我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

第3節結果 ADOが3連勝スタート。ヴィレムIIがアヤックス-uitでクラブ史上初勝利。フローニゲンは劇的に3連敗

Speelronde 3

 

vrijdag 19 augustus 2016

20:00 Excelsior - ADO Den Haag 1-2

8’ Jurgen Mattheij 1-0 / 25’ Gervane Kastaneer 1-1 / 68’ Tom Beugelsdijk 1-2

 

驚きの2連勝スタート同士で今シーズン最初のトッパー。

立ち上がりADOがプレッシャーをかけるもエクセルシオールが主導権を取ると、最初のCKでゴール前に走り込んだマタイがドフリーであわせて先制。その後もコールワイクとブラインスを中心にしたフットボールエクセルシオールが序盤優勢に試合を進めたが、20分頃からADOがボールを持つ時間が増えるると、上がったサン・ロマンのパスを走り込んだカスタネールが蹴り込んで同点。その後は再びエクセルシオールがボールを持つ時間を増やして拮抗した展開に。

 

後半は時間が経つにつれてエクセルシオールが優勢になって数回良いチャンスも。しかし60分を過ぎて再びADOが攻勢に出ると、CKからベウヘルスダイクが低いバウンドに頭で飛び込んで1-2. 終盤もエクセルシオールが必死の攻撃を見せたが惜しいチャンスを決められずにそのまま終了。

 

エクセルシオールは優勢に薦めるも惜しい敗戦。ADOは効率の良さを見せて1970/71シーズン以来の3連勝スタート。

 

ゼリコ・ペトロヴィッチ

フットボールについて話す前に、まずこの勝利は我々の友人であり、用具係のディヴ・テテローのためだと言っておきたい。彼はいま酷い病気にかかっている。今日一緒にここにいるのが彼の夢だった。ああいう若者がこういうめにあっているのを見ると、私は本当にショックだ。彼は我々と一緒にロッカールームに入り、我々は彼のためにファンタスティックな日にしてあげることができた」

「選手たち、クラブ全体を誇りに思う。素晴らしい仕事をし、また3pts取れた。もちろん我々は度々エクセルシオールより劣っていたし、引き分けが相応しい試合だっただろう。最終的にはスピリットによって勝利を引き寄せることができた」

 

zaterdag 20 augustus 2016

18:30 Roda JC Kerkrade - Vitesse 0-1

22’ Lewis Baker 0-1

 

ローダはアウアサル、ロシュヘウフェルの背後にアヤグンを置いた4-4-2. フィテッセはカザイシフィリを外してイェイニを起用。

出だしローダがカウンターで鋭さを見せたが、フィテッセのロングボールをファン・ヴォルフスヴィンケルと競ったブラウワースが触れず、後ろに流れたボールをベイケルが蹴り込んで先制。これで雑なフィテッセが落ち着いて試合をコントロールし、ローダはボールを持たされても組み立てが全くできず苦しい展開。

 

フィテッセはHTにナータンを下げてファン・ベルヘンを投入。後半も展開は変わらず、お互いに説得力を感じさせずに時間が経過。ローダは残り20分でアヤグン→ミティデスで4-3-3に。さらにボイマンも入れて3-4-3にした終盤、アウアサルのクロスにミティデスが飛び込んだが、がら空きのゴールに入れられずに信じがたいポスト直撃でそのまま終了。

 

ヘンク・フレーザー

「この勝利はとても嬉しい。紛れもなく非常に低調だったからね。我々はボールを持った時に雑すぎて何度もチャンスを与えていたし、それを決められなくてラッキーだった。今日の内容を見ても分かるが、我々は良いフットボールはしていない。むしろ非論理的なことが多い」

「カザイシフィリを外した理由?選手は多くいるし、ファコもその内の一人でしかない。彼らはもっとエネルギーを使えるはずだし、使えなければいけない。だから今回は彼を外して他の選手を見た。監督として選手たちのトリガーを引きたかったんだ。彼らはもっとフィットするはず。こういう酷い試合でも我々は勝ちたいし、フットボールは時に上手くいかないこともあるのだから、その時はハードワークが必要」

