我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ファン・マルワイク、バッカルのフェイエノールト移籍を喜ぶ

移籍市場最終日にオトマン・バッカルはレッドブルザルツブルクとサインをすることも可能だったが、結局オーストリア行きを拒んでフェイエノールトへの移籍を選んだ。

 

かつてバッカルをオランイェにデビューさせたボンズコーチ ベルト・ファン・マルワイクはバッカルの選択を歓迎している。

「彼はレッドブルにも行けたという記事を読んだ。あそこもとても良いクラブだけれど、好む好まざるに関わらず構想からは外れる」

 

「私はオトマンのキャラクターを完全に理解できるほど分かっていないが、彼は毎週フットボールをしたい選手だと思う。彼がシーズンを通して調子を維持し、オランダのトップレベルで十分やっていけるかどうか私は楽しみにしている」

 

バッカルのことは忘れていないとファン・マルワイク。

「それができれ、彼は素晴らしい選手と言って間違いない。我々は彼をオランイェの構想から外したことはないし、彼は我々にフィットすると思っている。もちろん、我々は彼を追い続けているよ」

 

http://www.fr12.nl/nieuws/15910-van-marwijk-blij-met-feyenoordtransfer-bakkal.html