Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

エールディヴィジ-ニュース

ユース選手の奪い合いについて紳士協定が7月1日から有効に

月曜の7月1日から、zes clubs間でのユース選手の奪い合いはもうしないという紳士協定が有効になる。このzes clubsはKNVBから最も高い評価を受けるvoetbalschoolを持つclubであり、現在はAjax, Feyenoord, PSV, AZ, Vitesse en FC Utrechtがそれに当たる。 当…

KNVBが2019/'20シーズンのconcept programmaと新フォーマットを発表

KNVBは金曜午後に2019-2020シーズンのconcept competitieprogrammaを発表。14時に予定されていた公開は数時間前にデータダイルが外部に漏れ、新たに日曜夜20.00開始の時間設定があることが判明して大きな騒ぎに。しかし予定から3時間以上遅れた末、KNVBはこ…

Stegeman、clubliefdeより再び自分の野望を選ぶ

1年前にHeracles Almeroの監督を退任後、clubliefdeを理由にEerste divisionistであるGo Ahead Eaglesでの仕事を選んで話題を呼んだJohn Stegeman. Nacompetitieでの劇的な敗戦で昇格を逃した翌日、契約が残るGo Aheadを去って宿敵のPEC Zwolleの監督に就任…

De Kuipが6年連続Eredivisieの最高の芝に

Eredivisieclubsのaanvoerderたちは6年連続でDe Kuipの芝をNederlandで最高のものと選んだ。De Kuipの芝はほとんどが最高点の5の評価を受け、平均 4,94という驚きのスコアを得た。Grasmeester Erwin Beltmanは数日中に選手組合 VVCSからschaalを受け取る。 V…

Eredivisie、veranderagendaを前倒しで来シーズンから実施

Eredivisie全クラブは2018年11月に号していたveranderagendaについて、月曜のミーティングでその実施を1年前倒し、2019年7月1日からにすることを決定した。 それに続いてこの規定変更を各クラブに提示、導入するためのcommissieを設立。メンバーはJan de Jon…

新Onder-21-competitieが制作中

全ての信号が青になれば、2020/21シーズンからOnder-21-competitieが新たに置かれる事になる。その目的は若いタレントたちに同年代相手により多くの抵抗を得られる機会を提供すること。これは現在のbeloftenploegenを犠牲にする可能性もある。 PEC Zwolleは…

KNVB、前代未聞の第33節丸ごと日程変更

KNVBは4月28日日曜日に予定されていたエールディヴィジ 第33節を5月15日水曜日(19.30開始)に移すことを最終決定した。今シーズン 「欧州戦に出場するチームの日程を最大限に考慮する」という方針ですでに数回 アヤックス関係の試合を移動させ、その度に議論…

ビデオ判定による誤審: プロメスのファールはなぜイエローカードに修正されたのか

この数週間VARの介入ラインに少なくない疑問が生じているエールディヴィジにおいて、先週第15節でそれを象徴する出来事があった。日曜のデ・クールでのVVV-フローニゲンで41分にリツ・ドーアンに対してイェロルド・プロメスが強烈なタックル。プロメスはかなり…

エールディヴィジ、大改革は今回も起きず

木曜のエールディヴィジCVは育成の保護、試合条件の統一、プロ・フットボールの経済的価値の向上、リーグの設計変更、TV放映権料のより均一化という大きな議題が複合的プランとして議論されたが、結局16クラブ案や人工芝撤廃など最大のトピックでの改革は今回…

試合後に取り消されたグスタフソンへのレッドカード: 主審とVARのコミュニケーション問題

長い準備期間を経て遂にエールディヴィジに導入されたVAR制度。最初の2ヶ月間で小さなミスはあるものの概ね大きな問題は無く運営されていたと言えるが、第7節で遂にレッドカードがKNVB検察によって誤審として取り消されるという事態が起きた。 10月30日に行…

ブランツとコクーが去りPSVの1つのサイクルが終焉

ランズカンピューン PSVにとってこのバカンス期間は望んでいたものでは無かっただろう。テクニカル・ディレクター マルセル・ブランツがプレミア・リーグのEvertonに去ったのに続き、監督 フィリップ・コクーもトルコのFenerbahçeに去ることが今日の会見で正式に…

エールディヴィジCV、改革案を再び先送り

この数日間行われていたエールディヴィジCVの総会の結果、リーグ改革案は採決さえ行われずに先送りと、3年連続でほとんど何の成果も得られずに終わった。 1年前の16クラブ案否決(http://mijnfeyenoord.hateblo.jp/entry/2017/05/18/140200)を受け、昨年11月…

エールディヴィジ、VARを導入

月曜夜に行われたAVBVでBVO’sは満場一致で来シーズンのエールディヴィジにビデオ審判を導入することを決定した。これによりオランダのプロ・フットボールのトップレベル全試合でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が用いられることになる。 KNVBジェネラル・…

ティ、フットボールよりも命を助けることを選ぶ

VVVのドイツ人スピッツ レナート・ティは今週末のPSV戦を欠場ことが決まった。その理由は「一人の命を助けるため」だとVVV. Werder Bremenのユースにいた7年前、ティは将来血液癌患者を助けるためにDNAデータを医療データバンクに登録。26歳になった今年、1人…

VVCS: エールディヴィジのキャプテン12人が人工芝撤退を求める声明

「人工芝がオランダ・フットボールのプレー・クオリティと発展を妨げている」。オランダのプロ・フットボール選手の利益を守るための組織 VVCSはエールディヴィジのキャプテン12人の声を支持し、KNVBに対してエールディヴィジの試合を全て天然芝で行うことを求…

エールディヴィジ新フォーマット案は否決!