 

19:45 Ajax - Willem II 1-2

1’ Davy Klaassen 1-0 / 28’ Erik Falkenburg 1-1 / 31’ Fran Sol 1-2

 

ヴィレムIIアヤックス-uit41試合目で遂に初勝利!オフサイドラインの裏に抜けたアンドラーデからファルケンブルフが強烈なシュートで同点とすると、左サイドでフェルトマンをかわしたハイエのクロスをゴール前フリーのソルが見事な反転シュートで一瞬で逆転。スタンドでアヤックスファンの子供が泣き出す。後半はアヤックスが攻め立てるもシュートは悉く枠外に飛び、ランプルーの好セーブもあってそのまま大ブーイングと共に終了。

 

ヴィレムIIは2連敗スタート歴史的な3ptsで今シーズン初勝利。

 

エルヴィン・ファン・デ・ローイ

「ボーナスポイント?毎試合で我々は何かしら結果を得ようとしているし、毎週我々はそのためにハードワークしなければいけないんだ。ここまでの試合でプレシーズンのレベルに到達していないことに私は特に失望していた。今日も出だしは悲劇的。しかしこの1週間で我々は決して諦めてはいけないという気持ちを作り上げたんだ。アヤックスは早々のゴールで上手くいくと思ったかもしれないが、いずれにせよ我々は間違いなく前半良いプレーをした。後半は多少下がらざるを得なかったが、我々はしっかり両足で立ち続けたと思う」

 

エリック・ファルケンブルフ

「バスにビールがあるのを願ってるよ!スタンドから見たら僕らが楽に勝ったように見えるかもしれないけど、かなり多くのパワーを使った。主審が最後の笛を吹くまで自分たちが勝つという確信は無かった。僕らには2連敗からこの勝利が必要だったんだ。自信になるよ。昨シーズンがPOで綺麗な締めくくりになったけど、今シーズンはそこまで行きたくないからね」

 

19:45 PEC Zwolle - PSV 0-4

22’ Isimat-Mirin 0-1 / 35’ Jorrit Hendrix 0-2 / 86’ Luuk de Jong 0-3 / 89’ Steven Bergwijn 0-4

 

PECはアチャバールを外してナイラントをスピッツ起用。しかしほとんどチャンスを作れず、PSVが終始主導権を取って与えずに完勝。

PECは1分け2敗、PSVは3連勝。

 

ロン・ヤンス

「特に前半の我々はみんなでお互いの足を引っ張ってしまった。結果が出ていないことで不安があり、自信を欠いていたのは見ていて明らか。後半のように最初からやれなかったのが残念。私は我々は良いシーズンを送れると今でも本当に思っている。後半はファイとして良くなったし、来週のヘーレンフェーン戦は良い結果を得られるチャンスがある」

 

フィリップ・コクー

「私は普段批判的だが、前半の内容についてはほとんど不満は言えない。PECはほとんど何もできていなかった。今シーズンのベストの前半だったともう。あらゆる面でだ。前にかなりプレッシャーをかけ、ボールを持った時に強く、良い解決策を持ち、鋭いパスを通した。これが私が見たいもの。後半は少し低調になったかもしれないが、それはズヴォレが切り替えたせいでもある。我々もそれは予想していたし、しっかり試合をコントロールして最終的に終盤に試合を決めることもできた。試合後に選手たちに賞賛を送ったよ。昨年の我々なら1,2失点はしていた」

 

20:45 NEC - sc Heerenveen 2-1

32’ Dario Dumic 1-0 / 36’ Pelle van Amersfoort 1-1 / 58’ Reagy Ofosu 2-1

 

