我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

第24節結果 トッパー初勝利のフェイエノールトが再びウィークエンド・ヴィナ-、PSVはバッド・ルーザーに

Speelronde 24

 

vrijdag 22 februari

20:00 Willem II - NEC 2-3 (1-3)

1' Robbie Haemhouts 1-0 / 27' Tim Cornelisse 1-1 (E.D.) / 33' Melvin Platje 1-2 / 42' Melvin Platje 1-3 / 52' Aurelien Joachim 2-3

 

キックオフ直後に力強いボールキープを見せたヨアヒムから左サイドでフリーのハームハウツにパスが通って42秒で驚きの先制。その後NECがボールを回すもほとんどチャンスを創れず、相手の積極的な追い回しに苦しむなど明らかにヴィレムIIが主導権を取っていたが、プラッチェのクロスをゴール前でジャンプしてヘディングしようとしたアクイリが届かず、背後にいたコルネリッセが驚いて頭に当てて綺麗にOGという不運な形で同点に。

NECが完全に圧倒し始めると、左サイドを駆け上がったアミューのパスを受けたプラッチェが見事な反転ボレーで逆転。さらにプラッチェはコールワイクのパスをペナルティエリア際からワンタッチでゴール右隅に突き刺して1-3でHT。

 

後半開始早々にヴィレムIIにCKに飛び出したバボシュが触れず、ヨアヒムが追い上げのゴール。直後にもあわやのシュートで試合に緊張感が戻る。ヴィレムIIが立て続けの決定機を逃し、NECはプラッチェを下げてボイマンスを投入。明らかにガッカリしながらベンチに下がるプラッチェ。

残り15分でハンス・ムルデルが競り合いでハムストリングを痛めて立ち上がれずに交代。最後まで押し続けたヴィレムIIは5分間のロスタイムに3回セットプレーでムールが上がるもチャンスには繋がらずに終了。

 

NECは後半早々にミスで失点を招いたバボシュがその後はいつも通りの好セーブ連発で前節に続きボトム・チーム相手に勝ち点を落とすことは避けられた。ヴィレムIIはホームで素晴らしいプレーを見せるも、内容に見合う結果は得られず、いよいよ最下位降格が現実的に。

 

ユルゲン・ストレペル

「スタートは良かったが、早い時間にゴールを決めたらそこから自分たちの強みを出して行かなければいけない。我々の頭でNECがゴールを決めるまでは上手くやっていた。HTには競り合いに負ける選手が多すぎると指摘したよ。後半は励みになる内容だったと思うが、1ptは取るべきだった」

 

アレックス・パストール

「信じられないよ。後半の我々はほとんどフットボールをせずに相手を止めるだけ。ごくわずかなリードを守るのはかなり苦しかった」

「HT明けもそのまま選手を残る保証は私には全く無い。メルフィンは前線でもう注意力が無く、ヴィレムIIの組み立てにプレッシャーをかけず、セカンドボールも狙っていなかった。彼は前半の成功の余韻を引きずっていたんだろうが、そうそう繰り返し上手くいかないもの」

 

メルフィン・プラッチェ

「誰だって90分間プレーしたいけれど、監督の選択は受け入れる。ポジション争いは何であれ良い事」

 

zaterdag 23 februari

18:45 Heracles Almelo - Vitesse 3-5 (1-2)

19' Wilfried Bony 0-1 / 23' Marco van Ginkel 0-2 / 31' Lerin Duarte 1-2 / 51' Marco van Ginkel 1-3 / 53' Wilfried Bony 1-4 / 73' Geoffrey Castillion 2-4 / 90+1' Wilfried Bony 2-5 / 90+3' Ninos Gouriye 3-5

Rood: 86' Thomas Bruns (2xGeel)

 

ヘラクレスは今週もヴェイノヴィッチの偽スピッツでハウリエとエヴァートンの両サイドで3-4-3。フィテッセも前節と変わらずにテオ・ヤンセンの代わりにチョマーを起用。

 