エールディヴィジCVがリーグ戦の形式を改良するために2016年以来長らく話し合いを続けてきたが、水曜日の全体ミーティングで最終的に否決、現在のフォーマットを継続させることに決まった。ミーティングではリーグの新フォーマット以外に人工芝問題とTV放映…

トゥエンテ・ソープ決着。抗議委員会が土壇場でトゥエンテ残留を認め、スーパーブーレンがまさかの降格へ!

ライセンス委員会のFC トゥエンテのジュピラー・リーグ降格処分への抗議を受けて行われていた抗議委員会は金曜日に結審。トゥエンテに追加で181.000ユーロの罰金処分を科し、2016-2017シーズンもエールディヴィジ残留を認める決定を下した。これにより入れ替…

KNVB、トゥエンテに『掟破り』のジュピラー・リーグ降格処分を求刑。入れ替え戦もピッチ上で決着つかず

今シーズンもPOフィナーレを残すのみとなったオランダ・フットボール界に水曜午後に激震。近年のFC トゥエンテの経営の失敗とDoyen文書流出を切っ掛けに明らかになった違法取引について、ライセンス委員会が遅れに遅れてようやく出した結論は、ルールに存在し…

前半戦事件簿 [020、トゥエンテ、ADO]

020: ビロード革命終焉 今シーズンもいつもどおりメディアを賑わわせたアヤックスのお家騒動だが、いつもと違ったのは間接的ではあるが『クライフの敗北』という画期的な結果に終わったことだろう。2010年にデニー・ブリントらがルイ・ファン・ハールのジェネラ…

ムンステルマン、今シーズンでトゥエンテを去る

ヨープ・ムンステルマンがFC トゥエンテを去る事が決まった。FC トゥエンテの会長は火曜のニューイヤー・レセプションで今シーズンを最後に退き、会長職を現副会長 アルド・ファン・デル・ラーンに譲り渡すと発表した。「緊張感に溢れた20年間を過ごして私は本当…

KNVBの新ピラミッド・システムが導入決定

12月2日のオランダ・フットボールの定例ミーティングにおいて、KNVBは2016/2017シーズンから導入を計画していたフットボール・ピラミッドの新システムにプロ・フットボールとアマチュア・フットボールの双方から合意が得られたと発表した。投票結果はKNVBの提案…

パンケーキ、監督キャリアを終える

マルコ・ファン・バステンは今後アシスタントとしてAZで仕事を続けることになった。ファン・バステンの要求を受け入れる形で決まったとAZが発表。 ファン・バステン:「近年監督の仕事がフィジカル的にもメンタル的にも辛くなっているのを感じていた。だから自分…

KNVB、ハーフェナールに4試合出場停止処分を求刑、フィテッセは受け入れず抗議

先週土曜に行われたエールディヴィジ第16節 PSV-フィテッセ(2-6)のトッパーで前半途中にマイク・ハーフェナールがスタイン・スタールスに対して行った『殺人キック』(AD.nl)はこの数日オランダで最も大きな話題の一つだった。試合を裁いていたバス・ナイハイス…

エールディヴィジは何を失ったのか?

サポーターはますますエールディヴィジに足を向けなくなっている。 今シーズン15節を終え、昨シーズンからの16クラブが合計で毎週平均56.000人の空席を生んでいる。昨シーズンのリーグ戦現段階での空席はまだ50.000席だった。特に厳しいのがフィテッセの空席…

AZがフェルベークを解任!

日曜の昼、エールディヴィジ第8節のヘルダールセ・ダービーを待っていたオランダ・フットボール界に衝撃のニュースが走った。先日土曜にコップローパー PSVに完勝していたAZが監督 ヘルトヤン・フェルベークの解任を発表。クラブサイトで「選手グループと監督と…

ペーター・ボスがフィテッセの監督に就任

フィテッセは木曜日にペーター・ボスの監督就任会見を行い、2年契約でサインした。この18年間で18回監督が替わっているフィテッセはヨルダニア到来以降も全く落ち着きを見せることなく、好成績を残したファン・デン・ブロム、フレッド・ルテンもフロントとの衝突…

KNVB、来シーズンのゴールライン・テクノロジー試行を決定

KNVBはベーカー・フィナーレ、プレー・オフ、ヨハン・クライフ・スハールなど来シーズンの重要な国内試合でゴールライン・テクノロジーをテストすると決定、火曜の記者会見で発表した。 試されるのはホーク・アイ・システムで、ボールがゴールラインを割ったかどう…

ルテンがフィテッセの監督を辞任

フィテッセはまたも1年で監督を替えることになった。金曜にフレッド・ルテンが契約を更新しないとオーナー メラブ・ヨルダニアとテクニカル・ディレクター テッド・ファン・レーウヴェンに通達。シーズン中からクラブ内での多くの衝突が報じられていたために予想…

PSVがコクーの監督就任を発表、4年契約でサイン

100周年に向けてディック・アドフォカートとマルク・ファン・ボメルを迎え、万全の体制で臨みながらまたしてもランズティートルを逃す失望の2位でシーズンを終えたPSV。ファン・ボメルは日曜の最終節後に引退を発表し、アドフォカートもすでにクラブを去る事を明…

テオ・ボスが47歳で死去

すい臓ガンで闘病中だったテオ・ボスが木曜深夜未明に47歳の若さで亡くなった。フィテッセのイコンであるミスター・フィテッセは約1年前にすい臓ガンが判明、その後率いていたFCドルトレヒトの監督の職を辞し、闘病生活を送っていた。12月にはまだメディアのイ…