我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

フェイエノールト-インタビュー・コラム

ファン・ブロンクホルスト、バイローを第1GKに選ぶ

ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストは木曜午後にザイストで行われたヨハン・クライフ・スハール前合同会見において、ジュスティン・バイローが新シーズンのフェイエノールトの第1GKを務めることを認めた。 「私はジュスティンを数年前から知っている。ユース…

ファン・ペルシ「このキャプテンマークは僕にとってケーキの上のお菓子」

ロビン・ファン・ペルシは今シーズン フェイエノールトのキャプテンを務めることを非常に誇りに感じているとDe Telegraafのインタビューで語った。「本当に凄いことだと思っているよ。僕は12歳でフェイエノールトに来て、今こうしてキャリアの終わりにマイン・…

クラーシ「幸せにしてくれるのはお金では無く、フットボール」

失望の国外挑戦から3年ぶりにフェイエノールトに戻ったヨルディ・クラーシ。このMFはフェイエノールトのキープレイヤーの1人となれることを願っている。「僕は次第に家に帰りたい気持ちが強くなっていたんだ」とクラーシはVIで語った。 「僕はプレーするため…

デ・ヨング「フェイエノールトは5年に1回はティートルを獲らなければいけない」

ジェネラル・ディレクター ヤン・デ・ヨングは月曜夜にNPO Radio 1のLijn en Omstrekenに出演、ディレクターとしての役割とフェイエノールトの立場について明確な説明を行った。その中でフェイエノールトの目標と成長について多く話題に。「フェイエノールトは…

ファン・ペルシ「若い選手は子供のようなもの」

ロビン・ファン・ペルシが今のフェイエノールトのセレクションに計り知れない価値があると評価しているのは監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストだけではない。ADでミコス・ハウカは様々な形でこのスピッツがロッテルダマースに貢献していることを記事に…

ファン・ヘール「クラブの子が戻りたいと言えば我々は常にオープン」

スイスのThunでのトレーニングキャンプでフェイエノールトは素晴らしい環境を味わえている。テクニカル・ディレクター マルティン・ファン・ヘールも「今のところ素晴らしいキャンプになっている。ホテルも食べ物もファンタスティック。新シーズンに向けて良い…

コクチュ、大人たちの中で印象を残すことを望む

オルクン・コクチュはプレシーズンの間 その力を示すチャンスを得たタレントたちの一人だ。17歳のMFの目はハッキリと目標を見定めている。「僕はプロ・フットボールで成功したい。このトレーニングキャンプに参加できたのは最初の小さなステップ」とコクチュ。…

ファン・ブロンクホルスト「バッテリーは充電済み」

監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストは月曜の新シーズンの最初の公式トレーニングを前にスタッフと選手たちを出迎えた。午前中の新トレーニング施設 1908での初のグループ練習の後、セレクションは午後にデ・カイプに映って2018-2019シーズンの初の公…

ファン・ヘール、夏の移籍について「シャドウリストはできている」

フェイエノールトは新シーズンへ向けて準備を始めており、テクニカル・ディレクター マルティン・ファン・ヘールもすでに仕事に戻っている。移籍に関してロッテルダム・ザイトがかなり静かなのは良いことだとファン・ヘール。 「移籍に関してオーダーはできている…

ヤン・デ・ヨング「我々が建てようとしているのはこのサイズでは最も安価なスタディオンの一つ」

VIでの広範囲に及ぶインタビューで、フェイエノールトのジェネラル・ディレクター ヤン・デ・ヨングはニュー・スタディオン建設についての最近の批判についてコメントした。「控え目に見て、プロジェクトをどう名前を付けるかのせいではある。フェイエノールト・…

ヤン・デ・ヨング「カンピューンスハップの回数をもっと増やさなければいけない」

ヤン・デ・ヨングはフェイエノールトでの最初の数ヶ月間を楽しんでいる。新しい仕事場での彼にとって最も楽しかった経験はベーカーの獲得だとHand in Handに語った。 「トップクラブでの仕事は最終的にはタイトルを勝ち獲ることが大事。組織、選手、テクニカル…

怪我と停滞のシーズン

総括16年ぶりのCLグループステージの舞台と共に、クラブ史上2回目のカンピューンスハップ連覇という大きな野望を持って臨んだシーズンだったのは事実であり、結局CLでもエールディヴィジでも期待を遙かに下回るパフォーマンスだったのは否定できない。クラブ…

ロビン・ファン・ペルシ、フットボールキャリアを継続

ロビン・ファン・ペルシはフェイエノールトでもう1シーズンだけフットボールを続けることを決めた。34歳のFWは長く将来を迷っていたが、最終的にピリオドを打つにはまだ早すぎると決断した。 決め手は楽しめていること「自身にとって『今までなぜフットボール…

バイロー 「フェルメールとジョーンスをミックスしたパーフェクトなGKになりたい」

ジュスティン・バイローは日曜の今シーズン最後のリーグ戦で再びフェイエノールトのゴールを守る。この若きGKはまだまだ毎日のトレーニングでブラッド・ジョーンスに学んでおり、そしてかつてはケネト・フェルメールにも学んでいた。 「フットボール面では僕は…

マラシア、ロッテルダム・ザイトの子供たちのお手本であることを望む

タイレル・マラシアにとって個人的にはトップシーズンだったが、この若き左バックは冷静さを保ち続けている。「賞讃を貰えるのは素晴らしいことだし、CLでデビューできたのは最高だったけど、僕は地に足を付けて浮き足立つことはないよ。思っていたよりずっと…