激しいプレッシングでフィテッセに主導権を取らせなかったヘラクレスだが、最前線でのボニーのポストプレーだけは止められず。20分直前にドゥアルテのボールロストからボニーに強烈なミドルを叩き込まれて失点すると、さらにボニーのポストプレーからファン・ヒンケルが持ち上がり、追いかけたフイチェヴィッチがハムストリングを痛めて倒れ、フリーで楽々フィニッシュを決めて0-2。ボスは代わりにクーンダースを投入して4バックに。

ボールを持ってもなかなからしい連携が出なかったヘラクレスだが、ブルーンスとドゥアルテのこの試合初めてのヘラクレスらしいコンビネーションがそのままゴールに繋がり1-2。フィテッセが全く競り合いに勝てなくなり、ヘラクレスが圧倒。ルテンはHTを待たずにライスを下げてカザイスフィリを投入するも、流れは変わらずにヘラクレスが惜しいチャンスを創りつつHT。

 

後半出だしにフィテッセのカウンターからスヘンケフェルトと軽く接触したカザイシフィリが倒れるとヒフラーがPK&なぜかドゥアルテにイエローカード。ボニーのキックをパスフェールがストップするも、直後のCKからファーでハーフェナールが競り勝ち、ファン・ヒンケルが一瞬早く触ってゴール。さらにロングボールをハーフェナールが頭で流し、ボニーがリーンストラを圧倒して1-4とあっという間に勝負あり。反対側のペナルティエリアでブルーンスがカシアに対してPKを獲りに行くも、こちらはヒフラーがシュワルベを取ってイエローカード

途中出場カスティリオンが反転シュートを左隅に決めて終盤再び盛り上がるも、ヒフラーが最後まで笛を吹き続けて今シーズン最多ファール数56。ブルーンスが2枚目で退場に。ロスタイムにはボニーへのパスに飛びついたクーンダースが届かずにハットトリックで終了。

 

ペーター・ボス

「我々はあまりに多くのミスをし、同時にルテンにはボニーという別格のスピッツがいた」

 

ベン・リーンストラ

「ボニーの強さはもちろん毎週見てみんな知っている。しっかり競り合いにいったけれど、彼は全てのチャンスでゴールを決めた。彼も決して全ての競り合いに勝った訳でではないけど、ゴール前でとても鋭い。全てのシュート全てのチャンスがゴールに繋がった」

「僕等のプレーは悪くなかったと思うけれど、失点の仕方が悪かった。彼らに5回のチャンスで5得点を決められてしまった。僕らは多くのチャンスは作れなかったけれど、プレーイメージではそれほど劣っていなかった」

 

フレッド・ルテン

アルメロで勝てるクラブは多くは無いし、これは素晴らしい結果。ヴィルフリードはフェノメーンだ。彼がやっていることは信じられないほど見事。ただ守備はあまりにチャンスを与えすぎた。許されないこと」

ヨナタンは不安げにプレーしていたと思った。過去の深刻な怪我と関係あるかもしれない。彼にとって良いピッチでなかったのは誰の目にも明らか。そうなれば嫌な決断もしなければならない。それもフットボールの一部」

 

ヴィルフリード・ボニー

「まだ移籍を期待している。可能性があるなら出て行きたい。ファンにとっては残念だろうけど、僕はキャリアの新たな一歩を刻みたいんだ」

 

19:45 FC Groningen - PEC Zwolle 1-0 (0-0)

90+3' Michael de Leeuw 1-0

 

ロベルト・マースカント

「前半の我々は本当にとても悪かったと思う。後半も良いプレーはしていなかったが、情熱と戦闘意欲を見せ、ズヴォレにプレッシャーをかけ続けたことでチャンスを得た。終盤はファン・ダイクも前線に上げてあらゆるリスクを負ったことで最終的に報われた」

 

アルト・ランゲレー

「最後の1秒で負けるのは辛い。前半の我々はかなり良かったし、何の問題も無かった。後半はフローニンゲンの方が我々を苦しめ、引き分けが最良の結果に見えたが我々は前に出続けた。このフットボールをしていればまだ勝ち点は十分獲れるはず」

 

