我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

スハーケン 「僕は決してラッキーだったわけじゃない」

2010年から2015年にフェイエノールトと契約していたルーベン・スハーケン。アムステルダムに生まれた彼はロッテルダムで不動の存在、アシスト王、観客の人気者までになったが、VVVからデ・カイプに来た最初のシーズンはわずか14試合出場でゴールに絡むことも無く、決して簡単な1年では無かったと振り返った。「デ・カイプのプレッシャーに慣れなければいけなかったし、怪我もあった。でも僕はファイターだし、再びぶつかっていった。ロナルド・クーマンが目を留めてくれたおかげで数年間スタメン選手になれたんだ」

 

カイプ恐怖症に苦しんだ?

「あれをカイプ恐怖症と呼ぶべきか僕には分からないけど、1年目に僕が時に罵倒されていたのは酷かったと思う。僕はいつもハッタリをかましていたけど、ウォーミングアップの時に自分のサポーターから座っていろと言われた時はウンザリしたよ。相手のサポーターから言われることはあり得るけど、自分のサポーターからはあり得ない。だから『糞ったれ、僕はミスをするチャンスもまだ貰えていない』と思ったよ」

 

どうやって乗り越えた?

「僕はチームメイトにリスペクトを抱かせなければいけなかったんだ。フリーの時にパスを出して貰うとか、そういうこと。1年目はそれに苦しんだけど、ロナルド・クーマンが来た時も、クラブが僕に目を向けていないなら出て行こうと思っていたんだ。でも切り替えてそれ以降は大成功だった」

 

フェイエノールトに来た選手はみんな大きなスタディオンでプレーするのに慣れなければいけないんだ。僕はVVVからだったし、フィテッセから来るよりももっと慣れが必要だった。急にプレッシャーがかかるし、自分がそれを克服できたのは嬉しいよ。フェイエノールトではどの選手をそれを克服しなければいけない。いまでも毎年のように全ての選手がプレッシャーを味わっているのは見ていて分かる。サポーターにリスペクトを抱かせることも必要なんだ。でもそこを超えられれば、ファンタスティックなスタディオンでファンから無条件の支持を得られるという素晴らしい経験ができる。その後僕は愛されたし、低調な試合でも歓声を貰った」

 

スハーケンの最初のシーズンはスポーツ面でも落ち込み、フェイエノールトは10位で終わったが、クーマンの到来によってデ・カイプに必要だった変化が起きた。ロッテルダマースは翌シーズン2位で終わり、スハーケンは7得点11アシストで成功に大きく貢献。このシーズン最もアシストをした相手がジョン・グイデッティだった。

 

「彼とはいまでも連絡を取っているよ。とても愉快でスペシャルな若者。彼とは多くの時間を過ごしたし、彼のことはかなりよく分かっている。彼はフェイエノールトに戻ってくるのにオープンだし、一度そうなりかけたこともあった。でも多分将来実現するだろう」

 

次に来たスピッツ グラツィアーノ・ペッレとの絆はどうだった?

「彼もグイデッティと同じく僕が得た特別なチームメイトだった。2人ともフェイエノールトで自分たちを不滅の存在にしたし、僕も多くのアシストでそれに貢献できた。みんなそれに気づいてないけどね。ペッレは今も僕に感謝してくれているよ。話をすると『君ほど僕の頭にたくさんボールを届けてくれた選手はいない』と言ってくれるんだ。素晴らしい賛辞だよ」

 

昨シーズンのカンピューンスハップのベースに君がいることをどう感じている?

「僕らがいたところを考えれば、僕らは負債を無くすことがチームのベースにあった。昨シーズンそれがようやくカンピューンスハップという形で報われたんだ。僕らも多少貢献したし、彼らがカンピューンになったのは嬉しいよ。自分のその中にいたかったね。クラブのことは誇りに思っているし、健全になってさらに上を目指せるようになった」

 

君はアムステルダマーとして生まれてフェイエノールダーになった

「僕を知っている人なら僕がフェイエノールダーなのは誰もが分かっていること。数年間プレーすればそれが急に変わることも無い。自分の家よりもデ・カイプにいることの方が多い時もあったしね。本当に家のように感じていたし、チームメイトも同僚以上の存在だった。彼らの多くとは今でも連絡を取っていて、温かい絆がある。フェイエノールダーになればそれは永遠のものであり、もう変わることは無い。常套句だけど、それは本当のことなんだ」

 

フェイエノールトを裏口から去ることになったのは残念?

