我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

アドリアーンセ、トゥエンテの新監督としてエールディヴィジに復帰!

昨夏のスティーヴン・マクラーレンに続き、この夏もミシェル・プレドームを失ったFC トゥエンテだが、後任としてオランダの全てのフットボールクラブにとって『夢の候補』だったコ・アドリアーンセ(63)を迎える事に成功した事をヨープ・ムンステルマン会長が月曜午後に発表した。契約年数はまだ不明だが、2005年にAZを去って以来、ついに6年振りのオランダフットボール復帰になる。

 

「あまり話せることはないが、基本的には合意した。来週彼がトゥエンテに来て、もっとハッキリするだろう」とムンステルマン。

 

攻撃的で魅力的なフットボールを志向し、規律を重んじ、誰に対しても口を憚ることのない強烈なパーソナリティを持つアドリアーンセ。かつてエールディヴィジではヴィレムIIマルティン・ファン・ヘールとのコンビでエールディヴィジ2位へと導き、AZでも人もボールも動くトータルフットボールUEFA杯ベスト4など、ルイ・ファン・ハールによる初優勝の礎を築いた。

 

その後はポルトを始め諸外国のクラブで指揮を執る一方、エールディヴィジのクラブで監督の座が空く度に第一候補として名前が挙がったが、その度に高額なサラリーが障害となって交渉にさえ至らないケースがほとんどだった。しかし今でもオランダでは最も人気のある監督の一人であり、今回もAD.nlでのアンケートでは「トゥエンテの新監督は誰がベスト?」でR.クーマンライカールト、ファン・バステンに10%以上の差を付け、特に先週から就任が現実的な雰囲気になると支持率は50%近くに。さらに「トゥエンテはアドリアーンセで再びタイトルを射止める」でも70%近くが'ja'と答えている。

 

ムンステルマン自身も、高い評価と強い人気を誇るこの人物を監督に迎えられることを喜んでいる。

「彼はわがままな人物でもあるが、考え方は我々と一致している。我々は自分たちのユース出身の選手でチームを作り上げたい。コは多くのタレントを自分のセレクションに引き上げる監督として知られている。その事は彼が率いた全てのクラブで見せている。

コはトゥエンテに来ることを望んでいるし、我々もコが来ることを望んでいる。彼は今でも一流だし、とても野心に満ちている。まず我々の最初目標は欧州戦の本戦へ進むことだ」

 

フレッド・ルテン、マクラーレン、プレドームと結果を出した監督を尽く契約途中で失ったトゥエンテだが、ついに誰もが羨む監督を手中に。KNVB bekerを獲り、最終節までカンピューンスハップの首位にいた昨シーズンの力を考えれば、テオ・ヤンセンが去り、たとえこの後ブライアン・ルイスが抜けようともアドリアーンセのもとでカンピューンスハップの本命と見られるのは間違いなく、今シーズン最も注目を浴びるチームとなる。

 

 

Profiel Co Adriaanse

Geboren: 21 juli 1947, Amsterdam.

 

Speler: De Volewijckers (1964-1970), FC Utrecht (1970-1976).

 

Trainer: PEC Zwolle (1984-1988), FC Den Haag (1988-1992), Ajax, hoofd opleidingen (1992-1997), Willem II (1997-2000), Ajax (2000-2001), AZ (2002-2005), FC Porto (2005-2006), Metallurg Donetsk (2006-2007), Al-Sadd (2007-2008), Red Bull Salzburg (2008-2009), olympisch elftal Qatar (2010-2011).

 

Grootste successen: Champiopns League met Willem II, 1986 promotie met PEC Zwolle naar eredivisie, 1989: promotie met FC Den Haag naar eredivisie, 2006: kampioen en bekerwinnaar met Porto, 2009 kampioen met Salzburg.