我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

第4節結果

Speelronde 4

 

Vrijdag 26 augustus 2011

20:00 Ajax - Vitesse 4-1 (0-0)

53' Christian Eriksen: 1 - 0 / 62' Derk Boerrigter: 2 - 0 / 64' Kolbeinn Sigthórsson: 3 - 0 / 72' Kolbeinn Sigthórsson: 4 - 0 / 89' Alexander Büttner: 4 - 1

 

フィテッセはファン・デル・ハイデンが初スタメンでイェネルを外してホフスが左サイドに。

最前線でボニーが競り合いの強さを見せるも、なかなか高い位置でボールが繋がらないフィテッセ。次第に押されて何度か決定機を作られるもなんとか無失点で前半を切り抜ける。

30分過ぎにホフスのスルーパスに飛び出したファン・ヒンケルが最初の決定機もGKにセーブされ決められず。さらに40分にオーバーラップしたファン・デル・ストライクのクロスがファーポストのボニーに届いたがこの最大のチャンスもゴールライン際でDFに掻き出されてゴールならず。

 

後半も流れは変わらず、出だしにDFラインの前のフリースペースから決められて失点。FKからカシアが至近距離から頭で狙うもこれもフェルメールにセーブされる。数分後に縦パス一本で2点目を決められて勝負あり。フィテッセは終盤中盤で無駄なヒールパスをしようとしたフェルトンゲンから奪ってのカウンターからボニーのシュートがポスト直撃、リバウンドにビュートネルが詰めて1点返すに留まった。

残り10分でMF ヴィミリオ・フィンク(17)がデビュー。

 

フィテッセはチャントゥリアがアニタに抑えられ、プロッペルもなかなかボニーのポストプレーを活かす飛び出しができず。2点差を付けられるまでの3回のチャンスの内一つ決められれば最後まで接戦ができたかもしれない。ファン・デル・ストライクがブーリフテルに終始押され気味だったのが痛かった。

 

ジョン・ファン・デン・ブロム

「後半最初の10分間で望みが無くなってしまった。最終的にはフランクが交代を繰り返したおけがで4-1で済んで喜んでいる」

 

テオ・ヤンセン

フィテッセも悪くなかったと思う。特に前半はかなり良いフットボールをしていた。でも後半に点差が付いて、終わってしまったね」

 

試合後は元チームメイトのホフスと挨拶。

「試合中は敵でも意志が終わればお互いに握手をするもの。彼がサイドだったのは残念。直接の相手としてやりたかったね」

 

Zaterdag 27 augustus 2011

18:45 RKC Waalwijk - NAC Breda 2-0 (1-0)

11' Evander Sno: 1 - 0 / 87' Adil Auassar: 2 - 0 / 90' Anthony Lurling: 2 - 1

 

RKCはスノが初スタメン、アウアサルをベンチに置き、マイヤースを左サイドに上げて4-3-3に。

 

序盤から優勢に進めたRKC。序盤ドロストがアモアとの競り合いで流血するも、マイヤースのスルーパスにNACディフェンスラインのギャップを突いたスノが簡単に抜け出して先制。

その後も良い形でフットボールを続けて数回チャンスを作るRKCに対して、なかなかゴールに迫れないNACも30分過ぎにボネファチアがバー直撃のシュート。アモアもリバウンドに反応しきれず。

 

残り30分ほどでNACはスハルクを投入。しかしその後も流れは変わらず。スヒルデルのミドルもポスト直撃。終盤ようやく攻勢に出たNACだがゴールは決められず、RKCが途中出場のアウアサルが抜け出して2-0と、今日もカウンターでトドメを刺して2連勝。

NACは最後にルーリリングが決めるがあまりにも遅すぎた。

 

RKCはシーズン序盤戦で最大のサプライを提供。逆にNACは力無く、4試合で1ptと悲劇のシーズンの気配が。

 

ルート・ブロート

「後半はNACがスペースを与えてくれたのに、もうフットボールができていなかった。フィニッシュもよくなかった。2点目の所だけはよかったね。カウンターでスペースを巧く仕えた。しかしもっと早く2点目を取るべきだったし、3点目も取れたはず」

 

