我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

クーマン 「選手たちはやるべき事を分かっている」

力強いシーズンスタートを切り、期待の高まるフェイエノールトだが、監督 ロナルド・クーマンは土曜夜のデ・フラーフスハップ戦で自分のチームが問題なく勝てると考えるべきではないと思っている。

「我々がこの試合簡単に勝てると思うのはとても悪いこと。過去2試合、デ・フラーフスハップはデ・カイプで勝っている。それが十分物語っているよ」

 

ドゥーティンヘマースがロッテルダムザイトで最後に勝ったのは1月の終わりのこと。当時のフェイエノールトは迷走し、エールディヴィジ下位に沈んでいた。この8ヶ月間でデ・カイプの旗色は全く変わり、チームは無敗で4位に立っている。

「もちろん大観衆がこの試合我々が勝利するだろうと予想しているのはポジティブなこと。それはフェイエノールトが上手く行っているという事だからね。我々はそれと同時に相手にもデ・カイプでは難しい試合になると思わせなければいけない」

 

クーマンは過去試合デ・フラーフスハップとのホームゲームに敗れている事だけでなく、ドゥーティンヘマースとの試合では自分のチームにスペースが貰えないことを軽視すべきではないと語った。

「全てが正しく一致した時だけ、チームは上手く回る。それをこの数週間、選手たちにハッキリさせた。今のフェイエノールトは全員が自分の仕事をしっかりと果たしているから上手く行っているだけ。これは謙遜でも何でもない」

 

最後にクーマンは今週のトレーニングを満足して振り返った。選手たちが楽しんでいるだけでなく、非常に集中してトレーニングを行っているように監督の目には見えたという。

「選手たちはやるべき事を分かっているという感じがした。選手たちがお互いに厳しく、もっと多くの事を要求し合うように願っている。我々が相手の事を気にせずに試合に勝てるようになるのはそう遠い事ではないよ」

 

先週ブレダで1-3の勝利を収めたフェイエノールトだが、前半は酷いパフォーマンスだった。

「我々のプレーはあまりに雑だった。デ・フラーフスハップ相手では当然全てがオープンには行かないし、全く違ったものになるはず。土曜の夜は非常に注意深くプレーしなければならないだろう」

 

デ・フラーフスハップ戦のセレクションは先週のNAC戦と全く同じ18人となり、つまりディエゴ・ビセスワールをデ・カイプで欠くことになる。腹部の怪我で7週間プレーしていないこのアタッカーは、月曜のヨング戦でカムバックする。

 

Feyenoord - De Graafschap

 

Zaterdag 17 september om 20.45 uur in De Kuip

 

Scheidsrechter: Wiedemeijer

 

Vermoedelijke opstellingen:

Feyenoord: Mulder; Leerdam, De Vrij, Vlaar, Ramsteijn; El Ahmadi, Clasie, Bakkal; Cabral, Fernandez en Schaken.

De Graafschap: De Winter; Jansen, Van de Pavert, Wormgoor, Abdulla; Rose, De Leeuw, Meijer, Breinburg; El Hassnaoui en Poepon.

 

STATISTIEKEN

 

THUIS

22/01/2011 Feyenoord - De Graafschap 0-1

07/12/2008 Feyenoord - De Graafschap 1-3

04/11/2007 Feyenoord - De Graafschap 2-0

15/08/2004 Feyenoord - De Graafschap 6-1

21/09/2002 Feyenoord - De Graafschap 2-0

 

http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail.aspx?contentcode=20110916_vbs_degraafschap

 

 

でもできればAZ戦を前に快勝して勢いを付けたい試合ではあります。

 

トレーニングで選手同士もっと厳しくやって欲しいのは前々から思ってたことで、マリオのもとでの若いセレクションではどうにもならなかったですが、クーマン、JPと厳しめのテクニカル・スタッフになって少しは改善されるかと期待・・・。

 

グイデッティはスタメンでも良い気がするというか、是非スタメンで使った欲しいですが、もうちょっと先かな?

 

デ・フラーフスハップですが、今シーズンも粘っこいチームなのは変わらず、デ・レーウ、エル・ハスナウィで攻撃力も上がっているような。快勝したいところですが、でも今年もやっぱり苦戦する予感が・・・