我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

マリオ・ベーン 「バイーアはフラールをお手本にして伸びていくはず」

日曜のローダJC戦でフェイエノールトに復帰したロン・フラールは即座にマリオ・ベーンのチームで最高の選手となった。しかしキャプテンのパフォーマンスと対照的に、コンビを組むアンドレバイーアには批判が集まっている。

「確かにローダ戦での失点シーンもアンドレは確実にカバーすべきだっただろう」とマリオ・ベーン。しかし基本的にマリオはバイーアのことを心配していないようだ。

「ファン・ハネヘムのアンドレを外すべきというコラムは読んだが、あまりに短絡的だと思う。私はアンドレの心配はしていない。あのポジションにはブルーノ・マルティンス・インディ以外ほとんど選択肢は無いしね。アンドレは昨シーズンは全く議論にならなかった。ロン・フラールと一緒に16試合無失点に抑えたことが物語っている。今シーズンはあまり一緒にやれていない。バイーアは自分でリーダーシップを取ろうするタイプじゃないんだ。ロンが戻った今、きっと彼をお手本にして伸びていくはずだ」

9月19日のデ・クラシケルでハムストリングを痛めたロン・フラールは約2ヶ月ぶりに復帰したローダ戦でキャプテンシーとクオリティを見せた。

「自分の体は誰よりも分かっている。だからこの試合に出られる用意ができていることも分かっていた。普通なら後半からでリズムをつかんで行くとこえろだけど、交渉の余地はなかった。フェイエノールトには僕が必要だったんだ」

http://www.vi.nl/Nieuws-item/189618/Been-Bahia-zal-zich-zeker-optrekken-aan-Vlaar.htm