19:45 VVV-Venlo - RKC Waalwijk 1-0 (1-0)

30' Marcel Seip 1 - 0

 

両トーム非常に低調な試合は前半CKからサイプが決勝点。VVVは2012年2月のフローニンゲン戦(2-0)以来1年ぶりのホーム無失点でヴィレムIIとの差を8ptsに広げ、ズヴォレRKCと1pt差に詰める大きな3pts。RKCは年明け6試合でわずか1ptと厳しい状況に。

 

トン・ロコフ

「我々は完全に試合に上手く入れていた訳ではなかった。最初の良いチャンスがそのままゴールに繋がり、そこから多少良くなったが両チームにとってタフな試合だった。最終的に我々が3ptsを得る立場にいたのはラッキー」

「我々にとっては他のチームが再び視界に入ってくる重要な勝利。まだ17位だが、この1勝はとても大きい」

 

エルヴィン・クーマン

「特に前半は我々の方が優勢だったが、勝つためにはゴールを決めなければいけない。そこに我々はかなり苦しんだ」

 

20:45 sc Heerenveen - FC Twente 2-1 (1-0)

15' Rajiv van la Parra 1-0 / 54' Dmitriy Bulykin 1-1 / 79' Alfreo Finnbogason 2-1

Rood: 87' Edson Braafheid (2xGeel)

 

ヘーレンフェーンはハウウェレーウとデ・ローンがスタメン復帰。トゥエンテは出場停止のブラマの代わりにペルペシー(19)がスタメンでエールディヴィジデビュー。。カブラルはセレクション外。

トゥエンテの雑なミスからのカウンターでチャンスを作っていたヘーレンフェーン。フェルの謎のバックパスを受けたファン・ラ・パラがそのまま持ち上がり、ミハイロフの脇の下を破って先制。完全にヘーレンフェーンが主導権を取るもフィンボガソンが追加点の決定機を逃し、トゥエンテも26分にようやくフェルのヘディングシュートで初チャンス以降次第に反撃に出るも決定機はほとんど作れずにHT。

 

後がないトゥエンテはHTにペルペシー&カスタイニョス→ヘルシャー&ブリキンと交代策で勝負に出ると、ロサーレスのクロスにブリキンが頭であわせて狙い通り同点ゴール。

お互い後がないためにオープンに攻め合う両チーム。トゥエンテはブリキンのポストプレーが効いて優勢に立つも、終盤少しずつヘーレンフェーンが盛り返すとファン・ラ・パラのクロスにフィンボガソンの頭で決勝点。

 

ヘーレンフェーンは3試合振りの勝利で重要な3ptsをつかみファン・バステンの立場はとりあえず一安心。逆にトゥエンテは年明け6試合勝利無しでマクラーレンの去就に大きな疑問符が付きつつ次節はアヤックスとのトッパーへ。

 

マルコ・ファン・バステン

「選手たちを褒めてあげないといけない。幸運をつかみにいって、見事それをつかんだ。やっと我々の側に運が味方したよ。明日は良い気分でベッドから起きられる」

 

スティーヴ・マクラーレン

「このチームにはまだここから頂点に立てるだけのクオリティがある。今日はプレッシャーがとてつもなく大きかったが、その中でチームが見せてくれたものにはとても喜んでいる。我々は勝利に相応しいプレーをした。私が責任を取ることになるかどうか私は知らない。しかし私は続けていくつもりだ」

 

zondag 24 februari

12:30 Feyenoord - PSV 2-1 (0-1)

34' Jeremain Lens 0-1 / 47' Ruben Schaken 1-1 / 68' Graziano Pellè 2-1

 

フェイエノールトはスハーケンがスタメンに復帰、PSVは出場停止のヒュチンソンとファン・ボメルの代わりにザンカとヒルイェマルクとお互い予想通りのスタメン。

 

五分五分の序盤から次第にフェイエノールトがペースを上げてプレッシャーを強めるとPSVのボールロストが多くなり圧倒。30分直前にマルティンス・インディが負傷しネロムに交代のアクシデントも、気落ちすることなく前へ出続けてザンカを圧倒したボエチウスなどにチャンスシーン。