ジョン・カレルセ

「見ての通り非常にガッカリしている。この試合もまた二つの面が見えた。前半はほとんどプレーできず悪かった。後半はまずまずになったが、毎回前半から良いプレーができないことを恥じるべき。」

 

イェレ・テン・ラウウェラール

「我々のプレーは悲劇的だ。競り合えず、セカンドボールも獲れず、チャンスも作れない。これでは何度やっても勝てる訳がない」

 

19:45 FC Twente - VVV-Venlo 4-1 (3-1)

2' Bryan Ruiz: 1 - 0 / 26' Ahmed Musa: 1 - 1 / 28' Luuk de Jong: 2 - 1 / 31' Marc Janko: 3 - 1 / 66' Luuk de Jong: 4 - 1

 

トゥエンテはベルフハイスから再びジョンをスタメンに。VVVはアヤックス戦から変わらず、ムサ、ウチェボ、リンセンの3トップ。

出だしから圧力をかけたトゥエンテはジョンのクロスにルイスの頭といつもの形で先制。しかしその後のチャンスを逃すと縦パスのヨーイドンでコルネリッセがムサに振り切られてそのまま失点。しかしヴィスヘルホフのフィードをヤンコの落としからデ・ヨングが決めて再び勝ち越し。さらにルイスのスルーパスを受けたヤンコが決めて3-1。

 

HTにトゥエンテはコルネリッセを下げてロサーレス投入。前半から続けてチャンスを作るトゥエンテだが、ジョンの素晴らしいアクションからのシュートはポスト直撃、ヤンコの立て続けのシュートはヘンテナールが先週から続く好セーブ連発。60分を過ぎてヤンコとルークの連携でようやく4点目。

トゥエンテはその後もチャンスを作るもヘンテナールの壁に阻まれ、VVVも数回決定機を得たがクレンのシュートはダグラスがギリギリでクリアなどノーゴールとそのまま終了。

 

ヤンコ絡みでかなりのチャンスを外した印象は拭えないものの、トゥエンテは4試合12ゴールと攻撃力を見せて首位キープ。4連勝スタートは43年ぶり。

 

コ・アドリアーンセ

「エンターテイメント性という点では現時点で我々のベストゲームだった。オラは素晴らしいプレーをしたよ。彼が得点できなかったのは残念。決めてもおかしくなかった。ヤンコはこの試合4,5点は取れただろう。だがバーに当たったり、VVVのGKがいいセーブをされたりしたね」

 

オラ・ジョン

「僕はゴールを決めたかった、というか決めるべきだったね。数回もう少しというところまで一端だけど、運がなかった」

「左スピッツには多くの候補がいる。ベルフハイス、バイラミ、それにチャドリも。チャンスがあるのなら、それをつかなまいと」

 

マルク・ヤンコ

「勝てたからまだ笑えるけど、今日の僕は確実に5点は決められただろう。全く満足はできない。苦しい夜になる。ほとんど眠れないだろうね」

 

グレン・デ・ブーク

「トゥエンテがFiat Pandaなら、我々はレーシングバイクだ。自分たちが愚かな敗者とは思わない。明らかにトゥエンテの方がかなりレベルが高かったが、それでもチャンスもあった。こういう試合から学ばないといけない」

 

マルセル・メーウウィス

「あれだけ早く先制されると難しくなる。1-1になってまだ分からなくなったが、またすぐ2-1とリードを奪われた。ゴールシーンを見直したら、とても簡単に決められているのが分かると思う」

「ヤンコ、デ・ヨング、ルイスの3人はみんなヘディングや当たりの力が強く、張り合うのが難しかった。今日は負けて当然。ある意味、この試合が終わってホッとしている」

 

19:45 NEC - Heracles Almelo 2-1 (2-1)

3' Lasse Schøne: 1 - 0 / 8' Nick van der Velden: 2 - 0 / 45' Glynor Plet: 2 - 1

 

NECアヤックス行き確定のシレセンがセレクションを外れ、バボシュがスタメンGKで1年ぶりの出場。怪我人続きの右バックにフロートファーンがスタメンデビュー。

プラーチェのクロスにゴール前シェーネが頭であわせて先制。さらにvdフェルデンのミドルで突き放す。

ヘラクレスもHT直前にヴェイノヴィッチのバー直撃ヘディングからプレットが決めると、後半も決定的チャンスを得るがエバートンがバー直撃。

 

