我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

マリオ 「解任はまだ辛い」

フェイエノールトの前監督マリオ・ベーンはsmsで自信の監督キャリアについてコメントを出した。

「解任はまだ私の心を痛めているが、人生は続く。いつかもっと上手く踏ん切りを付けられるだろう」

 

「私に対する質問がたくさん来ているが、いつか答えられたらと思う」

 

「アシスタントのレオン・フレミングスがファン・ヘールとの会話の後に連帯感を宣言したのが多くを語ってくれている。私たちは本当にチームとして仕事をしていた」

http://www.telegraaf.nl/telesport/voetbal/feyenoord/10277470/BeenVertrek_doet_nog_pijn.html

 

エールディヴィジライヴ、マリオ・ベーンを解説者に起用

ケネス・ペレス、アルノルド・ブルヒンクと3人体制。監督として良いオファーがあれば仕事を離れられる条件付きの契約。マリオはNOSのCL解説にも加わる。

 

エールディヴィジライヴが私を加えてくれて、毎週フットボールに関わり続けられるのは嬉しい。まだフェイエノールトの試合を解説したくはないが、たとえ私の解任でページが切り取られても、デ・カイプに私の顔は見せられるだろう」

http://www.telegraaf.nl/telesport/voetbal/feyenoord/10277473/EREDIVISIE_LIVE_STEMT_AF_OP_BEEN.html

 

マリオ・ベーン、クーマンをベストと認める

「そしてもちろんフェイエノールトというクラブもだ。ルク・カスタイニョスとジョルジニオ・ワィナルドゥムの移籍で我々は29ゴールを失ったが、フィットしたセク・シセが戻り、ギオン・フェルナンデスがエクセルシオールから加わって大部分はカバー出来るはず」

 

「どんなチームにも弱点はあるし、フェイエノールトは好調ならトップ3とAZの後の位置を争える」

http://www.telegraaf.nl/telesport/voetbal/feyenoord/10277472/Been_gunt_Koeman_het_beste__.html

 

 

NEC時代にも精力的に解説して人気集めてましたが、また毎週マリオの顔を見られるのは嬉しいですね