ベーカーヘルト エリア「コールシンゲルは『絶対』だった」

フェイエノールト・マガジンがKNVBベーカーフィナーレを前にベーカースペシャル号を発刊、その中でエルジェロ・エリアへのインタビューは欠かせなかった。このバイテンスペーラーは2016年のフィナーレでマッチウィナーとなり、最初のシーズンでのミッションを…

ヨルゲンセン「僕はもっとInzaghiのようにプレーすべきかもしれない」

ニコライ・ヨルゲンセンは今シーズンのゴール数(リーグ戦10得点)に満足していない。「もちろん自分のゴール数に満足はしていないし、もっと多くなければいけない」とこのデンマーク人スピッツはADに語った。 「今シーズン最初の数週間の僕のフォームは間違い…

AD: なぜGoldman Sachsはニュー・カイプ建設を望むのか

アメリカの投資銀行 Goldman Sachsはフェイエノールトのニュー・スタディオンに投資したいと望んでいる。この議論の的の金貸しはオランダ・フットボールで何をしようとしているのか?そしてなぜフェイエノールトに話を持ってきたのか? 80年の歴史を持つフェイ…

ヤン・デ・ヨング 「一人の監督と長期間仕事をするクラブでありたい」

ヤン・デ・ヨングはフェイエノールトで仕事を初めて100日目。Algemeen Dagbladのインタビューでディレクターとしての最初の100日間とフェイエノールトが望む方向について語った。 ヤン・デ・ヨング:「この数ヶ月間たくさん話を聞いて周りを見たからとても勉強に…

ヤン・デ・ヨング 「ニュー・スタディオンに金銭的リスクはほとんど無い」

ヤン・デ・ヨングはフェイエノールト・シティにポジティヴな立場を取っている。このジェネラル・ディレクターはニュー・スタディオンのプランでフェイエノールトに金銭的リスクはほとんど無いと説明。順調に行けばフェイエノールトは5年半後に新しい家で初めての…

ファンを寒さの中で立たせておくのが「プロフェッショナル」か

ロビン・ファン・ペルシが月曜にフェイエノールトのトレーニングに初めて参加したが、サポーターファルケノールトのメインピッチからは10数m離れたところに立ち、目をこらしながら遠くの様子を見守り、フェンス越しにズームレンズで写真を撮りながらうろつくし…

フェンテ 「僕のプレーはマカーイの影響を受けている」

ディラン・フェンテはフェイエノールトで楽しんでいる。18歳のスピッツはニコライ・ヨルゲンセンとトレーナーのロイ・マカーイから多くを学んでおり、今週はそれにロビン・ファン・ペルシも加わった。「ああいうスピッツが目の前にいるなら、もっと良い選手になる…

ロビン・ファン・ペルシ、帰還会見 「新しい世代に何かを与えていきたい」

月曜にフェイエノールトで初のトレーニングに参加したロビン・ファン・ペルシがその後デ・カイプで記者会見を行った。会見場には国外からも多くのメディアが集まり「自分が戻る事がロッテルダムでこれだけ大事になるとは予想してなかったよ」とファン・ペルシ。 …

ファン・ブロンクホルスト、追加リザーブチームを望む

フェイエノールトの第2チームは火曜もヘラクレス・アルメロ相手に敗戦(4-2). いわゆる"ゴーストチーム"('spookelftal')は、まだフットボールピラミッドに参加していない他のいくつかのプロクラブの第2チームと共に閉じたリーグでプレーしている。 クラブは過…

なぜ2018年がデ・カイプの将来にとって決定的な年となるのか

激しい議論とロッテルダム市議会の可決によって、10年間の争いの末にニュー・フェイエノールト・スタディオンに青信号が灯った。その費用:約4億ユーロ。これによる古き住まいは終わりを迎えるように思われるが、しかしデ・カイプはまだ存在し続けている。 ニュ…

ファン・ブロンクホルスト 「怪我人たちが戻ってきたのが嬉しい」

「シーズン後半戦に向けてMarbellaでベースを築いている。我々は多くの怪我人が戻って再び完璧になったし、彼らはトレーニングにも参加できているのはとても素晴らしいこと。シーズン前半戦より大きなグループになった。ただトレーニングに戻れても、リズム…

ファン・ヘール 「我々は追い続ける」

Marbellaでのトレーニングキャンプ2日目、テクニカル・ディレクター マルティン・ファン・ヘールがRTV Rijnmondのインタビューに応じた。 移籍市場について「私がテクニカル・ディレクターとして仕事を始めた時、ウィンターストップは常に大忙しだった。今回はか…

感謝するファン・ベーク 「メンタルがはるかに強くなった」

スフェン・ファン・ベークにとって2017年は2つの顔がある年だった。このCBはなかなか良くならない怪我によってカンピューンスハップをピッチサイドから見守らなければならなかったが、今シーズン途中に力強くカムバック。フェイエノールト・マガジンの年間最終…

マイン2017: ディルク・カイトと彼のフェイエノールトでの究極の物語

ケヴィン・ブロムがトニー・フィレーナの方に走る。このフェイエノールダーがルイジ・ブラインスへ不器用なファールを犯した。リーチが掛かっていたフィレーナにブロムがイエローカードを提示。このカードがディルク・カイトの物語の序章と知るものは誰もいなか…

タフすぎたCLと怪我人に苦しんだ前半戦

フェイエノールトのシーズン前半戦を終えて失望が少なくないのは否定できない事実だ。カンピューンスハップを制した昨シーズンから、夏に主力流出の穴を十分補ったと言えるだけの補強も行い、2年連続のカンピューンスハップとCLの舞台での活躍という夢を事前…