我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ワィナルドゥムの移籍についてPSVと合意

フェイエノールトPSVとの間でジョルジニオ・ワィナルドゥムの移籍について合意に達した。20歳のロッテルダマーはアイントホーフェンでメディカル・チェックを済ませており、月曜日中に3年契約にサインする見込み。

 

マルティン・ファン・ヘール

「我々はジョルジニオをフェイエノールトに留めるためにあらゆる努力をしたが、残念ながら成功できなかった。彼がデ・カイプを去るのを見るのは心が傷む。我々は彼との契約を延長するために最大限のオファーを出していたが、代理人から良い回答は受けられなかった。彼が選手として他の環境でキャリアを続ける現実的な選択をしたのだから、我々もクラブとして厳しく考えなければならない」

 

先週のメディアのインタビューではファン・ヘールはワィナルドゥムをオランダ国内のクラブに売りたくはないとコメントしていた。

「もちろん我々はジョルジニオを売るのなら国外にしたかった。それがフェイエノールトダーにとってロジカルなステップでなければならないだろう。彼には多くの国外のクラブから関心も集まっていた。しかし選手自身がまだオランダに留まることを望んだため、我々はPSVと話をした。彼の契約は来年で切れる事を考慮し、我々は満足できる金額で最終的な結論を出すことが出来た」

 

ジョルジニオ・ワィナルドゥムは2007年4月8日に16歳の若さでトップチームにデビュー。現在までフェイエノールトの歴史上史上最年少デビューとなっている。すぐに頭角を現し、この4年間フェイエノールトのセレクションの一員としてプレー。エールディヴィジ111試合23得点の数字を残した。

http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail/S1/10010000038642-999-10010000000003.aspx

 

 

PSVへの移籍としてはフリット以来のインパクトでしょうか。まぁ現実的になって借金を減らしていくしか無いですね。

 

おそらく12月のデ・カイプでのPSVはえらい雰囲気になるでしょうが、まずは誰もいなくなったトップ下をどうするか・・・。ルクとジニとスコアラー二人がいなくなり補強も望めない現状、マリオがなんとかしないとちょっと困ったことになりそう。