我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

エールディヴィジ-移籍・契約

2018年夏の移籍市場だいたいのまとめ

この夏の移籍市場ではKNVBの管轄下で645件(昨夏は648件)の移籍が行われ、国内移籍が268件(昨夏は249件)、国外への移籍が207件(昨夏は232件)、国内への移籍が170件(昨夏は167件)。最終日に33人の選手が移籍し、イングランドら他の国がオランダよりも早く市場…

2018年冬の移籍市場だいたいのまとめ

この冬はKNVBの管轄で133件の移籍が行われ、昨年の冬の移籍市場記録(151件)から減少も2009年の142件に続いて歴代3位。45選手がオランダから国外に移り、44選手が国外からオランダに、そして44選手が国内でクラブを替えた。全ての移籍の内でレンタルは37件。…

アドフォカート、スパルタ監督就任会見 「これが最後の仕事」

スパルタは水曜にディック・アドフォカートの監督就任の会見を行い、70歳のハーヘナールがアシスタントのコル・ポット、フレッド・フリムと共に今シーズン末までの契約にサインした経緯と展望について語った。 ディック・アドフォカート「暫定テクニカル・ディレ…

2017年夏の移籍市場だいたいのまとめ

この夏はKNVBの管轄で648件の移籍が行われ、2016年夏より65件(11%)の増加。232選手が国外に移り、167選手が国内に。249選手が国内でクラブを替えた。最終日の移籍件数は80件で昨年の52件より大きく増加。 ADO Den Haag 注目されたフルーネンダイクが無事に契…

2017年冬の移籍市場だいたいのまとめ

この冬のKNVB管理下でのオランダ・プロクラブの移籍件数は151件。昨年の93件、一作年の101件をとこの数年の減少傾向から一転、2009年の142件を抜き、昨夏の移籍市場に続いて史上最多記録に。 オランダから国外に出たのは58件、国外に出たのは60件、国内の移籍…

2016年夏の移籍市場だいたいのまとめ

この夏のKNVB管理下でのオランダ・プロクラブの移籍件数は582件。2015年の577件を抜いて史上最多記録に。それに対して内最終日は52件と、例年に比べて非常に静かな最終日に。国内での移籍数は279件、国内に来たのは133人で、国外に出たのは170人。 この夏に大…

2015年夏の移籍市場だいたいのまとめ

この夏はKNVBの管轄で577件の移籍が行われ、昨夏より44件増。国外へ138選手が去り、104選手がオランダへ。国内移籍は335件。最終日の移籍はわずか39件と、昨夏より18件減少した。これはトラディツォネール・トップ・ドリーが早々に移籍市場での仕事を終わらせ…

2014年夏の移籍市場だいたいのまとめ

WKの後で例のごとくトッププレイヤーが続々とオランダを去る夏に。KNVBの管轄下では昨夏の471件を大きく上回る計533件の移籍が行われ、その内28%の147選手がオランダを去っている。逆に国外からオランダに移ったのは108人。オランダ国内の移籍がのべ278人。…

フェルメールが禁断の移籍

移籍市場残り1日半という日曜午後、エールディヴィジ第4節の真っ直中で「フェイエノールトがケネト・フェルメールを獲得する」という衝撃のニュースが流れた。FC フローニゲン-アヤックス戦の終了直後、FC トゥエンテ-フェイエノールト戦の直前というタイミ…

ファン・ヘール、「リスクが大きすぎる」とグイデッティを諦める

ジョン・グイデッティがデ・カイプに戻る事はなくなった。未だにフェイエノールト・サポーターの中で高い人気を誇るこのスウェーデン人スピッツを、ロッテルダマースは新たな攻撃面のリーダーとしてクラブに戻せないかと長期間に渡って検討していたが、テクニカ…

夏の移籍市場だいたいのまとめ

KNVBの管轄ではこの夏 計471の移籍が行われ、昨夏の総移籍数 543、一昨年夏の509件から減少。97選手が国外へ、同じく97選手が国内に舞台を移し、オランダ国内では277件の移動で、内64件がレンタル移籍。最高額移籍はAS Romaへ移ったストロートマンの総額17mi…

エベシリオがFC トゥエンテと4年契約でサイン

FC トゥエンテがArsenalからカイル・エベシリオ(19)を獲得、4年契約でサインしたと木曜日に発表した。Onder17 EKで最優秀選手に選ばれるなどフェイエノールト・ユースでこの世代最高のタレントの一人と見られていたエベシリオは2010年にフェイエノールトのユー…

冬の移籍市場大体のまとめ

2012-2013シーズン冬の移籍市場ではKNVBの管理下で105選手が移籍。39選手が国外へ、24選手が国内に移り、42選手が国内でクラブを変えた。依然レンタル移籍が多く35選手に昇る。全体のほぼ半分に近い42の移籍が最終日に行われた。移籍数は昨年の冬に比べてご…

フェルのプレミア挑戦が消える

今週月曜にFC トゥエンテとEvertonが合意したことでリロイ・フェルの移籍は確定的と思われたが、一夜にして状況が一転、そして夕方にクラブ間で「移籍は無くなった」との結論に達した。 この約1日半でいくつかの憶測と情報が流れ、全体像は推測の域を出ていな…

フェルがEvertonへ

FC トゥエンテはフェイエノールトとのトッパーを終えた翌日、リロイ・フェルの移籍についてプレミア・リーグのEvertonと合意したと発表した。火曜日中にも移籍が正式に決まると予想される。移籍金は総額1.000万ユーロと報じられており、フェイエノールトには50…

夏の移籍市場だいたいのまとめ

2012年夏の移籍市場におけるオランダのプロ・フットボールの移籍数は昨夏より34件増えて全543件。119選手が国外へ、117選手が国内へ移り、307選手が国内で移動、68選手がレンタル。 昨夏は509選手が移籍。134選手が国外へ、103選手が国内へ移り、272選手が国…

『ビュートネル・ソープ』は誰しも予想外の夢の移籍で決着!