お互い2戦2分け未勝利もスタメンをいじらず。

出だしヘーレンフェーンが圧倒するも、NECがオフォスとオブスのスピードを活かしたカウンターから盛り返し、競り合いの強さを見せて次第に主導権を取り返して逆に圧倒。30分過ぎにFKのこぼれ球からゴラのクロスをドゥミッチが頭であわせて先制。しかしヘーレンフェーンも右サイドを駆け上がったマルゾのクロスにファン・アーメルスフォールトが飛び込んでエールディヴィジ初ゴールで同点に。再びヘーレンフェーンが優勢に立った前半終盤もNECがFKから再びドゥミッチのヘディングで決定機もムルデルがセーブ。

 

後半は立ち上がりからハイテンポでの攻め合いに。マイーがファン・アーケンをかわして抜け出すもムルデルがセーブ。ファン・アーメルスフォールトがスラフフェールのクロスに飛び込んだがわずかに届かず。60分直前にオフォスがバイケルとの1対1からニアを打ち抜いて2-1. ヘーレンフェーンはスラフフェールに代えてサム・ラーソンが今シーズン初出場、攻撃にクリエイティヴィティが加わったが、ネットは揺らすことはできずに敗戦。

 

NECは守備の一体感と前線のスピードを活かし、説得力のある内容で今シーズン初勝利。ヘーレンフェーンはポゼッション72%も決定力を欠き、守備も脆さも変わらず。

 

ペーター・ヒバラ

ヘーレンフェーンは良いチームだと思うが、我々は幸運にも前線のスピードを上手く利用できたよ。試合中サイドラインで激しく指示を出すのは私のスタイル。自分で見てもちょっとクレイジーだと思うけどね。だから映像は流さないでくれ。アシスタントのエルニー・ブランツにも『落ち着け』と時々言われるよ。そういう時は45秒間頑張って我慢する」

 

ユルヘン・ストレペル

「ガッカリだ。出だしから優勢でそれは選手たちも感じていたが、CKやセットプレーで彼らが危険なのは分かっていたこと。素晴らしいゴールで同点に追いついたが、残念ながらそれをキープもできなかった。確かに支配はしていたが、ボールを持つのが目的では無いんだ」

 

zondag 21 augustus 2016

12:30 FC Groningen - FC Twente 3-4

23’ Enes Ünal 0-1 / 35’ Enes Ünal 0-2 / 39’ Enes Ünal 0-3 / 52’ Mimoun Mahi 1-3 / 69’ Ousama Idrissi 2-3 / 84’ Danny Hoesen 3-3 / 90’+3’ Jari Oosterwijk 3-4

 

2連敗スタートのフローニゲンは大幅にスタメンを変更。新加入の左バック デイヴィドソンがスタメンでデビューし、マドゥロ、ライネン、ヒアリエイ、イェンセン、ルスナクがベンチに。アントニアが驚きの右バック起用でハーテブールがメミセヴィッチとCBデュオに。中盤はティブリングとバクーナ、前線はイドリシとマヒーが今シーズン初スタメン。同じく2連敗スタートのトゥエンテはオーステルワイクを外してうなるがスタメンスピッツ

 

お互いに攻守にドタバタしながら攻め合う展開。フローニゲンがイドリシのクロスで決定機を作るも、全体に優勢だったトゥエンテがウナルのアクションから綺麗なシュートで先制。その後フローニゲンがプレッシャーを強めるもフィニッシュに力が無く、ツィエクのピンポイントパスをウナルが胸トラップからの反転ボレーでアクロバティックに2点目。さらにウナルが強烈なミドルでハットトリック達成。ウナルはエールディヴィジハットトリックした初めてのトルコ人選手に。

 

悲劇的なフローニゲンはHTにアントニアを下げてvdラーンを投入してハーテブールを右バックに。CKからマヒーが蹴り込んでフローニゲンが今シーズン約230分目でようやく初ゴール。その後もお互いに攻め合い、お互いに守備の脆さを見せ合う展開。デイヴィドソンのクロスをファーのイドリシが蹴り込んで2-3として緊張感のある終盤、完全にフローニゲンが優勢に立つと、フーセンがFKを決めて遂に同点。スペクタクルな展開になった試合はロスタイムにカウンターからツィエク→イェンセンのパスをオーステルワイクが蹴り込んで勝負あり。

 

