我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

アドリアーンセ 「フェルハイエンの影響がオランダ・フットボールに致命傷を与えている」

公式にはまだフットボール監督として引退していないものの、隠居生活を楽しんでいるコ・アドリアーンセ(67)。現在のオランダ・フットボールの危機について彼に広く、オープンな目を向けてもらった。 「我々に欠けているのはすでに拓かれた道を外れてリスクを冒す、創造的な思考の指導者」。オランダで最も多彩なフットボール思考者の一人のインタビュー。

 

オランダの新しい黄金期の鍵は指導者育成にある?

アドリアーンセ 「一部分はそうだ。だが我々がほとんど手を付けていない大問題は他にもある。レイモンド・フェルハイエンの教義のおかげでオランダの我々はより良くなるためのトレーニングをほとんどしていない結果になっている。何よりもまず怪我をしないためのトレーニングをしているんだ。紛れもない赤ん坊の世話になっているんだよ。フットボール選手が一日に2回トレーニングをできないなんて話が本当に信じられるか?もちろんそんなことは無い。他の非常に多くの国では我々より遥かに多くのトレーニングをごく普通にやっている。フィジカルだけでなく、フットボールのトレーニングさえもだ。私はエクササイズ・フィジオロギストを嫌ってはいないが、フェルハイエンの影響が我々に致命傷を与えている。我々が戦いに負けているのは、単にほとんど何もしていないからなんだ」

 

フレッド・ルテンもそう言っていますが、彼のチームは常にシーズン終盤にパフォーマンスを落としています

「私に言わせればフェイエノールトは頻繁にこの問題を抱えており、ルテンの時だけではない。おそらくフェイエノールト自体に問題があるんだろう。だがフェイエノールトとは違い、たとえばカンブールでは全く別のエクササイズ・フィジオロギーのメソッドを採っている。どのスポーツ選手も3つの、いわゆるエネルギー供給システムを持っているという考えがベースになっているものだ。私はこっちの方がずっと信じられる。大抵のクラブでやっている1日に最大1回しかトレーニングしないというやり方が全てを駄目にしているんだ」

 

エールディヴィジは延々とスローなプレーが続いていますが、どうすればこの状況を打ち破れますか?

「ポジションプレーのトレーニングの問題点は、『ポジションプレーが実際ゴール無しのプレーになっている』ということ。単にボールを持つだけになっているんだ。オランダのチームと指導者を見ればいつも『コントロールしろ』、『ボールをキープしろ』の同じパターンの繰り返しなのは見て分かるだろう。ポジションプレーはゴールを決めるためのものでなければならない。そのためには前に向かってプレーするんだ」

 

我々の選手の育成も上手くいっていない?

「そのせいでもある。我々はフットボールは自分で学べるのが一番だということを時々忘れてしまうんだ。シンプルになのが一番だが、その代わりに我々はよく教育されたフットボール選手たちを生み出しているんだ。子供たちがお互いに学び合うのではなく、我々が子供たちにどういうふうにフットボールをすべきかを教えている。ウサマ・タナーネやアンダーン・ティガドゥイニを見ろ、彼らは自分で学んできた。そういう選手がオランダにまだどれだけいる?ほとんどいない。アヤックスの中盤を見れば一目で分かる。男らしく相手を抜く選手も、誰も見えないような解決策が見える選手も1人もいない」

 

http://www.ad.nl/ad/nl/5610/Eredivisie/article/detail/4239286/2016/02/05/Wij-zijn-in-Nederland-bovenal-gaan-trainen-om-niet-geblesseerd-te-raken.dhtml