アレクサンダー・ビュートネルはフィテッセを去り、先日ロビン・ファン・ペルシの獲得を発表したばかりのマンチェスター・ユナイテッドに移籍することをVIに認めた。クラブ間、選手本人とも共に合意しており、月曜にメディカル・チェックを済ませて5年契約にサイ…

フィテッセ、マイク・ハーフェナールを獲得発表

水曜日、フィテッセは日本代表のスピッツ マイク・ハーフェナールを獲得したとクラブサイトで発表した。以下、同サイトから引用。 1月3日からマイク・ハーフェナールはフィテッセナールになる。火曜日に最後の障害が取り除かれ、24歳のスピッツが日本のVentfor…

ファン・デン・ブロム、フィテッセへ帰還

昨シーズンADOデンハーグを率いてエールディヴィジでクラブ史に残る快進撃を見せ、見事POを制して24年ぶりの欧州枠を勝ち取ったジョン・ファン・デン・ブロム(44)がフィテッセの新監督に就任することが決まった。フィテッセは昨シーズン チームを率いていたアル…

PSVが財政危機から一転しての大補強。メルテンス&ストロートマンに続きジニ・ワィナルドゥムも獲得へ

3シーズン連続でCL出場権を逃して2000万ユーロの負債が報じられたPSVだが、火曜日にアイントホーフェン市が約5000万ユーロの財政援助計画を可決。各スポンサー、銀行からの援助は総額8000万ユーロに昇ると見られており、裏技的手法で危機的な財政状況から一…

'Voetballer van het Jaar'テオ・ヤンセン、アヤックスへ

レギュラーシーズンが終わり夏の移籍市場で早くも動きを見せているオランダフットボール。最初の大型補強に成功したのはカンピューンチーム アヤックス。ライバルのトゥエンテから現在『エールディヴィジ最高の選手』 テオ・ヤンセンを移籍金300万ユーロで獲…

2010-2011冬の移籍市場だいたいのまとめ

例年通り静かな冬、ながら昨年よりは活気、話題に満ちていた今年の冬の移籍市場だった。 KNVBのもとで130人が移籍 特に慌ただしい最終日は昨年よりも15人多い49人が移籍した。 昨冬に移籍したのは90人のみと考えると活況をていしたと言えるが、2009年は153人…

プライム 「まったく落ち着かなかった」

ヴィルヤン・プライムはシーズン後半戦をローダJCケルクラーデでプレーすることになった。フィテッセからのレンタルではあるが、来夏に完全移籍する可能性もあり、22歳のプライムは騒然とした時間が流れているアーネムから出てリンブルフでのチャンスをつかめ…

ヤスダがフィテッセに移籍 「フィテッセの目標が気に入った」

この冬も数人の選手を補強しようとしているフィテッセはバルセロナのタレントであるFW Marti Riverola(19)のレンタル、さらに日本のガンバ・オオサカからDF ミチヒロ・ヤスダ(23)を半年契約(延長オプション付き)で獲得したと発表した。ヤスダはフィテッセの歴…

スパルタ、ストロートマンを放出し、ファン・デン・ベルフを獲得

現在ジュピラーリーグ7位のスパルタ・ロッテルダムはヨング・オランイェの一員でもあるキャプテン ケヴィン・ストロートマンの移籍についてユトレヒトとクラブ間で合意したと発表した。移籍金は明らかにされていないが、約100万ユーロと見られている。 ユトレヒ…

デ・ブール、アフェライの移籍を助ける

イブラヒム・アフェライのPSVからバルセロナへの移籍において重要な役割を果たしたのはロナルド・デ・ブールだった。オランイェの元MFはジョセプ・グアルディオラに自らすぐアフェライを獲得するようにアドバイスしたとラジオ番組Al Wakker Nederlandで語った。 …

イビ、バルセロナへ

ウィンターストップのイブラヒム・アフェライの移籍について、ついにバルセロナとPSVが合意に達した。選手本人との交渉が合意した時点でアフェライはバルセロナと4年半契約にサインすると見られる。数百万ユーロと見られる移籍金額はまだ明らかになっていない…

イビ、ついにアイントホーフェンを去る決心をする

エールディヴィジ最高のスペルマーカー イブラヒム・アフェライは来年夏に切れるPSVとの契約を更新しないとクラブに伝えた。これによりアイントホーフェンでのラストシーズンになることは確定。移籍金さえ出されればウィンターストップにもオランダを去ること…

2010年夏の移籍市場だいたいのまとめ

金融危機の影響もあり、噂が立っていたスアレス、アフェライ、ルイスらの国外への大型移籍は結局ゼロ。各クラブ共にセレクションを縮小し緊縮財政へ移る静かな夏だったが、比較的余裕のあるトゥエンテ、PSV、健全財政のヘーレンフェーンが積極的な動きを見せ…

サルシドのフラム移籍が確定的に

PSVのメキシコ人DF カルロス・サルシド(30)はイングランドのフラムでキャリアを続けることが濃厚になってきた。PSVはすでに移籍金について合意に達したと発表。ステーフェンスと衝突した2シーズン前からサルシドがアイントホーフェンを去りたがっていたことは…