我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

インタビュー・コラム

クラシックな9番の不在とよりダイナックなフットボール

「彼は相手の守備陣を悩ませ、フェノメナールなプレーだった。本当に楽しめたよ」と元スピッツ ピエール・ファン・ホーイドンクはStudio Voetbalで3-0勝利に終わったドイツ戦でのメンフィス・デパイについてリリックな賛辞を送った。 現状から考えればPSVでは巧…

ケムケルス「ユース・フットボールはチームスポーツではない」

ユース・フットボールはチームスポーツではなく、個人スポーツ。今年10月までFC フローニゲンでパフォーマンス・マネージャーを務めているヘラルト・ケムケルスは木曜にDe Volkskrantでそう主張した。オランダ・フットボールがどうすれば谷から抜け出ることがで…

ビデオ・アシスタント・レフェリー制度の現在地:全てはフットボールを変えないために

ベンチの前のマルコ・ファン・バステンが第4審判に向かって「CKの準備が整うまでに済むからビデオを見てくれ!」と叫んでから10年。KNVBがビデオ審判制度の実現を真剣に考え始めて7年。IFABによって遂にルール導入が認められ、マルコ・ファン・バステンの願いは…

マイン2017:フォッペ・デ・ハーン、黄金のフットボール女子に楽しむことを学ぶ

「私はフォッペ。君らは私のことは知っている。私は40年間トップアマチュア・フットボールとヘーレンフェーンで監督をしていた。CLにも出たし、ヨング・オランイェのボンズコーチとして2回欧州カンピューンになった。だから私には経験も、フットボールについて…

ヒバラ 「オランダ・フットボールはかなり保守的だ」

NECの監督としてのペーター・ヒバラの最初の8ヵ月は注目を浴びずにはおかれない形で過ぎた。ピッチサイドでのハイパーアクティヴなコーチング、非オランダ的な長時間のトレーニング・セッション、目立つ言動で彼はエールディヴィジに貴重なカラーを与えている…

ヴィム・ヤンセン 「KNVBはフットボール界の裾野をくすぐっているだけ」

KNVBはprestatie innovatie manager (PIM)を置こうとしているが、少なくともオランダが70年代にヴェレルトカンピューンになりかけ、88年に欧州カンピューンになり、2010年と2014年にはWKのフィナーレとハルフェ・フィナーレに進んだ時はPIMはいなかった。ヤン…

ヴィム・ヤンセン、 ‘Winnaars van Morgen’プランを批判 「ストリート・フットボールでタレントは成長しない」

ヴィム・ヤンセンは ‘Winnaars van Morgen’プランによってKNVBが間違った方向に舵を切ったと考えている。KNVBはこのプランによってオランダ・フットボールを再びトップに戻そうと望んでいるが、2回のWKフィナーレ出場、70年代のトータルフットボールを担い、…

ファン・ハーレン 「まだ25歳だし、まだまだこれからだ」

かつてリッキー・ファン・ハーレンがファルケノールトのピッチ上を羽ばたくと、ヴィム・ヤンセンは満足した目でそれを見つめ、その口からは最高の賛辞が聞けたものだった。いまやそのリッキーは25歳になったが、彼のロッテルダマースのトップチームので出場時間…

ファン・ハネヘム 「ペッレの成功は全てフェイエノールトとクーマンのおかげだ」

我々はペッレについていつも何と言っていた?非常に攻撃的なチームのペナルティエリアでしか使えない選手だ。しかしイタリアでのプレーはもう決してそうではない。それどころか彼は素晴らしい活躍だ。ボールをキープし、タイミング良くフリーになるセンスが…

'ペプ'・テン・ハフ 「トレーニング量が少ないほど成果が出るなんて馬鹿げてる!」

エリック・テン・ハフは世界最大のクラブの一つであるBayern Münchenで2年間を過ごした。しかし46歳のトゥッカースは昨夏にFC ユトレヒト行を選択。9ヶ月経って彼の指導の下、ユトレヒトは現在5位、デ・カイプでのベーカーフィナーレにも進んでいる。 2年でオラ…

アドリアーンセ 「フェルハイエンの影響がオランダ・フットボールに致命傷を与えている」

公式にはまだフットボール監督として引退していないものの、隠居生活を楽しんでいるコ・アドリアーンセ(67)。現在のオランダ・フットボールの危機について彼に広く、オープンな目を向けてもらった。 「我々に欠けているのはすでに拓かれた道を外れてリスクを冒…

クローン 「フットボール選手の99.9%はトレーニング不足」

オランダ・フットボールの問題点の一つであるフィジカル不足について、筋力トレーニングの専門家 ハンス・クローンは依然として筋力トレーニングをほとんどしないプロ・フットボール選手が多すぎるのが理解できないと警鐘を鳴らした。「99.9%はトレーニング不足…

ヨル、ホーランセ・スホールについて語る

マルティン・ヨルがフットボール界に戻ってきた。ピッチにではなく、ADOデン・ハーグの役員として。彼はこの数週間KNVBの訪問を受け、オランダ・フットボールの将来について話をしたという。ヨルはホーランセ・スホールも守備も『我々はもうできていない』と語っ…

クーマン 「父の大きな願いだった」

ロナルドとエルヴィンのクーマン兄弟はイングランドのクラブ Southamptonで総監督とアシスタントとして仕事を始める。エルヴィン・クーマンによれば、兄弟が一緒に仕事をするのは2013年12月に75歳で亡くなった父親 マルティン・クーマンの大きな願いだったとい…

NUsport: 「オランダ最高のタレントはアダム・マヘル」

NUsportがロナルド・デ・ブール、リーメル・ファン・デル・フェルデ、ケネト・ペレス、アード・デ・モス、セフ・フェルホーセン、ヤン・ファン・ハルスト、ピエール・ファン・ホーイドンク、アルフォンス・フルーネンダイク、アルノルド・ブルヒンク、ヤン・ボスカンプ、ヘン…

ケスラー 「ヨルをボンズコーチにせずに済んだことを本当に喜んでいる」

KNVBのディレクター職を退いて半年、未だオランダのフットボール界に強い発言力を持つヘンク・ケスラー。このトゥッカーはVIのインタビューにおいて前アヤックス監督 マルティン・ヨルを強く非難した。 「この10年間というもの、私はマルティン・ヨルをオランダ…

ヨハン・クライフ 「危険が潜んでいる」

少なくともユニークな偉業だ。世界中に3回フィナーレを戦って3回敗れたと言える国はない。笑われることもあるだろうが、しかし3回フィナーレまで進んだのだ、。それゆえにオランダ代表と、ボンスコーチの ベルト・ファン・マルワイクと彼のチームの扱いには大…

ルイス・スアレスというキャラクター

WK準々決勝ガーナ戦で手を使って失点を防いだウルグアイのルイス・スアレス。普段エールディヴィジで嫌と言うほど彼のキャラクターを知っているオランダのフットボールファンの中でも、彼のこの行為に対する反応は様々だ。「アンチフットボール」、「反スポー…