我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ADO相手にリベンジを狙う(第21節ADO-thuis前会見)

「この低調な時期を抜け出す唯一の方法はハードワークを続けること」とジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストは4連敗となtった木曜夜のsc ヘーレンフェーン戦での敗戦についてコメント。監督と彼のスタッフは金曜からすぐに来たる日曜のADOデン・ハーグとの試合に向けて準備を始めている。

 

木曜のロッカールームでの失望の大きさはファン・ブロンクホルストも分かっているが、重要なことはチームがその感情にいつまでも囚われたままでいないことだと監督。「日曜にはまたADOが待ち構えている。このチーム相手にヘーレンフェーン戦のリベンジをするチャンスが我々にはあるんだ。我々のためでもあるし、サポーターのためでもある。彼らの失望と気持ちは私はよく理解している」

 

デ・カイプはADOデン・ハーグ戦で16試合連続の完売。「私にとっても選手たちにとってもこれは素晴らしい刺激」とファン・ブロンクホルスト。チームは時に試合の中で背中を押してもらうことが必要。それはヘーレンフェーン戦でのアナス・アチャバールが決めた美しいゴールでも起り得る。あの後我々は良い時間帯になったが、残念ながらプレッシャーを掛け続けられなかった。観客も上手くいかない時に選手たちに自信を与えることができる存在。サポーターがADO戦でチームを支えてくれるのも私は分かっている」

 

ファン・ブロンクホルストのチームへの信頼は揺るがない。「我々が良いセレクションを持っているという私の見立ては変わらない。とても意欲あるセレクションということはヘーレンフェーン戦でもまた見れた。だがこの数週間それが結果に繋がっていないのも明らか。我々は自信を再補給し、それを日曜の勝利に繋げなければいけない」

 

ADOデン・ハーグ戦ではヘーレンフェーン戦出場停止だったスフェン・ファン・ベークが再び起用可能に。木曜夜に共に負傷したミヒル・クラーメルとマルコ・ヴェイノヴィッチが日曜にプレーできるかはまだはっきりしない。今週 FC トゥエンテから獲得されたレナート・ターピアはまだ出場資格が無い。

 

Feyenoord - ADO Den Haag

Zondag 31 januari om 14.30 uur in De Kuip

Scheidsrechter: Makkelie

 

Laatste ontmoetingen

 

THUIS

01/02/2015: Feyenoord – ADO Den Haag 2-1

29/09/2013: Feyenoord – ADO Den Haag 4-2

16/12/2012: Feyenoord – ADO Den Haag 3-2

02/10/2011: Feyenoord – ADO Den Haag 0-3

28/11/2010: Feyenoord – ADO Den Haag 2-1

 

https://www.feyenoord.nl/feyenoord-1/programma/feyenoord-ado-den-haag-netherlands-eredivisie-2015-2016

 

 

分かりやすく危機的状況になってのADOとのホームゲーム。来週ベーカー戦とデ・クラシケルでアウエー2連戦なのを考えると、ここで自信を取り戻せないとどうなるかは言うまでも無く… ただここのところデ・カイプの雰囲気もそれほどチームのプレーと相乗効果になっておらず、まぁいろいろ不安ではありますが。

 

光明としてはADOはそれほど中盤から飛び出してくる走力のある選手はいないので、多少組しやすいはず。スフェンとようやくボテギンが戻れそうで、最終ラインはどうなりますか。クラーメルが問題なければスピッツはまたクラーメルになるそうで、まぁクロスが届くことを祈りましょう。