しかし中盤でクラーシがレンスとの競り合いでボールを奪われる痛恨のミスからPSVが突然の先制。これでフェイエノールトが試合のコントロールを失ってしまい、これ以降はチャンスを創れずにHT。

 

PSVがマタフス→エンゲラールと動いて後半へ。マタイセンとのサンドでヒルイェマルクからボールを奪ったクラーシすぐ前へボールを送ると、マルセロとの1対1で素晴らしい強さを見せたスハーケンがそのままフィニッシュで1-1。そのまま前半を遙かに上回るファイティングスピリットを見せて前へプレッシャーをかけ続けたフェイエノールトペナルティエリア前でボールをキープしたペッレが左へ周りながら完璧な反転シュートで2-1。その後もデ・カイプで例のごとく全く前に出れないPSV相手にフェイエノールトが押し続け、ボエチウス、スハーケン、フィリェナ等に決定機を作りつつ勝利。

 

フェイエノールトは今シーズン苦しんでいたトッパーで遂に初勝利。PSVとの差を3ptsに詰めてティートルレースにも生き残った。PSVは今年もデ・カイプで勝てず3シーズン連続負け。試合後には興奮したレンスがカタコンベマタイセンにつかみかかって両チーム押し合いへし合いに。KNVBからの処分が下されると思われるが、PSVも自主的に処分を下すことを表明。

 

ディック・アドフォカート

「お互い今日の試合の重要性は前もって分かっていたはなのに、我々のプレーにはそれが見えなかった。実際我々のパフォーマンスは最初から悪く、ミスの連続だった。棚ぼたで先制したが、今日の我々は普段のレベルに誰一人として達していなかった。ファン・ボメルとヒュチンソンの出場停止を理由にするのは安易な弁解だが、スタメン選手4人を失えば強くはならないのは当然」

「前半の我々は3回連続でボールを繋げていなかった。フェイエノールトとのアウエーゲームならボールを持たなければいけないのはみんな知っている。だからトレーニングでファンタスティックだったエンゲラールを入れた。効果は逆に出たと言える結果だが、いずれにせよ我々はレンスを使ってもっと奥行きを出すべきだった。彼は相手の左バックを何度も追いかけていたが、彼のスピードを活かせばもっと危険なシーンを作れたはず。それにエンゲラールを入れたのは中盤で落ち着きを出したかったから。そうすればレンス、メルテンス、ワィナルドゥムの素晴らしい前線が活きる。カウンターで走り勝てれば危険なシーンを作れただろうが、全くそうはならなかった。そしてあんな形でゴールを与えてしまっては・・・ このレベルでは許されない」

「我々は今シーズン ランズティートルを獲れる。もちろんだ。どうして無理なんだ?まだ首位にいるし、フェイエノールトには今シーズン ホームで2勝、デ・カイプで1回負ける事はあり得る。PSVが上手く行っているのは間違いない。少なくともエールディヴィジの他のトップチーム同様に良いところも悪いところもある」

 

ケヴィン・ストロートマン

「僕らは前半から本来のレベルに達していなかった。3回もボールを繋げてなかった。これは僕ら全員の責任だ。でも後半も含めてほとんどチャンスは与えていなかった。失点の仕方はあってはならないもの。あれでは負ける」

「中盤が全く上手く行っていなかったから、オルランドが入ってもっとコントロールできることを期待したんだ。残念ながらそうはならなかった」

 

14:30 FC Utrecht - Roda JC Kerkrade 4-0 (2-0)

19' Jacob Mulenga 1-0 (Pen.) / 27' Jan Wuytens 2-0 / 47' Tommy Oar 3-0 / 64' Jacob Mulenga 4-0

Rood: 18' Abel Tamata

 

スタンドでネスが見守る中、序盤から力強いプレーを見せたユトレヒト。ドゥプランのペナルティエリア侵入に接触したタマタにヴィーデマイヤーが一発退場&PK判定。その後は何の問題もなく、ヴァイテンスのミドルでほぼ試合を決めると後半も追加点を決めて完勝。

