我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

オランイェ、トルコ戦最終セレクション

ボンズコーチ ベルト・ファン・マルワイクは11月17日のアムステルダム・アレナで行われるトルコとの親善試合に向けて21人の最終セレクションを発表した。負傷していたマルク・ファン・ボメルとロビン・ファン・ペルシも含まれている。またプレセレクションに入っていなかったウルビー・エマヌエルソンも招集された。

負傷中のルート・ファン・ニステルローイ、エルジェロ・エリア、ヴォウト・ブラマは招集外。

Definitieve selectie van Oranje:

Doel: Maarten Stekelenburg (Ajax), Michel Vorm (FC Utrecht).

Verdediging: Khalid Boulahrouz (VfB Stuttgart), Erik Pieters (PSV), John Heitinga (Everton), Hedwiges Maduro (Valencia), Joris Mathijsen (HSV), Gregory van der Wiel (Ajax), Peter Wisgerhof (FC Twente), Urby Emanuelson (Ajax).

Middenveld: Ibrahim Afellay (PSV), Mark van Bommel (Bayern München), Stijn Schaars (AZ), Theo Janssen (FC Twente), Wesley Sneijder (Inter), Rafael van der Vaart (Tottenham), Demy de Zeeuw (Ajax).

Aanval: Klaas Jan Huntelaar (Schalke), Dirk Kuyt (Liverpool), Jeremain Lens (PSV), Robin van Persie (Arsenal).

ベルト・ファン・マルワイク

「ファン・ボメルとファン・ペルシについては考えた。彼らはフィットしたと宣言されたし、試合感を取り戻す必要がある。彼ら自身もオランイェでプレーしたがっているんだ。リスクを冒す必要は無い。二人とも45分間以上プレーすることはないだろう」

アーセナルバイエルン共に二人の招集に難色を示していたが。

「私は友達を作りにここに来ているのではない。しかし私も選手たちが問題を抱えないことを願っているし、彼らと話をした。自分たちの調子もクラブの中のことも彼らが一番よく分かっている」

「もしかしたら私は選手たちに関してのいろいろな話について考え過ぎかもしれない。しかし彼らと一緒に考えることも非常に重要なんだ。それにファン・ボメルやファン・ペルシのようなクオリティのある選手と45分でも一緒にプレーすることは他の選手にとってもとても良いこと。選手とクラブが『今回はタイミングが悪い』と言えば、私は完全に納得する」

「先週末貧血を起こしウェズレイもだいぶ良くなっている。WKの後遺症を感じているようだ。彼とも連絡を取ったが、彼もオランイェでプレーしたがっている」

今回も最終セレクションの段階で外れたヴィルフレッド・バウマについて。

「彼はある試合の後に、まだ元に戻るにはかなり時間が必要だと思ったようだ。コミュニケーション不足。私はもうヴィルフレッドは用意ができていると思ってしまった」

ナイジェル・デ・ヨングについて

「次回は彼を戻したい。彼もそれを望んでいるはず」