アレックス・パストール

「チームは2-0にのリードを奪ったことで守備だけに頭がいってしまい、主導権を手放してしまった。攻撃は最大の防御。今回の事から学ぶことは多い」

 

ダミアーノ・フロートファーン

「慣れているヨング戦とは全然違うね。僕は本来右ウィンガーだけど、DFでもトレーニングをしていた。守備ではまだ学ぶことは多いけれど、攻撃的なプレーはできる」

 

ペーター・ボス

「序盤の守備が悲劇的だった。これほど悪かった入り方は見たことがない。私はそれほど優秀なDFではなかったが、私が入っていればこれほどは悪くなかっただろう。選手たちにもそう言ったが、誰も何も言い返せなかった」

 

20:45 FC Utrecht - Roda JC 3-1 (1-1)

38' Mads Junker: 0 - 1 / 44' Thomas Michael (Tommy) Oar: 1 - 1 / 60' Rodney Sneijder: 2 - 1 / 73' Jacob Mulenga: 3 - 1

 

この1週間不穏な空気だったユトレヒトは新加入ボーフェンベルフとスナイデルがデビュー。ハルヘンワールトのスタンドには兄が観戦に。出場停止のニルソンに代わりフォルステルマンス。

今シーズン初めて立ち上がりから主導権を取ったユトレヒト。CKからプルースがパンチングミスでOG、かと思われたが主審が何故かノーゴール判定と、今週も誤審に悩まされるユトレヒト。さらにペナルティ・エリア前でアサレが後ろからタックルを受けて倒されるもボッセンが流し、我慢ならないクーマン

次第にローダが盛り返し、デ・ブーレがポスト直撃。ユンケルがクロスをヒールで華麗に合わせて先制。しかしユトレヒトスローインからファーポストで待ち構えていたオールが巧くマークを引き離して初ゴール

 

後半も一進一退の展開からムレンガがロングボールに競り勝つと、飛び込んだアサレが倒されるも、さらに飛び込んできたスナイデルがしっかり決めて嬉しい初ゴール。スタンドでさっそくつぶやく兄。その後もアサレ、ムレンガが惜しいシュート。

残り20分を切ってカウンターからオールが素晴らしいクロスを上げるとファーポストに飛び込んだムレンガが叩き込んで勝負あり。

 

ユトレヒトは今シーズン初勝利。スナイデルがデビュー戦で展開力、飛び出しでフットボールセンスを見せ、ようやくストロートマンの穴が埋まるか。トップ下で輝いたアサレ、右サイドで安定したプレーを見せたボーフェンベルフとチーム全体でローダを上回った。オールは1G1Aでいよいよブレイクの予感。

 

エルヴィン・クーマン

新加入の二人には満足。

「ボーフェンベルフがかなりやってくれたが、張りがあって最後はフィジカル的に問題になった。スナイデルはいいプレーをしていたし、ボールを巧く出し入れしていた。2-1にする重要なゴールも決めた。彼にとっても素晴らしい事」

 

ロドニー・スナイデル

「自分でも出来過ぎ、という意見には賛同するよ。でもユトレヒトでデビューしてすぐゴールを決められたのはもちろんファンタスティック」

「ファンのリアクションも素晴らしい気分にさせてくれた。これからサポーターの家にいって彼らと飲みたい」

スタンドで歓声をあげていた兄に

「へぇ、ちょっと信じられないね。ウェズレイは僕にはいつも批判的なんだ。すぐにあのパスが悪かったとか言い始めると思うよ」

 

ダーン・ボーフェンベルフ

フットボールを楽しめたよ。今夜はとても幸せ」

 

ハルム・ファン・フェルトホーフェン

「ご覧の通り。我々にもチャンスはあったが、悲劇的な形でチャンスを与えた。フォルメルはそのままスナイデルのゴールをアシストしてしまった。何もできなかったのは我々自身の問題」

 

Zondag 28 augustus 2011

12:30 De Graafschap - ADO Den Haag 0-3 (0-1)