 

14:30 Ajax - ADO Den Haag 1-1 (0-1)

30' Tjaronn Chery 0-1 / 85' Lasse Schøne 1-1

 

モイサンデルのナイス・バックパスを貰ったシェリーが華麗にゴール。その後は7割以上ポゼッションしたアヤックスが次々とチャンスを逃し、ADOも後半コルクにチーム2回目のチャンスもフェルメールとの1対1を決められず。結局終盤シェーネが叩き込んでドロー。

 

モーリス・スタイン

「もちろん相応しく無い引き分けだが、我々にとっては嬉しいボーナス。アヤックスにプレッシャーをかけたかったが上手く行かなかった。彼らには何度かとても良いチャンスがあったし、シクトルソンのボールはラインを越え、ブリントはオフサイドポジションでは無かっただろう。ADOに運があった。先制点も相手のミスを突いたもの。選手たちは終盤のシェーネのゴールに非常にガッカリしているが、我々はこの1ptを喜ぶべき」

 

16:30 AZ - NAC Breda 0-1 (0-1)

6' Nemanja Gudelj 0-1

 

フィールヘーフェルが出場停止中のAZはワィナルドゥムではなくラムを起用。マヘルが戻り、左サイドはオーヴァートム。

 

ネノ・グデルイェがペナルティエリア外から美しいミドルシュートを叩き込んで先制。その後はAZがボールを持つも、ローテンポ過ぎて効率良くチャンスを作ることはできず、たまのハーフチャンスにもテン・ラウウェラーウの壁。

終盤にはペナルティエリア内でバイスがヘンリクセンを押し倒す明らかなPKシーンもなぜかブラームハールが取らず。

 

AZはホームとアウエー併せてNAC戦実に7試合勝利無し(4分け3敗)でAZの対エールディヴィジクラブ最長。年明け好調のNACは順位表でもAZを抜いて11位に。

 

ヘルトヤン・フェルベーク

「あのゴールのショックで自信が消えてしまった。30分過ぎからようやく戻って来て実際我々が支配していたがほとんどチャンスを創れなかった。ボールの無い所でほとんど動かないリアクション・フットボールだった」

 

Stand

1 PSV 24 (16 2 6) 50 78 27

2 Ajax 24 (13 9 2) 48 54 25

3 Feyenoord 24 (14 5 5) 47 47 32

4 Vitesse 24 (13 6 5) 45 48 31

5 FC Twente 24 (12 8 4) 44 40 22

6 FC Utrecht 24 (12 6 6) 42 38 27

7 NEC 24 (10 6 8) 36 35 38

8 ADO Den Haag 24 (7 11 6) 32 38 42

9 FC Groningen 24 (8 5 11) 29 23 35

10 Heracles Almelo 24 (6 10 8) 28 48 50

11 NAC Breda 24 (7 6 11) 27 26 40

12 sc Heerenveen 24 (6 8 10) 26 34 45

13 AZ 24 (6 7 11) 25 34 41

14 RKC Waalwijk 24 (5 8 11) 23 25 32

15 PEC Zwolle 24 (5 8 11) 23 25 38

16 Roda JC Kerkrade 24 (4 10 10) 22 32 49

17 VVV-Venlo 24 (5 7 12) 22 28 49

18 Willem II 24 (2 8 14) 14 23 53

 

Topscorer

speler club goals (pen.) wed. gem.(%)

Bony Vitesse 22 (4) 21 104

Pellè Feyenoord 18 (0) 20 90

Finnbogason SC Heerenveen 17 (2) 21 80

Altidore AZ 16 (0) 23 69

Wijnaldum PSV 13 (0) 24 54

Mertens PSV 12 (1) 21 57

Jacob Mulenga FC Utrecht 11 (2) 20 55

Malki Roda JC Kerkrade 11 (0 22 50

Tadic FC Twente 11 (4) 24 45

 

Assists

Mertens PSV 13

Tadic FC Twente 11

Lens PSV 9

Matavz PSV 7

Overtoom Heracles 7

Siem de Jong Ajax 7