我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

バッカル、フェイエノールトで欧州戦のチケットを狙う

昨日初めてのフェイエノールトのトレーニングに参加したオトマン・バッカル。26歳のMFはPSVへの大きな愛をいったん収めて、デ・カイプで再帰の道を目指している。「ロナルド・クーマンとは以前もとても成功できたし、今度もそれが目標だ」

 

ファルケノールトのトレーニングピッチにはポジティブなムードが漂っている。リロイ・フェルを売却した代わりに、オトマン・バッカルとスウェーデンのジョン・グイデッティを獲得できた。後者は来週セレクションに初合流。バッカルはすでにロッテルダム・ザイトに迎えられている。

 

「とても良い感じで歓迎されているよ。そう、確かに僕はフェルが去った事でレンタルされた。でも自分をフェルと比べるつもりはない。彼は素晴らしい選手だし、トゥエンテも伊達に彼を取ったわけでは無い。それに彼はフェイエノールトのユース出身。でも僕はまるで違うタイプだ」

 

フェイエノールトが関心を見せてくれた時、僕はすぐに有頂天になったよ。移籍はあっという間だった。僕の心はいつもPSVのもとにあるし、自分がフェイエノールトのためにプレーするなんて考えた事もなかった。でももちろんこのクラブには良い感情を持っていたし、ここには美しいスタディオンとファンタスティックなサポーターがいる。PSVでの選手としても、デ・カイプでプレーするのはいつも大好きだった「

 

「ここで欧州戦のチケットを取りたい。以前は僕もオランダ代表にも入ったし、あの時期を取り戻したいんだ。フェイエノールトは優秀なグループを抱えているからね」

 

http://www.ad.nl/ad/nl/5619/Feyenoord/article/detail/2885221/2011/09/02/Bakkal-wil-met-Feyenoord-Europees-ticket-halen.dhtml