45' Aleksander Radosavljevic: 0 - 1 / 83' Wesley Verhoek: 0 - 2 / 87' Mike van Duinen: 0 - 3

Rood: 77' Purrel Fränkel (2xGeel)

 

ADOはCBにスプセパ、左ウィングにエルベルス(19)がスタメン入り。

主導権を取ったのはホームのデ・フラーフスハップ。例のごとく豊富な運動量で圧力をかけ、セットプレーから数回チャンスを作る。

25分にクロスに対してデ・レーウと競り合ったアミが頭部を激しくぶつけて流血し、担架で退場。

なかなかチャンスを作れなかったADOだったが、HT直前フェルフークのクロスにラドサブジェビッチが体ごと飛び込み先制。しかし左肩をポストに激しく打ち付けて負傷交代。

 

後半攻勢に出たデ・フラーフスハップだが、なかなかゴールを奪えず、残り30分でヨハン・ヤンセン&ジョンソンを投入。しかしなかなかチャンスを作れないデ・フラーフスハップに対して、ADOがカウンターから決定機を得るがエルベルス、フェルフークが抜けだしながら決められず。

フレンケルが2枚目で退場になった終盤、フェルフーク、ファン・ダイネンがトドメのゴールを決めてADOは苦しみながら今シーズン初勝利。

 

ここまで3試合で2ゴールと得点力不足に苦しんでいたADOにとっては起爆剤になる快勝。デ・フラーフスハップはペナルティ・エリア内で強さを見せられず。

 

プレル・フレンケル

「僕はファン・シーヘムとは歴史があるんだ。ヘラクレス時代にも彼に退場にさせられた。彼に狙われているように感じるよ。最初のカードはプポンのファールにすべきだったし、2枚目は確かに僕が良くない形で接触したけれど、イエローカードは行きすぎだ」

 

14:30 Feyenoord - SC Heerenveen 2-2 (1-1)

26' Bas Dost: 0 - 1 - (Penalty) / 33' Leroy Fer: 1 - 1 / 47' Oussama Assaidi: 1 - 2 / 57' Jerson Cabral: 2 - 2

Rood: 64' Ramon Zomer (2xGeel), 80' Doke Schmidt

 

フェイエノールトは再びつま先を痛めたシセに替わってスハーケンがスタメン。ヘーレンフェーンはキャプテンのクライスワイクを外してブロイエルがスタメンに。

 

左サイド起用されたナルシンがレールダムを振り切ってエリア内に侵入、エル・アマーディが後ろから倒してPKでヘーレンフェーン先制。しかしフェイエノールトもCKからフェルのヘディングで同点に。

 

終始違いを見せていたアサイディが後半フリーにミドルシュートを決めて勝ち越し。両ウィングのポジションを入れ替えたフェイエノールトは右サイドを突破したスハーケンのクロスをファーポストを待ち構えていたカブラルがダイレクトシュートで突き刺して再び同点。

その後ゾメルが2枚目で退場になり、1pt狙いで引きこもるヘーレンフェーン相手にフェイエノールトが完全に圧倒。さらに途中出場シュミットも一発退場となり、フェイエノールトは17歳スピッツ アチャバールを投入。一方的に攻め込みチャンスを作ったが、結局突き放せず無念なドロー。

 

ロン・ヤンス

「この1ptにとても喜んでいるよ。特にいま我々は良い時期では無いからね。この勝ち点は勇気を与えてくれる。それに60分までは我々は良いフットボールをしていた」

 

14:30 FC Groningen - AZ 0-3 (0-1)

1' Nick Viergever: 0 - 1 / 79' Johann Berg Gudmundsson: 0 - 2 / 84' Rasmus Elm: 0 - 3

 

AZはマルテンスがフィットせずにベンチスタートでマヘルがスタメン。フローニンゲンはカペルホフに代わりヒアリエイがスタメン復帰。

 

開始45秒、最初のCKで何故かドフリーのフィールヘーフェルがあっさり先制。

その後はフローニンゲンが支配し、AZが度々カウンターという形が延々続く。両チーム多少のチャンスを逃しながら迎えた終盤、途中出場グドムンソンがぶっちぎってそのままミドルシュートを突き刺し決定的な2点目。さらにエルムが例のごとくFKを決め、先制点がモノを言った展開ながら終わってみればAZ快勝で3位浮上。