フローニゲンは唯一の3連勝スタート。トゥエンテは2連敗から初勝利。

 

エルネスト・ファーベル

「非常にガッカリ。我々は本当にこの試合に良い入り方をしたかったのに、残念ながらそれに失敗した。勇気も説得力も無いプレーで、そこからビハインドを跳ね返すのにかなり大きなエネルギーを費やさなければならなかった。後半は全く別のプレーをさせ、3-3に戻せた。多分1ptで満足すべきだっただろうが、同点に追いつけばそれを続けたくなるもの。そこから3-4にされたのは非常に辛い」

 

ルネ・ハーケ

「嬉しいし、ホッとしている。フローニゲン-uitが伝統的に難しい試合なのはみんな分かっていること。ようやく勝ってここから帰れるし、相応しい勝利だと思う。フローニゲンを試合に戻らせてしまって自分たちで難しくしてしまった。4点、5点と決めるチャンスも逃してしまってい、そのせいでフローニゲンに信じ続けさせてしまった。3-3になってかなり苦しくなったが、最終的には相応しい勝利」

「みんながいまウナルを持ち上げているが、我々は彼に地に足を付けてやらせ続ける。優秀な選手だし、もちろん我々は喜んでいるよ」

 

エネス・ウナル

「ツィエクと一緒にプレーできるのはファンタスティックなこと。彼が僕を見るとすぐにボールをくれる。ピッチではそれほど話すことはしていないけど、アイコンタクトで十分なんだ。彼は僕を理解してくれている」

 

14:30 FC Utrecht - AZ 1-2

25’ Markus Henriksen 0-1 / 53’ Patrick Joosten 1-1 / 84’ Alireza Jahanbakhsh 1-2

 

ユトレヒトは移籍したラムセラールの穴にヨーステンを起用。加入したブラーフハイト、コホ、ジヴコヴィッチはベンチから。木曜のELアウエーで完勝したAZはスタメンをいじらず。

 

昨シーズン終盤に4位を争った両チーム、やや雑なユトレヒト相手にAZが試合をコントロールすると、CKの流れから左サイドでボールを持ったヘンリクセンが逆サイドネットに見事に蹴り込んで先制。

 

後半出だしもも試合展開は変わらなかったが、ユトレヒトが何も無いところからヨーステンのミドルで同点に。ユトレヒトは残り30分でトゥルペーを下げてオランダ復帰のブラーフハイト、さらにルビンに代えて新加入ジヴコヴィッチも投入。ユトレヒトの方が積極的に決勝点を狙っていたが、残り10分でAZのカウンターが続くとヤハンバクシュが決めて決着。

 

ユトレヒトは3試合1ptスタート。AZは今シーズン初勝利。

 

エリック・テン・ハフ

「実際我々はプレシーズンのやり直しだが、重要なのは勝ち点。主力選手が去るのは仕方が無いことだし、多くのクラブがその影響を受けているが、我々はかなり多い。しかし我々は9/1から良いユトレヒトを作っていけると確信しているよ。ポテンシャルは間違いなくある」

「今日はAZが致命的に効率的だった。前半の我々はあまりに粘りが無く、後半は多少良くなった。同点ゴールも相応しい結果。そこから押し続けるパワーが足りなかったのが残念」

 

ヤシン・アユプ

「バルト抜きでやるのは最高に難しい。パトリック(・ヨーステン)は彼のポジションで良くやったけど、バルトは全く違うタイプの選手。彼は僕のようにコンビネーションを模索するタイプだったし、パトリックとはまだ慣れが必要。でもその内良くなるよ」

「今日は常に二人に張り付かれて、小さな穴を見つけるのに苦しんだ。バルトがいた時のように、二人でならずっとシンプルにいくけど、そうはいかなかった。でもそれを試合に負けた理由にはできない。バルトの移籍は僕にとってもチームにとっても損失」

 

ジョン・ファン・デン・ブロム

「昨シーズンの欧州戦後のエールディヴィジのスタッツを自分たちに受け入れさせてはいけない。そこにもっと考えを向けなければいけないんだ。最も重要なのはフィットすること。今日最も楽しめたのは1-1にされた後も我々がやり続けたこと。勝利を信じ続けていた。アウエー3試合のタフな週をこういう締めくくりができて嬉しい」

