我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ドン・レオ、怒りを露わにする

2年前の夏、愛するクラブ再建のために立ち上がったドン・レドとマリオ・ベーンだが、共に志半ばにして最悪の形でクラブを去る結果に終わってしまった。「私もこれまで度々契約途中で解任されてきた。しかしいつも対話を経た、人間的なやり方だったよ。特にマリオがこういう形でクラブを去らなければならないのは恐ろしい事。」とドン・レオは自身と、親友であり息子でもあるマリオ・ベーンの解任劇について怒りを露わに語った。

 

「私がこれまでフェイエノールトで経験した中で最悪のやり方だった。ディレクターは私のテクニカル・ディレクターとしての契約を更新するつもりはないと何週間も前から分かっていた。それは良い。彼らの権利だ。しかしジェネラル・ディレクターは2ヶ月間取締役会の裏に隠れ続け、毎日毎日私が続けるかどうか知っている事を言わずに罠を仕掛けていたんだ。私は45年の長いキャリアを持ち、最後にコールシンゲルに立った人間。少なくとも普通の扱いを受ける権利があった。マリオも同じだ。彼はクラブの子も同然。フェイエノールトで行われている事は明らかに違う。ああいうやり方は決して良くない」

 

「20歳のガキたち(de Cabralletjes en Leerdammetjes)が束になって監督は去るべきだと言い、ディレクターは賛成しなかったのにマリオの解任が決まった。とんでもない話だ。マリオがどれだけ選手たちに味方してきたかは誰でも知っている。どれだけ多くの ’gassies’がデビューさせてもらったか。De Telegraaでベーンは背後からナイフで刺されたようなものという記事を読んだ。しかしそれよりも遙かに酷い。責任を放棄したディレクターには何の値打ちもない。カブラルやレールダムの方がディレクターとして相応しいだろう」

 

「18人中13人がベーンは出て行くべきだと言い、ディレクターは賛同せず、しかし受け入れた。つまり全体の責任は選手たちに委ねられたという事だ。L-A-F(卑怯)という3文字しかないね」