 

ヘルトヤン・フェルベーク

「不格好な勝利。良いフットボールはしていなかったが、メンタルが非常に強かった。規律あるプレーでフローニンゲンにほとんど危険なシーンを作らせなかった。そして我々には試合を決められる選手がいた」

 

ラスムス・エルム

フローニンゲンはとてもいいチームで、僕らの組み立てにかなりプレッシャーをかけてくるからフットボールをするのが大変だった。でも今日は僕らにまた別のクオリティがあるのを見せれた。僕らはファイトを続けたんだ。組織はしっかりしていたし、コミュニケーションも取れていた。大人な勝利だ」

 

16:30 PSV - Excelsior 6-1 (1-1)

30' Dries Mertens: 1 - 0 / 39' Mitchell te Vrede: 1 - 1 / 47' Ola Toivonen: 2 - 1 / 49' Dries Mertens: 3 - 1 / 51' Dries Mertens: 4 - 1 / 72' Jeremain Lens: 5 - 1 / 79' Ola Toivonen: 6 - 1

 

PSVはデライクがスタメン復帰。エクセルシオールはボーフェンベルフの抜けた右バックにエークマン。新キャプテンにはステーンセル。

 

ボールを取ってもカウンターonlyのエクセルシオールに対し、圧倒的に支配するPSV。なかなかテンポが上がらないものの、メルテンスがFKがデ・ライテルの意表を突いてゴール隅にそのまま決まって先制。

しかしエクセルシオールもFKからゴール前でワィナルドゥムがマークを外したテ・フレーデが同点ゴール。PSVはその後もチャンスを作るもワィナルドゥムが尽く外して折り返し。

 

後半最初のFKをトイヴォネンが頭であわせて勝ち越し。さらにレンスの突破のこぼれ球をメルテンスが決めて3-1。さらにさらにメルテンスがカウンターで左サイドからそのまま中へ切れ込んでフィニッシュとハットトリック

PSVは余裕の展開でその後も一方的に攻め続け、イブラヒムもデビューさせて大勝。

 

フレッド・ルテン

「我々は成長している。厚い1枚岩になってきた」

「スタジアムの雰囲気は素晴らしかった。前半1-1だったにも関わらずサポーターは我々を支え続けてくれた。大きな一歩だ。これが続くことを願っている」

 

ドリース・メルテンス

「チームとして良いプレーができたから僕もゴールできた。僕はリーダーではないけれど、チームのために重要な存在になりたいんだ。それができて嬉しい。どんなにゴールしても多すぎるということはないし、決められるだけ決めてカンピューンになりたいね」

 

Stand

1 FC Twente 4 (4 0 0) 12 12 2

2 Ajax 4 (3 1 0) 10 15 5

3 PSV 4 (3 0 1) 9 11 4

4 AZ 4 (3 0 1) 9 10 3

5 Feyenoord 4 (2 2 0) 8 8 3

6 Vitesse 4 (2 1 1) 7 7 5

7 RKC Waalwijk 4 (2 1 1) 7 6 4

8 NEC 4 (2 1 1) 7 6 7

9 FC Utrecht 4 (1 2 1) 5 6 5

10 Heracles Almelo 4 (1 2 1) 5 6 6

11 FC Groningen 4 (1 1 2) 4 7 9

12 ADO Den Haag 4 (1 1 2) 4 5 7

13 Roda JC Kerkrade 4 (1 0 3) 3 3 9

14 De Graafschap 4 (0 2 2) 2 4 10

15 VVV-Venlo 4 (0 2 2) 2 3 10

16 sc Heerenveen 4 (0 2 2) 2 6 14

17 NAC Breda 4 (0 1 3) 1 4 7

18 Excelsior 4 (0 1 3) 1 2 11

 

Topscorer

speler club goals pen. wed. gem.(%)

Mertens PSV 6 0 4 150

Janko FC Twente 5 2 4 125

Jacob Mulenga FC Utrecht 4 0 3 133

Sigthórsson Ajax 4 0 4 100

 

Assists

speler club assists

De Leeuw De Graafschap 3

Eriksen Ajax 3

Vejinovic Heracles 3