フェイエノールトでの最後の1年間は最低だった。裏口からクラブを去ることになったのは残念だけど、そのことを掘り返したくは無い。粋なやり方では無かったけど、終わったことだし復讐心も無いからね。他の道を経て今も楽しい気持ちであの数年間を思い返せるよ」

 

スハーケンはInter Bakuで国外挑戦を決断。しかしアゼルバイヤンで成功することはなく、6ヵ月でオランダに戻った。Bakuではたった4試合出場に留まったが、アゼルバイヤン行きに後悔は無かった。

 

アゼルバイヤンでの経験は?

「ファンタスティックな半年間だったよ、フットボール以外でね。自分の運転手と綺麗なアパートメントを持ってイスラムの王様のような生活ができたし、スーパーに贅沢な街で楽しんだ。考えられないほど最高だったけど、ただフットボールだけが良くなかった。でもそれも前もって分かっていたこと。レベルが低く、スタンドには400人しかいない。でもチャレンジと街は楽しんだし、短期間でとても多くのお金を稼げたのは正直にそう言える」

 

もっと早く国外に行っていればという後悔は無い?

「一度ドバイから高額契約のオファーを受けたけど、その時はフェイエノールトでとても上手く行っていたから断ったんだ。オランイェに構想にも入っていたし、ドバイに行くよりはずっと低いけれどフェイエノールトで良いサラリーも貰っていたからね。トルコのKasimpasaに行く機会もあったけれど、断ったことに後悔は無い。その後代表戦にも出れたし、フェイエノールトで素晴らしい経験をしたから」

 

キャリアのハイライトは?

フェイエノールト時代が僕のキャリアのハイライト。CL予選でのDynamo Kievとのアウエーゲームはファンタスティックだった。僕は重要なアウエーゴールを決めたんだ。契約を延長したばかりで、クラブも全く迷っていなかった。僕は契約延長が正しかったと証明したんだよ。でもデ・カイプでのオランダ代表デビューもハイライトだね。自分のロッカールームの自分の席。そういうディテールが僕にとって重要なことだった。そして代表でもゴールを決められた」

 

VVVにいた時にオランイェにまだ入れると考えていた?

「VVVにいた時はオランイェにまで届きなんて考えて無かったよ。代理人と話をしていた時に、彼は僕の固有のクオリティがあればそこまでいけるはずといつも言ってくれていた。だから頭の中にはあったけど、難しいのも分かっていたからね。最終的にフェイエノールトで自分のレベルが上がったのに気づいて、それで代表を考えるようになったんだ」

 

クーマンはヘボ職人じゃないし、自分の力を示さないと行けない。僕hがラッキーだったと多くの人が言うけれど、決してラッキーでは無いよ。数年間フェイエノールトで毎週プレーし、何度も契約を延長すれば良くやったということ。それは僕の誇りだ。それにルイ・ファン・ハールのもとで代表選手になったけど、彼もヘボ職人ではない。だから満足して良いだろう」

 

君のキャリアで最高の監督は?

「全ての監督がそれぞれ自分のクオリティを持っている。フレッド・ルテンはファンタスティックなピッチトレーナーだけど、人間に対するマネージャーとしてはちょっと劣る。クーマンは本当に完璧な絵。ファン・ハールはオランイェで短い時間一緒だった。誰か挙げないといけないなら、クーマンだね。僕にとって重要な人だったけど、僕が一緒にやった最高の監督でもあった。彼があれだけ成功しているのは偶然では無いよ。ファンタスティックな監督であり、ファンタスティックな人物」

 

最高のチームメイトを挙げるとしたら誰?

「ホンダはビーストのように良かったけど、僕はVVVにいた時だからね。その後で見方は多少違う。フェイエノールトではみんながホンダのレベルだった。でも誰か挙げなければいけないなら、ヴェズリー・スナイデルだ。彼がいると凄くやりやすかった。ロビン・ファン・ペルシとアルイェン・ロッベンもね。『ふざけてるほど上手い』と本当に思ったよ」

 

キャリアを振り勝って満足している?

「僕は光を当てられたのがかなり遅かった。僕は本当の人生を楽しむ者。今も層だし、フットボールより楽しいことがたくさんあるのを知っている。自分のキャリアを振り返ると、素晴らしいことばかりとても楽しめた。美しいホテル、美しい試合、欧州戦、代表戦、オランイェでのゴール、国外挑戦。僕のキャリアに足りない者は何一つ無い。アムステルダムのカフェストリートで父親無しで育ち、本当に上手くやって来た。大満足だよ」

 

http://www.voetbalzone.nl/doc.asp?uid=312737