我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ファン・ヘール 「このカンピューンスハップは私の仕事に対する栄冠」

フェイエノールトのカンピューンスハップはテクニカル・ディレクター マルティン・ファン・ヘールにとってこの数年間の仕事に対してこれ以上無い形での栄誉だ。「信じられないプロセスだった」とファン・ヘールはフェイエノールト・マガジンのカンピューン特別号でのインタビューで語った。

 

カンピューンスハップの感想は?

「みんなでこれを成し遂げられたことをとても誇りに思う。信じられないプロセスだった。フェイエノールトでの私の1年目はこのクラブをなるべく早く健全な状態にするのは指名だった。フリーンデン・ファン・フェイエノールトがそのベースになってくれ、そのことについて我々は永遠に感謝すべき。それ以外にも運営面で黒字にしなければならなかったが、それも6年経って成功した。我々は移籍収支でもかつてフェイエノールトではほとんど無かったほどの大きな結果を得た。その一方で我々は自分たちの予算を超えることはせず、どんな無責任なリスクも冒さなかった。我々ディレクター、マネージメント陣、RvCがいくつかの時以外常にチームとして仕事をしてきたことは私の誇り。そうして我々は遂に財政的に健全になり、構造的なトップ・ドリーに戻り、ベーカーとランズティートルを勝ち獲ったことはとてつもなく誇らしい気持ちになる。このカンピューンスハップは私の仕事に対する栄冠だとも自分自身で思うよ」

 

昨夏を振り返って、当時このセレクションにはまだ大きなステップが必要と思っていましたか?それともティートルを争えるという自信がありましたか?

「私としては後者だ。我々はその前のシーズンにウィンターストップまでアヤックスPSVと争えていたし、悲劇的な7連戦の後はすぐにまだ立ち直った。それにKNVBベーカーを獲ったことが、この気分をもっと味わいたいというとても大きな刺激をみんなに与えいてた。選手たちもみんなで続けたいと望んでいたし、我々はかなりスピーディにケネト・フェルメール、カリム・エル・アマーディ、ディルク・カイト、テレンス・コンゴロ、エルジェロ・エリア、トニー・フィレーナといった選手たちと契約を延長できた。それに加えて我々は補強も試みた。スピッツとウィンガーを獲得しようとし、ニコライ・ヨルゲンセンとスティーヴン・ベルフハイスを早い段階で獲得できた。フェルメールの怪我にも対応しなければならなかったが、それもブラッド・ジョーンスで大きな成功を得られる幸運があった。これらた刺激がこのセレクションにプラスαのブーストを与えたんだ」

 

このグループに好感触を得たのはいつですか?

「プレシーズンから持っていたよ。とても集中して取り組んでいたし、前シーズンの最後から自信と確信が生まれていた。そこからFC フローニゲン相手に0-5というこれ以上無いスタートを切って9連勝。それで自信と確信がどんどん大きくなっていった」

 

どの時点からカンピューンスハップを信じ始めましたか?

「可能性はあると1年間ずっと信じていたが、その意味ではウィンターストップ明けが重要な時点だっただろう。我々はずっと首位にいたが、Marbellaでのトレーニングキャンプでグループが信じられないほど野心的なのを目にしたんだ。さらにもの凄くハードワークしていた。その週の最後のディナーでの雰囲気と一体感も素晴らしかった。長年フェイエノールトにいる人たちでさえ、『こんな夜は経験したことが無かった』と言っていた。誤解しないで欲しいが、そういう夜があったから何かできるという訳では無い。しかしいくつもの要素が良い形で組み合わさったことで、我々はこの道を進み続けることができるという自信を持てたんだ」

 

セレクションにそういう雰囲気を作らせるように仕向けることは可能でしょうか?それとも全てが上手く噛み合わないと無理ですか?

「両方だろう。大事なのはセレクション内のベテランと若手のバランス、技術、戦術、フィジカルのバランスだ。我々はもしろんそれをしっかり見ている。私がここに来た1年目はそのバランスが無かった。当時のグループは非常に若く、後に我々はヨリス・マタイセンやハリド・ブラルースのようなベテランを加えることができたが、間を埋めるミドルグループがいなかった。25~30歳のそのグループをようやく上手く整えられたんだ。この年齢の選手は大抵人生でもっともパワーが出るもの。上手く行くかは常に運の要素があるが、これでバランスが良くなった。重要なのはグループ内のヒエラルキーがしっかりしていて、適切な人々が綱を引くこと。フェイエノールトでそれはカイトであり、例えばエル・アマーディやヨルゲンセンがそれをサポートし、他の選手たちはそれに従う。本当の指標はもちろん監督とスタッフから出るがね」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/van-geel-het-kampioenschap-is-de-kroon-op-mijn-werk