我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ファン・ハネヘム 「フラールのナイスアクションだった」

ヴィレム・ファン・ハネヘムはフェイエノールトのキャプテン ロン・フラールが上手く賢い行動をしたと考えている。このDFは今週監督 マリオ・ベーンへの不信感を知った後にすぐにディレクターの元へ行き、監督解任という結果に繋げた。フェイエノールトのイコンは記者会見は見なかったという。「私はネスの病院にいたんだ。あのくだらない事故の後、彼はまだ手しか動かせない。それに比べればフェイエノールトの問題など取るに足らないちっぽけなものだよ」

 

ファン・ハネヘムは昨シーズンマリオ・ベーンを批判、衝突していた。

「しかしそれは今は関係ない。先へ進まないと。ベーンがこの状況を救えなかったのは残念だ。こういう解任の仕方は痛ましい。こういう辛い解任劇がフットボールの世界では広く報じられてしまう。悲劇だよ」

 

ファン・ハネヘムはベーンに対して残念に思っているものの、彼は時が来たと見ている。

「多分これがベストの解決策だっただろう。溜まりに溜まっていたものが我慢出来なくなったんだ。選手たちはバカンスから戻って新しい雰囲気を期待していたのに、またすぐ同じ状況に陥ってしまったんだ。これでは目標も見えなくなる。マリオにとっては本当に残念な事だがね」

 

グループのリーダとしての責任を果たしたフラールはファン・ハネヘムから見て、良くやった。

「彼が自分に責任があると感じたのは、私はポジティブに捉えているよ。彼がディレクターの所へ行ったのは良かったと思う。秘密裏にやろうとはしなかった。彼はみんなの話を聞き、結論を導き出した。彼は隠れる事もできただろうが、それをせずに自分の肩に全ての責任を負ったんだ」

 

「私はこれからどうなるのかとても楽しみにしている。彼らがどんな監督を捜すのか、どんなスピードで物事が進むのかはまだ分からない。成り行きを見ようじゃないか。楽しい日ではなかったが、これがフェイエノールトというクラブにとって、ここからより良くなる日である事を願っている」

http://www.voetbalprimeur.nl/site/nieuws/171900/Van_Hanegem_Knap_van_Vlaar.html

 

 

そりゃ良くなって貰わないと困るんです・・・。

選手たちが責任感をもってプレー出来るようになるかどうか、じっと見守りましょう。