・ヴァイテンスの致命的ミスからベルフハイスが楽々決めて早々に勝負あり。

 

後半もヴェイノヴィッチ不在でテンポを上げられないAZに対してフェイエノールトがカウンターでフットボール能力の違いを見せつけ、ベルフハイスが2ゴール1アシストの大活躍で快勝。

 

フェイエノールトは悲劇的な9月を終えて、今シーズンもアルクマールでベストな内容を見せて連敗を2でストップ。

 

ヴァウト・ヴェフホルスト

「あまり言葉にできないけど・・・ピッチ上でこれほど恥ずかしい思いをしたことは無かった。初体験は素敵なものだ」

「僕らのスタートはまだ良かったし、僕らのゴールはオフサイドじゃ無かったと聞いた。糞ったれだよ。でも先週同様に失望の後から立ち直る力が弱すぎる。メンタルの問題?分からないけど、チームとして立ち上がれなかった。この敗戦はとても痛いし、恥ずかしく思う。僕らは一瞬も全力を尽くしていなかったし、あらゆる面で打ちのめされた」

 

ジョン・ファン・デン・ブロム

「ヴァウトのコメント?彼にとっては実際そう思えたんだろう。年長の選手としてキャプテンとして彼は手本いならなければいけないと思うし、それは彼と話をする。今はチームとして一体感を保たなければいけないし、彼もチームを牽引する仕事をやり続けなければいけない」

「スタートは良かったが理解できない理由でゴールが取り消された。フェイエノールトの問題を利用したかったが、線審が寝ていたことでそれが成功しなかった。そこから3ゴールをあまりに簡単に与えてしまったのが最も残念な点。その後はノーチャンスな試合になってしまった。下からまたやり直したいが代表戦期間。その後はフローニゲンへ向かう。あっちも危機だ・・・・」

 

14:30 sc Heerenveen - Ajax 0-4

38’ David Neres 0-1 / 41’ David Neres 0-2 / 75’ Lasse Schöne (str.) 0-3 / 82’ Maximilian Wöber 0-4

 

ヘーレンフェーンは負傷離脱のザネリに代えてロハスをスタメン起用。

 

立ち上がりから激しくプレッシャーをかけたヘーレンフェーンが主導権を取り、エーデガールトにベストチャンスもオナーナとの1対1を決められず、スハールスのFKもポスト直撃。早々にイエローカードを貰ったピーリがその後もフンテラールとの競り合いで笛を吹かれて競り合えなくなると、前半終盤にフンテラールからネレスの流れで2失点。ヘーレンフェーンは後半早々にピーリを下げてナースを投入も、さらに2失点して大敗。

 

ヘーレンフェーンは今シーズン初の敗戦。

 

14:30 Vitesse - FC Utrecht 1-1

69’ Cyriel Dessers 0-1 / 76’ Mason Mount 1-1

 

フィテッセがEL明け中2日もスタメンを維持。2試合11失点のユトレヒトはドゥミッチをスタメン起用してヤンセンとのCBデュオ。中盤はエマヌエルソンが外れてストリーデルがスタメン。

 

お互いに完敗後の試合で慎重な試合に。後半も流れは変わらず、お互いにエマヌエルソンとカスタイニョスのカードを切った直後、ユトレヒトがケルクのハックボールにデッセルスが触って先制。しかしフィテッセも攻勢からブルーンスのパスを投入直後のマウントがファーストタッチで決めて同点。さらにカスタイニョスに決定機もシュートはバーの上に飛んで、サブトップ同士の直接対決は大きく盛り上がること無く妥当な引き分け。

 

ヘンク・フレーザー

「我々は23日感で7試合を行った。しかもNice戦とアヤックス戦ではかなりのエネルギーを費やしている。だからチームには大きな賞讃を送る。これから代表戦に行かなければいけない選手たちもいる」

「今日は前半があまり魅力的では無かったと思う人たちがいるのは理解しているが、我々の側は良い試合だったと思う。今日はミスをすれば罰せらっる、クレイジーなことができない試合だった。だから良いチームとの対戦で愚かな真似をしない選手たちを私は楽しんでいたよ。1点目で勝負が決まると思っていたが、幸運にもそれは私が間違っていた」

