我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ファン・ブロンクホルスト 「この2試合が道標になる」(第23節PEC-uit前会見)

フェイエノールトローダJC ケルクラーデ相手のベーカー戦勝利とアヤックスとのデ・クラシケルで見せたプレーから希望を描き出している。日曜のPEC ズヴォレとのアウエーゲームに向けて金曜のデ・カイプで行われた会見でジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストはそう語った。「この2試合で我々はそれ以前の試合よりもコンパクトにプレーできていた。ほとんどチャンスを与えず、チームとして上手くいっていた。その点ではこの2試合が道標になる」

 

ファン・ブロンクホルストはこの数日間選手グループ内にフィジカル面の不具合を目にしていたが、金曜は長期負傷のワルネル・ハーンを除いて再び全セレクションでのトレーニングに。監督はこの数日のトレーニングピッチで、スポーツ面での困難な状況にタス買おうとする選手たちの意欲が見えたと語った。「シャープなトレーニングになった。選手たちはハードワークすることでお互いを助け合えるし、実際にそうなってる。みんな日曜の試合でスチームを上げる準備ができている。こういう姿勢を見れるのは素晴らしいこと」

 

チーム内で流れを変えるために全力を尽くそうとしている例として、監督はエルジェロ・エリアを挙げた。このFWはフェイエノールトでのベストゲームをやれていないが、今シーズン序盤の良いフォームを取り戻そうと不屈の姿勢を見せている。「エルジェロはもっと良くなれるし、もっと良くしなければいけないと自分で分かっている。我々も追加個人トレーニングなどで彼を助けているよ。彼はトレーニングで調子が上がりつつあることを見せてくれているし、そのためにハードワークしている。エルジェロはすぐにフォームをシャープな状態に戻せるタイプの選手」

 

最近のリーグ戦の連敗にとってエールディヴィジの首位はこの数週間で視界から消えた。「カンピューンになるにはシーズン全体を通して良いパフォーマンスを維持しなければいけない。我々はそれができなかった。しかしまだ3位とKNVBベーカーと目指すべきものは多くある。昨シーズンの我々は欧州戦で素晴らしい経験ができた。来シーズンそれを取り戻すために結果を出さなければいけない」

 

PEC Zwolle – Feyenoord

Zondag 14 februari 2016 om 14.30 uur in het IJsseldelta Stadion

Scheidsrechter: Gözübüyük

 

Laatste ontmoetingen

 

UIT

17/05/2015 PEC Zwolle – Feyenoord 3-0

04/08/2013 PEC Zwolle – Feyenoord 2-1

17/02/2013 PEC Zwolle – Feyenoord 3-2

28/09/2003 FC Zwolle – Feyenoord 0-3

20/04/2003 FC Zwolle – Feyenoord 1-3

 

https://www.feyenoord.nl/feyenoord-1/programma/pec-zwolle-feyenoord-netherlands-eredivisie-2015-2016

 

 

ファン・ヘール叩きと馬鹿な020サポーターの馬鹿な真似で1週間が過ぎてPEC-uitへ。ジオは辞任はしないでしょうし解任もされないでしょうからシーズン最後まで頑張ってもらいましょう。

 

再び典型的なカウンター・スタイルのPEC相手にシステムをどうするか、また5-3-2に戻して探り合いの選択肢も十分あり得ますが、多分3トップなのでそれよりは4-4-2のような4-2-3-1でしょうかねぇ。