我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ファン・ヘール、選手たちの喉にナイフを突きつけることは望まず

マルティン・ファン・ヘールはフェイエノールトが最終オファーを出したジョルジニオ・ワィナルドゥムからの返答を待っている。リロイ・フェルも同様であり、この二人のタレントはともに2012年に契約が切れ、現在FCトゥエンテPSVを含めて様々なクラブからドアを叩かれている。「理想を言えば我々は二人とも残したいが、私は彼らに最後通牒を突きつけてはいない」とファン・ヘール。

「私は選手たちの喉にナイフを突きつけるのは好きではない。それは私のスタイルでは無い。二人がサインしてくれることを期待しているが、そうならなければ売ることもあり得る。その時はできれば国外のクラブへだ。同じリーグの相手を強くしたくはないからね」

ファン・ヘールはフェイエノールトを再びオランダのトップクラブにしなければならないが、その仕事は決して簡単なものではない。

「だがそれは前もって分かっていたこと。我々は自分たちのやりたいことは分かっているが、投資できるモノがないと難しい話。フリーの選手を獲るしかない」

セーレン・ラーセンやジョン・ファン・ベウケリングのような選手がデ・カイプに来ることはもう無いという。

「我々は100%支持できる選手しか獲るつもりはない。ギャンブルはしたくない」

契約残り1年のマリオ・ベーンはこれからもクラブのプランで重要な役割を果たす。

「私から見て監督はクラブで最も重要な人物。結果に最も直接的に影響を与えるからね。マリオは他の誰よりもフェイエノールトが最終オファーに合っていると私は思う。今シーズンも我々は全力で彼をサポートするつもりだ。その上でどういう将来がやって来るか見てみよう」

http://www.voetbalprimeur.nl/site/nieuws/170221/Van_Geel_gaat_spelers_niet_het_mes_op_de_keel_zetten.html

今シーズンも「奇跡は起こせない、現実的でなければならない」と先ずは何よりも財政再建が優勢との立場のファン・ヘール。黒字決算、負債全額返済でPO入り、できればEL出場枠・・・となれば理想でしょうか。いろいろ批判が起こって穏やかならぬ夏ですが、マリオにはプレシーズンからプレッシャーがきつめ。