 

エリック・テン・ハフ

「いずれにせよこれも一つの結果。1-0にすればそのまま流れを引き寄せるのを願うが、我々が試合をコントロールしていた時間帯に不必要な失点だった」

「我々はハレルやアムラバトを失い、代わりの選手たちを獲得したが、彼らには成長する時間が必要。我々は良いセレクションを持っており、まだまだ先へ進む」

 

16:45 Sparta Rotterdam - Roda JC Kerkrade 1-2

29’ Ndenge 0-1 / 35’ Schahin 0-2 / 78’ obert Mühren 1-2

 

6試合5ptsのスパルタと6連敗のローダの直接対決。スパルタが最初のベストチャンスもサヌーシのシュートをユルユスがスーパーセーブで防ぐと、やや優勢だったローダのCKでヌデンゲのヘディングにコルトスミットが飛べずにあっさり先制。数分後にはシャヒンが裏に飛び出し、スパルタのDF陣が囲むもあっさりシュートを決められて0-2.

 

スパルタは悲劇的な前半から後半大攻勢に出てプレッシャーをかけ続けるも、大チャンスを悉く決められず。終盤になってようやくミューレンがネットを揺らして1-2. ローダも再びシャヒンが抜け出す決定機があったがまさかの枠外。ロスタイムにはミューレンが抜け出して同点の大チャンスもユルユスのセーブでそのまま終了。

 

ローダは2017年になってアウエーで初勝利でようやく今シーズン初勝ち点を獲得し、赤ランタンは得失点差で劣るヴィレムIIへ。

 

Stand

1 PSV 7 (6 0 1) 21-6 +15 18pt

2 Feyenoord 7 (5 0 2) 16-6 +10 15pt

3 Vitesse 7 (4 2 1) 15-7 +8 14pt

4 PEC Zwolle 7 (4 2 1) 13-10 +3 14pt

5 SC Heerenveen 7 (4 2 1) 12-11 +1 14pt

6 Ajax 7 (4 1 2) 15-6 +9 13pt

7 VVV Venlo 7 (3 3 1) 10-6 +4 12pt

8 AZ 7 (4 0 3) 10-11 -1 12pt

9 ADO Den Haag 7 (3 1 3) 6-9 -3 10pt

10 FC Utrecht 7 (3 1 3) 10-14 -4 10pt

11 FC Groningen 7 (2 2 3) 11-13 -2 8pt

12 Heracles Almelo 7 (2 2 3) 11-13 -2 8pt

13 Excelsior 7 (2 1 4) 7-11 -4 7pt

14 NAC Breda 7 (2 1 4) 9-14 -5 7pt

15 FC Twente 7 (2 0 5) 8-9 -1 6pt

16 Sparta Rotterdam 7 (1 2 4) 5-11 -6 5pt

17 Roda JC Kerkrade 7 (1 0 6) 7-17 -10 3pt

18 Willem II 7 (1 0 6) 6-18 -12 3pt

 

Topscorers

1. Steven Berghuis (Feyenoord) 6 (0)

Hirving Lozano (PSV) 6 (0)

Wout Weghorst (AZ) 6 (2)

4. Jürgen Locadia (PSV) 5 (1)

Tim Matavž (Vitesse) 5 (1)

Youness Mokhtar (PEC Zwolle) 5 (0)

7. Cyriel Dessers (FC Utrecht) 4 (0)

Clint Leemans (VVV-Venlo) 4 (1)

Mimoun Mahi (FC Groningen) 4 (2)

Morten Thorsby (sc Heerenveen) 4 (0)

Marco van Ginkel (PSV) 4 (2)

 

Assists

1. Denzel Dumfries (sc Heerenveen) 5

2. Marko Vejinović (AZ) 4

3. Alexander Büttner (Vitesse) 3

Klaas Jan Huntelaar (Ajax) 3

Ruben Jenssen (FC Groningen) 3

Piotr Parzyszek (PEC Zwolle) 3

Lennart Thy (VVV-Venlo) 3

Marco van Ginkel (PSV) 3

Hakim Ziyech (Ajax) 3