我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ボエチウスの帰還について基本合意

フェイエノールトはジャン・パウル・ボエチウスの移籍についてFC Baselと基本合意に達したことをクラブサイトで発表。最後の書類手続きが終わり次第、23歳のFWはデ・カイプで3年契約にサインする。ボエチウスはこれで国外で過ごした2シーズンを終え、F-pupillen からプレーしてきたクラブに帰還することになる。

 

ボエチウスはフェイエノールトで全ユース時代を過ごした後、2012年10月28日にアヤックスとのホームゲームでフェイエノールトにデビュー。トップチームでの3シーズンで公式戦計96試合に出場して20得点。2014年にはフランスとの親善試合でオランイェにデビューしている。

 

2015年8月にボエチウスはFC Baselに移籍。リーグ戦14試合に出場して3得点を記録した。昨シーズンはKRC Genkに半年レンタルされ、行使8期線23試合で5得点。

 

テクニカル・ディレクター マルティン・ファン・ヘール:「ジャン・パウルをデ・カイプに再び迎えることができて嬉しいよ。エルジェロ・エリアがトルコに去ったことで我々は新たなバイテンスペーラーをセレクションに迎える必要があった。ジャン・パウルの獲得はクラブ内で広い支持を得ていたし、もちろん彼がフェイエノールトで育ち、クラブ、選手、監督を知っているのもアドバンテージ。彼のクオリティも分かっているし、ジャン・パウルは間違いなくまだ新しいステップも踏める年齢」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/principeakkoord-bo%C3%ABtius-keert-terug-bij-feyenoord

 

 

待望の補強一人目はJPボエチウス。お帰りなさいという感じですね。いろいろあって残念なお別れだったので、この帰還はとても嬉しいニュース。間違いなくクオリティのある選手ですし、あの輝きをもう一度取り戻して再びデ・カイプのアイドルになって欲しいものです。