我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ファン・ブロンクホルスト 「ここからもう一度糸を手繰ってゆく」(第18節PSV-thuis前会見)

フェイエノールトにとってリーグ戦再開の日曜はいきなり重要な試合だ。エールディヴィジの首位を争う直接のライバルであるPSVとの対戦であり、デ・カイプでの試合が持つ意味は大きい。「だから我々にとってシーズン後半戦で良いスタートを切ることは非常に重要」と監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストはトッパーに向けて語った。

 

フェイエノールトは現ランズカンピューンをウィンターストップまで長期間順位表で下に抑え込んでいたが、2015年最終節でN.E.C.に敗れたことで2ptsのビハインドを背負っている。だがこれは日曜にひっくり返せる差だとファン・ブロンクホルスト。「ナイメヘンでの敗戦は失望だが、もう痛みは消えた。我々は前を見ているし、日曜は合う立場。我々にとって非常に重要な試合。ここからもう一度糸を手繰っていきたい」

 

フェイエノールトがシーズン前半を短調で締めくくったのに対し、PSVは最高の気分で祝日に入った。それは主にCLでの素晴らしいパフォーマンスのおかげ。PSVはManchester United, Vfl Wolfsburg en CSKA Moskouとのグループを生き残り、大会のベスト16に進んでいる。

 

「とても見事なパフォーマンス」とファン・ブロンクホルストフェイエノールトの次の対戦相手に賞賛を贈った。「オランダのクラブがCLで冬越えを果たしたのはずっと前に事。トップレベルでのプレーでどんなチームも強くなる。欧州戦のおかげでPSVは非常に経験あるチームになっている。我々が勝つには日曜はトップの状態でなければいけない」

 

同じ思いはアイントホーフェナール側にもあるだろう。PSVはこの5シーズンデ・カイプで敗北を喫している。さらにフェイエノールトは今シーズン ホームゲーム11試合(リーグ戦&ベーカー戦)中10試合に勝っており、ホームでは未だ無敗。「この記録はもちろん続けていきたい」とファン・ブロンクホルスト。監督は日曜はエリック・ボテギンは起用できない。このDFはハムストリングの怪我から戻りかけているが、PSV-thuisはまだ間に合わない。

 

Feyenoord – PSV

Zondag 17 januari om 14.30 uur in De Kuip

Scheidsrechter: Makkelie

 

Laatste ontmoetingen

 

Thuis

 

22/03/2015 Feyenoord – PSV 2-1

01/12/2013 Feyenoord – PSV 3-1

24/02/2013 Feyenoord – PSV 2-1

04/12/2011 Feyenoord – PSV 2-0

24/04/2011 Feyenoord – PSV 3-1

 

https://www.feyenoord.nl/feyenoord-1/programma/feyenoord-psv-netherlands-eredivisie-2015-2016

 

 

やっとウィンターストップが明けてリーグ戦再開。ここから難しいカードが続くので少しでもへまするとあっという間にティートルレース脱落が決まるというなかなか緊張感のある連戦です。

 

で、まずはPSV-thuis. アウエーでは順当に完敗した気がしますが、大きな問題が無ければ主導権を取ってカウンターに気を付けながら攻める展開になるはず… ポルトガルではかなりポジションプレーに時間をかけたようなので、いきなり結果に表れてくれると嬉しいですが、まぁそんな簡単にはいかないでしょうねぇ。

 

カジムがいい加減アレでどうやらセレクションを外れるそうなので、いっそのことアナスのスタメン起用が見たいですが、果たして何分間出れるか。