 

14:30 Sparta Rotterdam - Go Ahead Eagles 1-0

84’ Brogno (str.) 1-0

 

スパルタは3試合6ptsで1987年以来のベスト・スタート。

 

16:45 Heracles Almelo - Feyenoord 0-1

29’ Karim El Ahmadi 0-1

 

フェイエノールトはエリアの離脱でベルフハイスを初めてスタメン起用し、フィレーナを左バイテンに移してトールンストラを中盤に。

 

序盤フェイエノールトが主導権を取るも、ヘラクレスが出足の鋭さを見せて次第に流れを取り戻して特にブルーンスに再三の決定機。しかしそれを逃すとフェイエノールトの右サイドからの連携を最後はゴール前に飛び出したエル・アマーディがボレーで突き刺して先制。その後も五分五分の展開でお互いにチャンスを作りながら決められず。

 

後半もフェイエノールトが主導権を掴みきれず、フラドン、ベル・ハサーニに決定機。プレーレベルが上がらず、前にプレッシャーもかけられないフェイエノールトはベルフハイスを下げてバサチコグルを左サイドに投入し、フィレーナを中盤に戻していつもの形にするも、やはり防戦一方のまま終盤に。ヘラクレスは残り10分でフェルマイをエクストラFWとして投入。ロスタイムにベル・ハサーニがようやく枠内シュートもこの試合不安定だったジョーンスが弾き、カストロも上がっての2回のCKを凌いでそのまま終了。

 

ジョン・ステーヘマン

「ちょっと首を吊られた気分。この試合は自分たちで落としてしまったと思う。実際一つのチャンスも与えずに、何度もチャンスを作っていた。ああ、チャンスを作ったのならそれを決めなければいけない。今日の我々はそれをしなかった。そうなれば反対側で一度何かが起きても仕方が無いのは誰でも分かる。無失点に抑えられれば嬉しかったが」

 

Stand

1 Feyenoord 3 (3 0 0) 9 8 0

2 PSV 3 (3 0 0) 9 7 1

3 ADO Den Haag 3 (3 0 0) 9 7 2

4 Vitesse 3 (2 0 1) 6 6 3

5 Excelsior 3 (2 0 1) 6 5 3

6 Sparta Rotterdam 3 (2 0 1) 6 5 3

7 NEC 3 (1 2 0) 5 5 4

8 Ajax 3 (1 1 1) 4 6 5

9 Heracles Almelo 3 (1 1 1) 4 4 3

10 AZ 3 (1 1 1) 4 4 4

11 FC Twente 3 (1 0 2) 3 5 7

12 Willem II 3 (1 0 2) 3 4 8

13 SC Heerenveen 3 (0 2 1) 2 5 6

14 Roda JC Kerkrade 3 (0 2 1) 2 3 4

15 FC Utrecht 3 (0 1 2) 1 4 6

16 Go Ahead Eagles 3 (0 1 2) 1 2 6

17 PEC Zwolle 3 (0 1 2) 1 1 8

18 FC Groningen 3 (0 0 3) 0 3 11

 

Topscoeres

1 L. Brogno (Sparta Rotterdam) 3

2 E. Elia (Feyenoord) 3

3 G. Kastaneer (ADO Den Haag) 3

4 E. Ünal (FC Twente) 3

 

Assists

1 S. Amrabat (FC Utrecht) 2

2 L. Bruins (Excelsior) 2

3 D. Dumić (NEC) 2

4 C. Ede (FC Twente) 2

5 A. El Ghazi (Ajax) 2

6 Bruno Andrade (Willem II) 2

7 R. Koolwijk (Excelsior) 2

8 Q. Owusu-Abeyie (NEC) 2

9 D. Sinkgraven (Ajax) 2

10 S. Spierings (Sparta Rotterdam) 2

11 J. Toornstra (Feyenoord) 2